ほったらかしはダメ!「リバランス」で投資効率を最大化する方法

老後2000万円問題やコロナショックで投資を始めた人は、そろそろリバランスについて気になる頃じゃないでしょうか?

  • ほったらかし投資じゃダメ!?
  • リバランスを1年ごとにした方が投資パフォーマンスが良くなるって聞いたけど、“リバランス”って具体的にどうやればいいの?
  • 簡単にリバランスの計算ができる方法は?

こんなお悩みにお答えします。

一言でリバランスと言っても、実際にやるとなると「あれ?どうやればいいの?」ってなりますよね。

  • リバランスしなきゃダメ?
  • バイ&ホールドじゃダメなの?
  • どうやってリバランスすればいいの?
  • かんたんに手間なくリバランスしたい
  • リバランス計算用のGoogleスプレッドシートをダウンロードしたい

という方が多いのではないでしょうか。

この記事では、バイ&ホールドが指針であってもリバランスの必要性や、リバランスのタイミング、リバランスのやり方について解説します。

ぬくぬく
ぬくぬく

我らが日本国の年金を運用してくれているGPIFGovernment Pension Investment Fund:年金積立金管理運用独立行政法人)でも毎月月末にリバランスして70兆円ものリターンを得ていますよ。

本記事でわかること
  • リバランスとは?
  • リバランスって本当に必要なの?
  • リバランスのタイミング
  • リバランスのやり方
  • リバランスを自動計算するgoogleスプレッドシートダウンロード
  • リバランスのポイント6点
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする

本記事で、リバランスを知ることができて、Googleスプレッドシートでリバランスすべき資産と金額が分かりますので、ご一読いただけますと幸いです。

スポンサーリンク
  1. リバランスとは?
  2. リバランスは、より投資のパフォーマンスを上げたいなら必要!
    1. ①リバランスした方が、リターンが高く、 リスクが減る
    2. ②我らが年金を運用しているGPIFはリバランスして70兆円儲けてる!
  3. リバランスのやり方は「売却+買い増し」か「買い増しのみ」の2択!
    1. 方法①:「売却」と「買い増し」でリバランスする
    2. 方法②:「買い増しのみ」でリバランスする
  4. リバランスのタイミングは「一定期間」か「率」かのどちらか
    1. タイミング①:ある一定の期間を迎えたときにリバランスする
    2. タイミング②:乖離率が決めた率を超えたときにリバランスする
  5. googleスプレッドシートとmyINDEXによるリバランス【ダウンロードあり】
    1. リバランス計算シート(Googleスプレッドシート)をダウンロード
    2. リバランス計算シートに「現在の評価額」「目標とする割合」を入力
    3. 目標となる割合が決まっていない場合「myINDEX」で目標割合を決めよう
    4. リバランスは4パターンに対応
  6. リバランスのポイント6つ
    1. ポイント①:リバランスで綺麗な割合を求めない!
    2. ポイント②:リバランスは評価額で行う
    3. ポイント③:つみたてNISA・一般NISAじゃないと、売却するリバランスには税金がかかる
    4. ポイント④:買い増しでリバランス(ノーセルリバランス)しよう!
    5. ポイント⑤:つみたてNISAの人は追加投資でリバランスすべし
    6. ポイント⑥:積立投資しているなら、最初の1~2年はリバランスする必要はない!
  7. リバランスをかんたんにやる方法とタイミング【スプレッドシート有り】 まとめ

リバランスとは?

リバランスとは?

実際に投資を始めると株や債券、リートなどの各資産のパフォーマンスが異なると実感できますよね。

リバランスとは、投資して得られた現況の資産の配分を、「定期的」または「定率的」に自分で当初に決めた「リスク」と「リターン」に合わせたの資産配分に戻すことを「リバランス」と言います。

リバランスは、より投資のパフォーマンスを上げたいなら必要!

リバランスをかんたんにやる方法とタイミング

リバランスは、投資パフォーマンスを上げたいなら、絶対にやるべきです。

理由2点です。

  1. リバランスした方が、リターン(年率) が高く、 リスク(年率)が減る
  2. 我らが年金を運用しているGPIFもリバランスして70兆円儲けてる!

