法定相続情報証明制度で「法定相続情報一覧図の写し」を取得する5ステップ

法定相続情報証明制度で「法定相続情報一覧図の写し」を取得する方法

相続手続きで、相続人の戸籍謄本・改製原戸籍・戸籍抄本…etc

たくさんの資料を持ち歩いて手続きが必要になります。

この法定相続情報証明制度という、戸籍関連の資料をたった1枚にまとめてくれる制度があります。

是非活用していきましょう。

スポンサーリンク

法定相続情報証明制度で取得できる「法定相続情報一覧図の写し」とは?

そもそも法定相続情報証明制度とは?

簡単に言うと、被相続人と相続人の戸籍を、無料で一枚の「法定相続情報一覧図」という書類にまとめてくれる制度です。

法定相続情報証明制度を利用すると次のような「法定相続情報一覧図の写し」という書類を無料で取得できます。

<法定相続情報一覧図の写しのサンプル>

法定相続情報一覧図の写しのサンプル

法務局の「法定相続情報証明制度」についてはこちら

法定相続情報証明制度を利用して取得した「法定相続情報一覧図の写し」って何に使うの?

相続手続きにおいて

  • 被相続人の銀行口座の払い戻し
  • 生命保険の死亡金受け取り
  • 相続登記

などの手続きで、「戸籍謄本」「改製原戸籍」「除籍謄本」や「住民票」の代わりに「法定相続情報一覧図の写し」を利用できます。

もちろん従来通り、被相続人と相続人の戸籍で相続に関係する手続きは可能です。(本制度利用は必須ではありません)

ただし、次のケースに該当する場合、法定相続情報証明制度を利用して「法定相続情報一覧図の写し」を取得するべきです。

法定相続情報証明制度を利用して「法定相続情報一覧図の写し」を取得すべき人

次のパターンに該当する人は法定相続情報証明制度を利用すべきです。

  • 被相続人が銀行口座を複数持っている
  • 生命保険に複数加入している
  • 相続登記を行う

法定相続情報証明制度を利用するメリット

よく語られているメリットは

  1. 1通300円~700円する戸籍謄本や住民票などの書類を、1枚の「法定相続情報一覧図の写し」にまとめられるため、戸籍除籍謄本の束を相続手続き窓口ごとに準備しなくてよい
  2. 法定相続情報一覧図の写しは申請する際に枚数を何枚でも無料で申請できる
  3. 法定相続情報一覧図の写しは、金融機関、年金などの公的機関、相続登記などの手続きで「戸籍謄本」「改製原戸籍」「除籍謄本」や「住民票」の代わりに利用できる

という点ですが、

私がよりメリットを感じた部分はこの1点で、この1点だけでも利用すべき価値があります。

亡くなった方(被相続人)の出生から死亡までの戸籍に不足が無いかを、法務局が確認してくれる!

特に、司法書士費用の数十万円以上を浮かせるために、相続登記を自分で行う場合は事実上必須でしょう。

【ご参考】私の祖父の場合

私の場合、ずっと栃木に住んでいて亡くなった祖父が、実は山形に戸籍が残っていました。

これは今まで聞いたことがなく、母もその事実は知りませんでした。

どうやら祖父は、生まれてから7歳まで、住んでいました。

もしこの事実を知らず、各金融機関や、法務局へ相続登記申請する際、毎回指摘を受けて、山形の戸籍が複数必要になったと思うと寒気がします。

法定相続情報証明制度で「法定相続情報一覧図の写し」を取得する5ステップ

法定相続情報証明制度で「法定相続情報一覧図の写し」を取得する5ステップ
  • Step1
    必要書類の収集

    次の書類を準備します。

    取得が必要な書類一覧
    1. ”被”相続人の戸籍・除籍謄本
    2. ”被”相続人住民票除票
    3. 相続人全員戸籍謄本または抄本
    4. 申出人(相続人表者)の氏名・住所がわかる公的書類
    5. 相続人全員住民票記載事項証明書(住民票の写し)

    (詳細は後述の「法定相続情報証明制度の申請に必要な書類一覧」で記載)

  • Step2
    法定相続情報一覧図と委任状の作成
    1. 法定相続情報一覧図
    2. 委任状(代理人が申請する場合)

    を作成します。

    法務局ホームページに書式と記載例が掲載されていますので、そのとおり作成します。

    法定相続情報一覧図と委任状の書式と記載例のダウンロード

    法務局からダウンロードしたファイルは次のようなファイルです。

    <法定相続情報一覧図>

    法定相続情報一覧図

    法務局ホームページ
    主な法定相続情報一覧図の様式及び記載例
    から取得
    します。

    続柄は「子」と書かない。「長女/二女」「長男/二男」と書くこと!

    <委任状>

    法定相続情報一覧図の委任状

    委任による代理人によって
    申出をする場合
    の委任状の例
    様式(WORD
    記載例(WORD

    ※相続人以外が法定相続情報証明制度を申請する場合に作成します。

  • Step3
    申出書の記入

    申出書(法定相続情報一覧図の保管及び交付の申出書)は法務局ホームページに書式と記入例が掲載されていますので、そのとおり作成します。

    申出書の書式と記入例をダウンロード

    <法定相続情報一覧図の保管及び交付の申出書>

    法定相続情報一覧図の保管および交付の申出書

    法務局ホームページ
    >「STEP3 申出書の記入,登記所へ申出
    から
    申出書様式(WORD形式) (Word形式 : 24KB)
    申出書の記入例 (PDF形式 : 262KB)
    を取得

    「必要な写しの通数」で何部でも指定できます。私は呼びも含めて10部で申請しました。

  • Step4
    登記所へ申出

    後述する「法定相続情報証明制度の申請に必要な書類一覧」を郵送して手続きできます(普通郵便でOK)。お近くの法務局へ送付してください。

    郵送で申請し、郵送で法定相続情報一覧図の写しを受け取る方法

    提出書類一式に加えて「返信用封筒(自宅住所記入)」に「切手」を貼って同封します。

    宛先は法務局のホームページ「管轄のご案内」でお近くの法務局へ送付します。

    私は、レターパックライト(青)に、提出書類一式とレターパックライト(青)を半分に折ったものを同封して申請しました。

    宛先は「〇〇地方法務局 〇〇支局 法定相続情報証明制度 ご担当者様」宛に送付しました。

    内容に不備があれば数日後に法務局のご担当者様より電話連絡があります。

    私の場合、送付して2営業日後に、法務局から連絡があり、先にお伝えしたように、山形の戸籍が足りない!と指摘がありました。

  • Step5
    「法定相続情報一覧図の写し」と「提出した戸籍謄本などの書類原本」を受け取る

    内容に抜けがなければ、1週間後くらいには「法定相続情報一覧図」が郵送されてきます。

    合わせて、提出した戸籍や住民票などの書類原本も返却されます。

法定相続情報証明制度の申請に必要な書類一覧

法定相続情報証明制度申請に必要な書類は次のとおりです。

法定相続情報証明制度申請に必要な公的書類

No書類名取得先注意事項
1【必須】
”被”相続人
除籍・改製原 謄本
 (平成6年までの戸籍)
戸籍謄本・除籍謄本
 (平成6年以降の戸籍)
被相続人の本籍地
市区町村役場
出生から死亡までの連続した
戸籍謄本および除籍謄本
2【必須】
”被”相続人住民票除票
被相続人の
最後の住所地
市区町村役場
全部事項証明書を取得
3【必須】
相続人全員戸籍謄本
または抄本
各相続人の本籍地の
市区町村役場
全部事項証明書を取得
4【必須】
申出人(相続人代表者)の
氏名・住所がわかる公的書類
<公的書類例>
・マイナンバーカードを表面
・運転免許証コピー
・住民票記載事項証明書
(住民票の写し)
5【相続登記時推奨】
相続人全員
住民票記載事項証明書
(住民票の写し)
各相続人の住所地の
市区町村役場
法定相続情報一覧図の写しに
相続人の住所を記載する場合
に必要
6委任状法務局ホームページ
委任状の様式・記載例
より取得。
様式(WORD
記載例(WORD
代理人が申請を行う場合必須
7申出人と代理人が親族関係
であると証明できる戸籍謄本
代理人が申請を行う場合必須

また、自作する書類があります。

法定相続情報証明制度申請で、自作する書類一覧

No書類名書式取得方法
1法定相続一覧図法務局ホームページ
主な法定相続情報一覧図の様式及び記載例
から取得
2委任状委任による代理人によって
申出をする場合
の委任状の例
様式(WORD
記載例(WORD
3申出書
(法定相続情報一覧図の保管
及び交付の申出書)
法務局ホームページ
STEP3 申出書の記入,登記所へ申出
から
申出書様式(WORD形式) (Word形式 : 24KB)
申出書の記入例 (PDF形式 : 262KB)
を取得

ご参考:よくある質問

出生から死亡までの戸籍で改製原戸籍って必要?

戸籍は次の図のように読み方が変わり、平成6年以前に出生している場合、必要になります。
市区町村窓口では、戸籍を取得する際に「出生から死亡までの戸籍が欲しい」とお伝えすれば伝わります。

出生から死亡までの戸籍
  • 結婚して誰かの籍に入れば、出生から結婚届提出日まで入っていた親戸籍からは「除籍」されるので、親筆頭の戸籍(除籍謄本)を取得します。
  • 平成6年より以前の戸籍は「改製原戸籍」です。
  • 平成6年以降の戸籍は「戸籍謄本」です。
  • 提出した死亡届が反映されると戸籍謄本(死亡日記載)に反映されます。

遠方の戸籍の取得方法

具体的な取得方法は、下記内容を該当自治体に郵送しました。

  • 自治体ホームページの戸籍申請書式をダウンロード
  • 申請書に必要事項記入
  • 戸籍取得代金分の定額小為替(ゆうちょ銀行で買えます)を購入
  • 欲しい(抜けていた)戸籍の部分を指定したメモ(★)
  • ★・・・改製原戸籍に●年~●年の誰々の戸籍が欲しい、と記載したメモ

私の祖父の場合、山形に戸籍があったため、その取得方法については該当の市区町村の市民課へ電話連絡し、

  • 戸籍の有無(本当にありました)
  • 戸籍を取得する方法

を確認しましたので、これは絶対に確認してください。事前に自治体のHPでチェックしておくこともおすすめします。

足りなくなった!再交付を受けたい!

法定相続情報一覧図の写しの保管期間は5年です。

それまでであれば
再交付申出書様式(WORD形式) (Word形式 : 21KB)
の書類で、申し立てした法務局へ再申請可能です。
記入例はこちら

法定相続情報一覧図の写しの再交付

再交付申請に必要な書類は「再交付申出⼈の⽒名・住所を確認することができる公的書類」です。

相続登記の義務化

日経新聞「土地の相続登記を義務化 所有者不明問題で法改正へ」の記事にもあるとおり、相続登記が義務化されます。

この制度の活用幅は間違いなく広がっていくでしょう。

そうなると、法定相続情報証明制度を利用して取得した「法定相続情報一覧図の写し」これだけで登記できるほど簡略化されるでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

「法定相続情報一覧図の写し」の取得をすすめる理由は次のとおりです。

  • 無料で何枚ももらえる
  • 各金融機関手続きや、相続登記に使える
  • これ1枚で、戸籍謄本、改製原戸籍、住民票除票、住民票の省略ができる!

効率的、金銭的にも抑えたいのであれば、申請することをおすすめします。

法定相続情報証明制度のりようを加味した相続手続きに必要な書類の部数について確認したい場合は 【相続】相続手続きに必要な書類 何をどのくらい準備すれば? をご覧ください。

自分で相続登記を行うための方法は自分で相続登記手続きを行う方法のまとめにまとめていますのでご覧ください。

他の「相続」に関わる手続きについての記事は次のとおりです。

遺留分」や「法定相続分」でお悩みなら

相続登記を自分で、オンラインで申請を完遂したい!という人におススメの記事は次のとおりです。

準確定申告相続税については次の記事がおススメです!


\ 「いい相続」で無料相談してみる /
相続に困ったときの「いい相続」の特徴
ぬくぬくも無料で相談しました!

\ 相続税・準確定申告を相談してみる /
税理士ドットコム

相続
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
ぬくぬくをフォローする
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました