一次相続、二次相続、相次相続、再転相続、数次相続、代襲相続の違いを図解!

一次相続、二次相続、相次相続、再転相続、数次相続、代襲相続の違いを図解!

あなたが現在、行っている相続は

「一次相続ですか?それとも数次相続ですか?」

こう聞かれて答えられますでしょうか?

  • 今わたしが調べている相続はどういうタイプの相続なの?
  • 一次・二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違いは?

こんなお悩みにお答えします。

相続にも似たようなパターンがあって、違いが分かりにくいですよね。

  • 相続の種類について知りたい
  • 「一次・二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違いを知りたい

という方が多いのではないでしょうか。

この記事では一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違いを解説します。

ぬくぬく
ぬくぬく

ぬくぬくも知らずに相続手続きしていましたが、「相次相続」については相続税の控除を受けられる「相次相続控除」があります。

本記事でわかること
  • 相続の種類
  • 「一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違い
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする

7分くらいで、各相続がどう違うのか確認ができるので、ご一読いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

「一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違い

相続には次の6種類あります。

  1. 一次相続
  2. 二次相続
  3. 相次相続
  4. 再転相続
  5. 数次相続
  6. 代襲相続

それぞれの違いを図解していきます。

①「一次相続」は片親の相続

「一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違い

一次相続

  • 両親のどちらかが亡くなった場合の相続のこと。
  • 基本的に「配偶者」と「子」が相続人になります。

一次相続」は両親健在だったけれど、そのうち片方の親が他界した場合の相続のことです。

一方、もし親が離婚していた場合はどうなるのでしょうか?

「一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違い

一次相続(離婚あり)

  • もし、離婚していたとしても、「子」が相続人なります。
  • 「配偶者」は相続人になりません

②「二次相続」は、両親のうち、残った親の相続

「一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違い

二次相続

  • 一次相続後に残された配偶者も亡くなった場合の相続のこと。

二次相続」は、既に片方の親が他界しており、残った親が亡くなって発生した相続のことです。

離婚していても、一次相続のときと同様、「子」が相続人になります。

「一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違い

二次相続(離婚あり)

もし、離婚していたとしても、「子」が相続人なります。

③「相次相続(そうじそうぞく)」は、一次相続から10年以内に発生した相続

「一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違い

相次相続
(そうじそうぞく)

「相次相続(そうじそうぞく)」は、以下の条件を満たす相続のこと。

相次相続となる条件
  • 一次相続の手続きが完了している
  • 一次相続発生から二次相続発生まで10年以内

相次相続(そうじそうぞく)」とは、10年の間に身内が相次いで発生する相続のことです。

一次相続の「遺産分割協議」や「相続税の申告」、「相続登記」が完了していて、

一次相続発生 から 二次相続発生 まで の期間が10年以内の相続です。

一次相続の遺産分割協議や相続税の申告・納税が終わっていなければ後述する「数次相続」に該当します。

相次相続の場合、「相次相続控除」を受けられる可能性があります。

④「再転相続」は相続を「単純承認」「相続放棄」「限定承認」するか決定していない二次相続

「一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違い

再転相続
(さいてんそうぞく)

「再転相続」は、以下の条件を満たす相続のこと。

再転相続となる条件
  • 一次相続の手続きが終わっていない
  • 相続の方針は「単純承認(何もせず3か月経過)」「相続放棄」「限定承認」いずれかに決まっていない
  • 新たな相続が発生する

再転相続(さいてんそうぞく)は、相続をするかしないかが決まる前に発生した相続のこと。

相続では次の3パターンから相続するか否かを選択することになります。

  1. 3か月経過すると「単純承認」され、資産も負債も相続することになります。
  2. 負債が多額の場合、「相続放棄」して負債を相続しなくて済みます。
  3. 資産と負債どちらが多いかが分からないときは、負債から資産を差し引いて、プラスになった資産だけ相続する「限定承認」

この相続の方針が決まっていない間に二次相続が発生すると「再転相続」となります。

一次相続から3か月すると単純承認したことになるので、実質3か月以内に発生した二次相続が「再転相続」と呼べます。

当然、遺産分割協議や相続登記、相続税の申告も終わっていない状態です。

⑤「数次相続(すうじそうぞく)」は、一次相続が終わる前に発生した二次相続

「一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違い

数次相続
(すうじそうぞく)

「数次相続」は、以下の条件を満たす相続のこと。

数次相続となる条件
  • 一次相続の手続きが終わっていない
  • 相続の方針は「単純承認(何もせず3か月経過)」「相続放棄」「限定承認」いずれかに決定している
  • 新たな相続が発生する

数次相続(すうじそうぞく)」は、遺産分割協議を行っている間、新たな相続が立て続けに発生することをいいます。

  • 遺産分割協議が終わっていない
  • 相続税の申告・納税が終わっていない
  • 相続登記(不動産登記)が終わっていない

うちに、新たな相続が発生すると「数次相続」となります。

遺産分割協議や相続税の申告・納税が終わっており、一次相続から10年以内の相続なら「相次相続」になり、11年以上なら通常の「二次相続」となります。

⑥「代襲相続」は、相続人となるべき人が既に他界し、子や孫が代わりに相続

「一次相続」「二次相続」「相次相続」「再転相続」「数次相続」「代襲相続」の違い

代襲相続
(だいしゅうそうぞく)

  • 相続人になるはずの人が、他界して相続人になれない場合、「子」や「孫」が代わりに相続する

代襲相続(だいしゅうそうぞく)」は、被相続人より先に相続人が亡くなっており子(被相続人の孫)などが相続することです。

代襲相続」と数次相続相次相続との違いは「相続人が存命か否か」で、代襲相続は相続人が既に他界している場合になります。

各相続の「相続税控除・軽減制度」と「期限」

一次相続・二次相続において、

  • 相続放棄は3か月以内
  • 準確定申告は4か月以内
  • 相続税の申告は10か月以内

  • 相続税の基礎控除額は3000万円×(600万円×法定相続人数)
  • 死亡保険金・死亡退職金は500万円×(法定相続人数)
  • 配偶者控除は1.6憶円

というのは分かると思いますが、相次相続や数次相続、代襲相続も同じなのでしょうか?

結論は「異なります」。

各相続の「相続税控除・軽減制度」と「期限」を一覧にしたのがコチラです。

各相続の「相続税控除・軽減制度」と「期限」一覧

一次相続、二次相続、再転相続、数次相続、相次相続、代襲相続の違い一覧表
⇧クリックすると画像を拡大できます⇧

各相続によって、「相続放棄・限定承認の申請期限」「準確定申告・納税の期限」「相続税の申告・納税の期限」が異なるのが分かると思います。

ぬくぬく
ぬくぬく

「再転相続」「数次相続」「相次相続」になると、さすがに私でも自分でこれらの相続手続きができとは思えません。

素直に専門家へ相談することをおススメします。

5分で分かる!相次相続控除の金額を計算する方法!【実例で図解】
10年以内に立て続けに相続が発生すると「相次相続控除(そうじそうぞくこうじょ)」で、相続税の控除が受けられる可能性があります。相次相続控除額の計算方法を適用できるパターンと出来ないパターンで、計算方法を図解しています。

「再転相続」「数次相続」「相次相続」なら専門家へ相談を!

知り合いに誰か相続に明るい人がいれば良いですが、なかなかいないですよね。

私も身内が亡くなったとき、誰に相談していいか全くわかりませんでした。

そこで、私のように誰に相談していいかわからない!という人におススメしたいのが「いい相続」です。

相続に困ったときの「いい相続」の特徴

相続に困ったときの「いい相続」の特徴
相続に困ったときの「いい相続」の特徴
  1. 無料相談予約ができる
  2. あなたの相続に必要な専門家「行政書士」「司法書士」「税理士」などを紹介してもらえる
  3. 専門家との面談は初回1時間無料
  4. コロナ禍での今でこそ嬉しい「オンライン面談」にも対応

まず、無料相談予約ができます。

どういった相続を行うかによって、

  • 戸籍などの必要書類の収集や、遺産分割協議書等の作成が必要な場合には行政書士
  • 不動産の相続登記があるなら「司法書士
  • 相続税準確定申告であれば「税理士

などをご紹介いただいたうえで、専門家が初回無料で相談に乗ってくれます

もし、正式に手続きを依頼したいとなれば、そこで初めて費用が発生します。

ぬくぬく
ぬくぬく

ちなみに私は初回無料で、登記申請書の確認をしてもらい、
自分で相続登記をオンライン申請したため、費用はかけていません。

コロナ禍に嬉しい!オンライン面談(テレビ電話面談)に対応!

「いい相続」では、コロナ禍で3密に厳しい昨今に嬉しい、オンライン面談(テレビ電話面談)に対応しています。

  • 「忙しくて出向いて行けない!」
  • 「最近リモートワークに慣れたので、Web会議でも支障を感じない」

という方にもオンライン面談できるのは嬉しいですね。

相談前に知っておこう!相続手続きの費用の相場

相続手続きの費用の相場は概ね次のとおりです。
ただし、ご承知のとおり、財産によって費用が変わります。

手続き種類相場
銀行の預貯金
証券会社の有価証券
自動車(名義変更や廃車)
2万~10万円/1件につき
不動産登記6万~15万円/1件につき
相続税申告
準確定申告
20万~30万円/1件につき
平均60万~80万円

相談前に知っておこう!相続手続きをお願いするそれぞれの専門家の業務分掌

 行政書士、司法書士、税理士、弁護士など、相続に関係する専門家はたくさんいますが、それぞれ手続きできる資格も持つ士業者が異なります。

依頼したい相続手続き相談先
戸籍などの必要書類の収集
遺産分割協議書等の作成
行政書士
不動産も含めて相続手続きを依頼したい場合司法書士
遺産分割協議の折衝
②家庭裁判所への相続放棄申請
③家庭裁判所への遺言書の検認申請手続き
を依頼したい場合
弁護士
相続税の申告
準確定申告
など、税に係る手続きを依頼したい場合
※公認会計士には税に係る手続きはできませんが、
 税理士資格を持っていることが多い
税理士
公認会計士

それでは相談の事前に知識がついたところで、実際に相談してみましょう!

相続の相談をしてみよう!【相談の5ステップ】

「いい相続」で相続の相談をするときの流れは次のとおりです。

「いい相続」への相談の5ステップ
  • ステップ1
    いい相続」へアクセス

  • ステップ2
    無料相談の予約
    電話の場合

    0120-932-150」へ連絡

    平日9:00~18:00、土日祝9:00~17:00

    Web予約の場合

    「無料相談」のお問い合わせ へアクセスして予約

  • ステップ3
    後日「いい相続」のスタッフと電話で相続内容をヒアリング
  • ステップ4
    メールで相続専門家とのオンライン面談日程調整と面談実施方法の案内受信


     

  • ステップ5
    メールで案内のあったURLへアクセスして面談(1時間)

相談への心構え

初回無料面談時間が「1時間」ですので、

相続に関して何もわからない場合「相続手続きしなければならないけど何したらいいの?」と相談して「状況把握」しましょう。

ご自分で相続手続きしたい人は、事前に市区町村や法務局へ提出する書類を準備しておいて、「これで申請通りますでしょうか?」と確認する場にしましょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

\ 早速「いい相続」へ無料相談予約してみる /

相続に困ったときの「いい相続」の特徴

コメント

タイトルとURLをコピーしました