①リバランスした方が、リターンが高く、 リスクが減る

バイ&ホールドが一番良いと聞きますよね。

ぬくぬく
ぬくぬく

「リバランスって本当に必要なの?」

そう思っていた時期が私にもありました。

では例えば、次の条件で15年間運用した場合のリスクリターンと想定しましょう。

ポートフォリオ条件
  • 国際株式:40%
  • 国際債券:40%
  • 国際REIT:10%
  • コモディティ:10%

比較
  • 「定期」「定率」でリバランスした場合
  • リバランスしていない場合

リバランス有無によるリターン(年率) と リスク(年率)の比較

次の表はリバランスしたか、しないかによってリターンとリスクがどうなったかの表です。

リバランス有無によるリターン(年率) と リスク(年率)
クリックすると画像を拡大できます

青枠リバランスあり赤枠リバランスなしです。一目瞭然ですね。

リバランス無し
  • リバランスしないと、リスクが高いのにリターンは低いです。

リバランスあり
  • リバランスすると、リスクを下げられて、リターンもリバランスなしよりも高いです。

このリスクとリターンは「1995年10月末から2010年10月末」で算出した結果ですので、

  1. 1997年のアジア通貨危機
  2. 2000年のITバブル崩壊
  3. 2001年のアメリカ同時多発テロ
  4. 2007年の世界金融危機
  5. 2008年のリーマンショック

の5つの暴落を経験し、リーマンショックが戻り切っていない状態でのリスクとリターンになります。

リバランスせずとも一定のリターンはあるけど、リバランスした方が高いリターンを得られる

リバランス無しでも、一定のリターンは得られます。

しかし、リバランスした方が、圧倒的にリスクが減り、リターンも増えています

リバランスしない手は無いことがわかりますよね。

ぬくぬく
ぬくぬく

正直、私も「面倒なのでリバランス無しでいいや」と思っていましたが、このグラフを見て考えを改めました。

②我らが年金を運用しているGPIFはリバランスして70兆円儲けてる!

我らが年金運用を行っているGPIF毎月月末にリバランスを行って、2001年から2020時点において70兆円の収益を生み出しています。

その莫大な収益を生み出しているGPIFのポートフォリオがこちら。

リバランスをかんたんにやる方法とタイミング
(出典)年金積立金管理運用独立行政法人「2020年度第1四半期運用状況(速報)」より
資産種類基本ポートフォリオ2020年6月末割合備考
国内債券25%(±7%)26.33%国内債券+外国債券=50%(±11%)
外国債券25%(±6%)21.81%国内債券+外国債券=50%(±11%)
国内株式25%(±8%)24.37%国内株式+外国株式=50%(±11%)
外国株式25%(±7%)27.49%国内株式+外国株式=50%(±11%)
GPIFの基本ポートフォリオ カッコ内は許容範囲を示します。

絶対に減らせない!というプレッシャーの中、このポートフォリオの運用とリバランスで、年率2.97%のリターンを生み出しています。

真似しない手は無いですよね。

では実際にリバランスのやり方はどうしたら良いのでしょうか?

リバランスのやり方は「売却+買い増し」か「買い増しのみ」の2択!

リバランスのやり方は「売却+買い増し」か「買い増しのみ」の2択!

では実際にどのようにリバランスをしたら良いのでしょうか。

方法は2つです。

  1. 売却買い増しの両方を行う
  2. 買い増しのみ行う

ではかんたんに解説します。

方法①:「売却」と「買い増し」でリバランスする

「売却」と「買い増し」でリバランスする場合、

  • 評価額が目標ポートフォリオの割合を超えた資産を売却
  • 評価額が目標ポートフォリオの割合に足りない資産を買い増し

します。

最初に見て頂いたリバランス前後の例を参考にしましょう。

リバランスとは?

リバランス前

資産現在の評価額
国内株25000円
外国株35000円
国内債券13000円
外国債券27000円

リバランス内容

資産売却+買増金額
国内株0円
外国株10000円(売却)
国内債券12000円(買増)
外国債券2000円(売却)

リバランス後

資産リバランス後
国内株25000円
外国株25000円
国内債券25000円
外国債券25000円

真ん中の表「リバランス内容」のとおり、

  • 外国株
  • 外国株債券

売却し、

  • 国内債券

買い増しすれば目標となるポートフォリオの割合にできます。

方法②:「買い増しのみ」でリバランスする

「買い増し」でリバランスする場合、

  • 評価額が目標ポートフォリオの割合に足りない資産を「買い増し」

します。

最初に見て頂いたリバランス前後の例を参考にしましょう。

リバランスとは?

リバランス前

資産現在の評価額
国内株25000円
外国株35000円
国内債券13000円
外国債券27000円

リバランス内容

資産売却+買増金額
国内株10000円
外国株0円
国内債券22000円(買増)
外国債券8000円

リバランス後

資産リバランス後
国内株35000円
外国株35000円
国内債券35000円
外国債券35000円

真ん中の表「リバランス内容」のとおり、最も評価額が高い外国株に合わせて

  • 「国内株」
  • 「国内債券」
  • 「外国債券」

買い増しすれば目標となるポートフォリオの割合にできます。

リバランスのタイミングは「一定期間」か「率」かのどちらか

リバランス有無によるリターン(年率) と リスク(年率)
クリックすると画像を拡大できます

リバランスのタイミングはいつにしたら良いのでしょうか?

リバランスのタイミングは2つ基準があります。

  1. ある一定の期間を迎えたときにリバランスする
  2. 乖離率が決めた率を超えたときにリバランスする

タイミング①:ある一定の期間を迎えたときにリバランスする

リバランスのタイミングは?

リバランスのタイミング1つ目

  • ある一定の期間、「1か月」「6か月」「1年」「3年」「5年」を迎えたときに、リバランスする方法

参考までに

  • 国際株式:40%
  • 国際債券:40%
  • 国際REIT:10%
  • コモディティ:10%

のポートフォリオで15年間投資した場合のリバランス有無によるリスクとリターンは下表のとおりです。

リバランスなし1ヵ月6ヵ月1年3年5年
リターン(年率)4.95%5.33%5.71%5.43%5.27%5.45%
リスク(年率)13.43%12.72%12.66%12.62%12.34%12.45%
シャープレシオ0.370.420.450.430.430.44
(出典)モーニングスター「分散投資におけるリバランスの効果」より

「1年ごとにリバランスしよう!」と言われている根拠がこの表になりますね。

「6か月ごと」にリバランスするのがシャープレシオ(投資効率)が良いようです。

タイミング②:乖離率が決めた率を超えたときにリバランスする

リバランスのタイミングは?

リバランス方法2つ目

  • 「現在のポートフォリオの割合」と「目標とするポートフォリオの割合」の差が「5%」「10%」「15%」になったときにリバランスする方法

「現在のポートフォリオの割合」と「目標とするポートフォリオの割合」の乖離率

先ほどのリスク・リターンのグラフを数値化したものがこちらです。

リバランスなし5%10%
リターン(年率)4.95%5.58%5.77%
リスク(年率)13.43%12.76%12.63%
シャープレシオ0.370.440.46

リターンを見れば、10%の差が発生したときにリバランスを行うのがリスクリターンのバランスが良く、シャープレシオが最も高いですね。

さて、リバランスの前提がわかったところで、実際にGoogleスプレッドシートを使ってリバランスしてみましょう。

googleスプレッドシートとmyINDEXによるリバランス【ダウンロードあり】

では実際に私が作ったリバランス計算シートをもとに、リバランスしてみましょう。

リバランス計算シート(Googleスプレッドシート)をダウンロード

下記ボタンから「リバランス計算シート」をダウンロードします。

ダウンロード

※ご覧いただけない場合、コメントや「お問い合わせ」でご一報いただけますと幸いです。

リバランス計算シートに「現在の評価額」「目標とする割合」を入力

googleスプレッドシートとmyINDEXによるリバランス【ダウンロードあり】
クリックすると画像を拡大できます。
  • 「現状」>「評価額」に現在の評価額を入力します。
リバランスをかんたんにやる方法とタイミング
参考:楽天証券の「保有商品一覧」
  • 「目標」>「割合」に投資当初に決めた(または今後)目標とする資産割合を入力します。
リバランスをかんたんにやる方法とタイミング
参考:myINDEXの「資産配分ツール」の画面

目標となる割合が決まっていない場合「myINDEX」で目標割合を決めよう

myINDEXでは、ポートフォリオを作成したり、作成したポートフォリオのリスクやリターンを確認できます。

これまでの暴落実績と照らし合わせてパフォーマンスを確認できるので、

「私が考えた最強のポートフォリオ」

をあなたも作ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに私のポートフォリオはこんな感じ。

リバランスをかんたんにやる方法とタイミング
リバランスをかんたんにやる方法とタイミング

リバランスは4パターンに対応

リバランス計算シート」は次の4パターンに対応しています。

  • リバランス方法①:「売却」+「買い増し
  • リバランス方法②:「買い増しのみ(最大益に合わせる)」
  • リバランス方法③:「買い増しのみ(中央値に合わせる)」
  • リバランス方法④:「買い増し誤差10%シグナル分だけ)」

リバランス方法①:「売却」+「買い増し」

googleスプレッドシートとmyINDEXによるリバランス【ダウンロードあり】

「目標」に入力した割合で、「売却」「買い増し」を自動計算します。

つみたてNISA・NISAの非課税口座を利用している場合、売却してしまうと非課税枠を消費しますので、この方法は止めた方がいいです。

リバランス方法②:「買い増しのみ(最大益に合わせる)」

googleスプレッドシートとmyINDEXによるリバランス【ダウンロードあり】

最も収益が出ている資産に合わせて買い増し額を算出しています。

綺麗に資産割合を決めたい人は「調整額」に表示された金額分を買付すれば、目標の割合で買付できます。

ただし、この方法だと現状と目標の資産割合が離れていれば離れているほど、買付額が増えます。

最初の頃は数万、数十万で済みます。

しかし、5年後・10年後リバランスするときには、何百万の買い増し(追加買付)が必要になります

最初から厳密な資産割合を期待するのはあきらめましょう

リバランス方法③:「買い増しのみ(中央値に合わせる)」

googleスプレッドシートとmyINDEXによるリバランス【ダウンロードあり】

リバランスすべき金額の中から中央値を算出して、その中央値で買い増し金額を算出しています。

リバランス方法②だと非現実的な金額になりがちですので、「大体目標割合に合わせたい」方はコチラの方法で買い増し(追加買付)を行いましょう。

こちらも最終的に、10年後、20年後となると想像以上の金額になります。

その際は、年末年始でリバランスした方がパフォーマンスが良い傾向にあるようなので、冬のボーナスでリバランスするのがいいかもしれません。

リバランス方法④:「買い増し(誤差10%シグナル分だけ)」

googleスプレッドシートとmyINDEXによるリバランス【ダウンロードあり】

「現状の割合」「目標とする割合」差が±10%を超えた場合「誤差10%シグナル」が赤くなりますので、その分を買付します。

これまで紹介してきた方法でリバランスが非現実的な場合、この「誤差10%シグナル」を見て、赤くなった資産だけ買い増し(追加買付)しても良いでしょう。

リバランスのポイント6つ

リバランスするうえでのポイント6つあります。

  1. リバランスで綺麗な割合を求めない
  2. リバランスは評価額で行う
  3. つみたてNISA一般NISAじゃないと、売却するリバランスには税金がかかる
  4. 追加投資でリバランス(ノーセルリバランス)しよう!
  5. つみたてNISAの人は追加投資でリバランスすべし
  6. 積立投資しているなら、最初の1~2年はリバランスする必要はない

ポイント①:リバランスで綺麗な割合を求めない!

本Googleスプレッドシートは、綺麗にリバランスしたいと思って作っていましたが、5年後、10年後、20年後を想定すると、多額のリバランス費用が必要になります。

最終的には、リバランス方法①か、つみたてNISA・一般NISAの商品を売却すると古い年度の非課税口座枠から売却されることを勘案してリバランス方法④になります。

投資始めたばかりであれば問題ないですが、「リバランス費用捻出が苦しい」となった場合は、綺麗な資産割合にするのはあきらめておきましょう

ぬくぬく
ぬくぬく

僕はキリのいい割合にしたキレイなポートフォリオにしたいと思っていましたが、際限なく時間が奪われます。

考える時間を他に回すことに決めました。

ポイント②:リバランスは評価額で行う

評価額が下がっているものは平均取得単価を下げるチャンスです。

逆に評価額が上がっているものは利食い(利益確定)のチャンスです。

そのバランスを調整(リバランス)することで、当初決めた(または今後想定する)投資割合のリスクとリターンに合わせて、自分が許容できるリスクに備えていきましょう

ぬくぬく
ぬくぬく

他に効率よくリバランスできる方法があればぜひ教えて欲しいです。

ポイント③:つみたてNISA・一般NISAじゃないと、売却するリバランスには税金がかかる

資産を売却してリバランスする際、売却益は20%の税金がかかります。

本シートでも、リバランス方法①の「売却(赤色)」から20%差し引かれた額が手取りとなります。(税金考慮はしていません)

非課税口座(つみたてNISA・一般NISA)であれば売却益に税金がかかりません。

非課税枠を使い切れない場合であれば、非課税口座(つみたてNISA・一般NISA)でリバランスしましょう。

ぬくぬく
ぬくぬく

投資信託なら、今はノーロード(買付手数料無料)で優秀な商品が多いので、その点でも買い増しによるリバランスは有利ですね。

ポイント④:買い増しでリバランス(ノーセルリバランス)しよう!

非課税口座(NISA)で非課税枠を使い切る予定の人は、売却を前提としたリバランスを行なわないようにして、非課税枠を無駄にしないようにしましょう。

バイ&ホールドが指針の人は、余剰資金の範囲内で追加投資することでリバランスしましょう。

ぬくぬく
ぬくぬく

私は、老後資金にするため、非課税枠を無駄にしたくないので、売却せず、買い増しでリバランスしていきますよー。

ポイント⑤:つみたてNISAの人は追加投資でリバランスすべし

つみたてNISAで売却しても、非課税枠は戻ってきません。

また、バランス型ファンドを除いて、株式にしか投資できないので、つみたてNISA枠内でのリバランスはできません。

つみたてNISAでは、積立設定と特定口座やiDeCoと組み合わせてリバランスするしかありません。

ぬくぬく
ぬくぬく

つみたてNISAでも投資商品が増えていくか、2024から始まる新NISAに統合されていくとぬくぬくは予測しています。

いずれつみたてNISA内でもリバランスできる制度改正があるかもしれませんね。

ポイント⑥:積立投資しているなら、最初の1~2年はリバランスする必要はない!

最初の1~2年は金額が少ないので、積立買付している分だけで、リバランスされています。

したがって、最初の1~2年はリバランスする必要がありません

暴落したときに、本記事にある「リバランス計算シート」に「暴落前の評価額」を入力して「誤差10%シグナル」が点灯したら買い増しする程度です。

しかし、5年、10年と長期間になっていくと、徐々にずれていくので、ご自分の入金力に合った買い増しを実施していきましょう。

ぬくぬく
ぬくぬく

本記事にある「リバランス計算シート」に、10年後を想定した投資金額を各アセットに入力してみましょう。

リバランスするのに必要な金額が算出されて驚きますよ!

リバランスをかんたんにやる方法とタイミング【スプレッドシート有り】 まとめ

いかがでしたでしょうか?

かんたんに「リバランス」についてまとめていきます。

リバランスとは現況の資産の配分を「定期的」または「定率的」に自分で当初に決めた「リスク」と「リターン」に合わせたの資産配分に戻すこと

リバランス有無によるリターン(年率) と リスク(年率)
クリックすると画像を拡大できます

より投資パフォーマンスを上げたいなら

リバランス方法
  • 方法1:「売却」と「買い増し」でリバランスする
  • 方法2:「買い増しのみ」でリバランスする

リバランスのタイミングは様々ですが

タイミング例
  • 「1年に1回、ポートフォリオで5%差が出たら買い増しする」
  • 「暴落時には10%差が出た毎に、投資用の余剰資金の5分の1を買い増しする」

などの「自分ルール」で、リバランスをしましょう。

実際にリバランスする際は本記事にある「リバランス計算シート」と「myINDEX」をご活用いただけますと幸いです。

リバランスするにあたって、積立投資しているなら、最初の1~2年はリバランスする必要はない状態でしょう。

もし5年後・10年後にリバランスが必要となったとき、

  • つみたてNISA/一般NISAの場合、「売却しても非課税枠は戻らない
  • つみたてNISA/一般NISAでない場合、「売却すると、売却益には税金がかかる

点にご注意ください。素直に「買い増しでリバランス(ノーセルリバランス)」しましょう

以上、ご参考になれば幸いです。

「つみたてNISAか一般NISA(新NISA)でお悩み」なら、あわせて読みたい


\ さっそくSBI証券を口座開設してみる /
SBI証券
ぬくぬくも開設済みでおススメ!

\ SBIネオモバイル証券を口座開設してみる /
SBIネオモバイル証券 口座開設

\ 楽天カードを作ってみる /
ぬくぬくも作成済みでおススメ!
\ 三井住友カードを作ってみる /
ぬくぬくも作成済みでおススメ!

資産運用
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
ぬくぬくをフォローする
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました