これだけ見ればいい!マイナンバーカードで電子申請するキホンの”き”

マイナンバーカードで電子申請するキホンの”き”
  • マイナンバーカードで電子申請とかなんだかよくわからない
  • スマートフォンで電子申請できるらしいけど怖い
  • マイナンバーカード作ったときにパスワードいっぱい作ったけど、どれ使えばいいの?

マイナンバーカードで電子申請なんてできない と思っていませんか?

これだけ見れば、マイナンバーカードを使って電子申請なんて簡単!

キホンを理解しちゃえばどんな申請も楽々

それでは解説していきましょう!

スポンサーリンク

マイナンバーカードの証明書とパスワード(暗証番号)とは?

マイナンバーカードの電子申請は、証明書パスワード(暗証番号)をわかっているだけで簡単に申請できます。

マイナンバーカードの電子申請で使うのが次の4つのパスワード(暗証番号)です。

  1. 署名用電子証明書のパスワード
  2. 利用者証明書用電子証明書のパスワード
  3. 住民基本台帳用のパスワード
  4. 券面事項入力補助用のパスワード

マイナンバーカード作成時に、次のような紙に
この4つのパスワード(暗証番号)を記入したと思います。
ずいぶんと頭を悩ませた方も多いのではないでしょうか。

マイナンバーカード暗証番号記載票

電子申請サービスによって
暗証番号」や「パスワード」など
表現が異なりますが、同じものを指します。

ここでは以後「パスワード」で統一していきます。

証明書とパスワードがどういうものなのかは次のとおりです。

マイナンバーカードの「署名用電子証明書」とは?

マイナンバーカードの「署名用電子証明書」

署名用電子証明書は、簡単に言うと

この書類は自分がサインしましたよ!と証明するもの

です。

市区町村役場で申請書を提出するときなどには最後に
同意書欄などがあって、そこに「署名」しますよね?

マイナンバーカードを読み込ませて、電子署名用パスワードを入力すると、
申請書や添付したファイルに対して「電子的な署名」ができるのです。

署名をするためにはマイナンバーカード作成したときの
4つのパスワードのなかで「署名用電子証明書パスワード」を利用します。

マイナンバーカードの「署名用電子証明書」は暗証番号記載票のどの部分?
手書きの署名を電子化したもの!

ポイントをまとめると表のとおりで、
署名用電子証明書パスワードを使う判別キーワードを赤文字
にしています。

署名用電子証明書パスワード6~16桁の英数字(大文字のみ)
用途申請書などの添付ファイルに「電子的な署名を行う
具体事例e-Tax添付書類への署名
不動産登記(申請用総合ソフト)時の添付書類への署名
給付金申請添付書類への署名
ぴったりサービスで児童手当申請時の添付書類への署名
など
ロック1日5回間違えるとロックがかかる
※市区町村窓口で解除手続きが必要

署名するときに「署名」または「6~16桁の英数字(大文字のみ)」の説明文があればこの「署名用電子証明書パスワード」を利用します。

マイナンバーカードの「利用者証明書用電子証明書」とは?

マイナンバーカードの「利用者証明用電子証明書」

利用者証明書用電子証明書は、簡単に言うと

「利用者本人ですよ」と証明するもの

です。

どんなWebサービスでもログイン画面がありますよね?
楽天カードのログイン画面を見てみましょう。

マイナンバーカードの「利用者証明書用電子証明書」のたとえ

利用者証明書用電子証明書」はユーザーIDのようなものです。

もちろんユーザーIDだけではログインできません。
パスワードが必要になります。

ログイン、利用者本人ですよ、と証明するためにはマイナンバーカード作成したときの
4つのパスワードのなかで「利用者証明用電子証明書パスワード」を利用します。

マイナンバーカードの「利用者証明用電子証明書」は暗証番号記載票のどの部分?

ポイントをまとめると表のとおりで、
利用者証明用電子証明書パスワードを使う判別キーワードを赤文字
にしています。

利用者証明用電子証明書パスワード4桁の数字
用途各種サービスのログイン本人承認
具体事例・マイナポータルログイン
・確定申告書等作成コーナー
 (マイナンバーカード方式)ログイン
・e-Taxへのログイン
ロック1日3回間違えるとロックがかかる

公的申請サービスへ「ログイン」するときや申請書を「送信」するときに
利用者証明用電子証明書パスワード」を利用します。

マイナンバーカードの「券面事項入力補助用暗証番号」とは?

マイナンバーカードの「券面事項入力補助用暗証番号」

券面事項入力補助用暗証番号は、簡単に言うと

「マイナンバーカード内に記録されている個人番号・氏名・住所・生年月日・性別を自動転記するためのパスワード」

です。

公的申請書で、氏名・住所・生年月日・性別は必ず記入しますよね?

マイナンバーカードのICチップにも「氏名・住所・生年月日・性別」の
情報が記録されています。

マイナンバーカードのICチップに記録されている「氏名・住所・生年月日・性別」
読み取って、電子申請の画面に自動的に転記させるのに利用するのが

券面事項入力補助用パスワード

です。

電子申請の画面に転記するためにはマイナンバーカード作成したときの
4つのパスワードのなかで「券面事項入力補助用パスワード」を利用します。

マイナンバーカードの「券面事項入力補助用」は暗証番号記載票のどの部分?

ポイントをまとめると表のとおりで、
券面事項入力補助用パスワードを使う判別キーワードを赤文字
にしています。

券面事項入力補助用パスワード4桁の数字
用途マイナンバーカード内に記録されている
①マイナンバー
②氏名
③住所
④生年月日
⑤性別
を自動転記する
具体事例ぴったりサービスの申請書作成

申請書の情報を入力し始めたときに「券面事項入力補助」とでたら
この「券面事項入力補助用パスワード」を入力します。

マイナンバーカードの「住民基本台帳用暗証番号」とは?

マイナンバーカードの「住民基本台帳用暗証番号」は暗証番号記載票のどの部分?

これは電子申請で使う機会はありません。

マイナンバーカードのICチップに入っている
「住所」や「氏名」など、住民基本台帳に関わる手続きで
利用するからです。

今後、マイナンバーカードで引っ越しワンストップサービスの
サービス範囲が拡大すれば利用する機会も増えると思います。

簡単にまとめた表です。

住民基本台帳用パスワード4桁の数字
用途住民基本台帳(住所や氏名など、住民記録)
に関する手続きを行うときに
具体事例・転入、転出、転居手続き

利用する証明書とパスワードがわかったとこで、

早速マイナンバーカードで電子申請するための準備をしていきましょう!

電子申請に必要なアプリをインストール!

iPhone、Android、パソコンどれでもお好みの方法でアプリをインストールしましょう。

対応スマートフォン

JPKI公的個人認証サービスの
マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧(PDFファイル)
から確認するか

次の「マイナンバーカードで利用できる/今後できるようになること まとめ」から確認できます。この記事ではマイナンバーカードできる色々なことをまとめています。

パソコン(Windows)の場合

J-LIS公的個人認証サービスから
利用者クライアントソフト(Windows)
をダウンロード

パソコン(Mac)の場合

J-LIS公的個人認証サービスから
利用者クライアントソフト(Mac)
をダウンロード

マイナンバーカードで電子申請しよう!

マイナンバーカードで電子申請しようとしても、
二の足を踏むのが「電子証明書」だと思います。

ここでは実際に次の3つの電子申請画面を見ていきましょう。

  1. 子育て介護特別定額給付金などの電子申請ができる「ぴったりサービス
  2. 確定申告ができる「確定申告書等作成コーナー
  3. 不動産登記ができる「申請用総合ソフト

①.ぴったりサービスでの電子申請

特別定額給付金も、オンライン申請する場合は、
おおむねこの流れで電子申請することになります。

ぴったりサービスでは「券面事項入力補助用」と「署名用電子証明書」を利用しますので、その部分をピックアップしてご紹介いたします。

※申請の種類によって必要な証明書は異なります。

(1)申請者情報入力時に「券面事項入力補助用」パスワードを利用します。

①申請者情報入力でマイナンバーカード読取

 

【ぴったりサービス】マイナンバーカード(券面事項入力補助用番号)読み取り開始画面

②申請者情報入力でマイナンバーカード読取開始

 

【ぴったりサービス】マイナンバーカード(券面事項入力補助用番号)読み取り画面
「券面事項入力補助用」とありますね。

③「券面事項入力補助用」パスワードを入力して、マイナンバーカードを読み取ります。

【ぴったりサービス】「券面事項入力補助用」パスワード入力画面

(2)申請を進めていくと添付書類ファイルの添付を行った後に、
  「署名用電子証明書」のパスワードを入力したら、送信画面に変わります。

④電子署名します。


 

【ぴったりサービス】電子署名付与開始画面
「署名用電子証明書」暗証番号
「英数字6~16ケタ」とありますね。

⑤「署名用電子証明書」パスワードを入力してマイナンバーカードを読み取ります。

【ぴったりサービス】「署名用電子証明書」パスワード入力画面

⑥署名が正しく終わると、自動で送信画面にかわりますので、そのまま送信します。

【ぴったりサービス】電子署名後自動で送信画面が表示される

②.確定申告書等作成コーナーでの電子申請

お馴染みの方も多いかもしれません。
2020年申告から追加された「マイナンバーカード方式」での確定申告です。

確定申告書等作成コーナーでは「券面事項入力補助用」と「利用者証明用電子証明書」「署名用電子証明書」を利用しますので、その部分をピックアップしてご紹介いたします。

(1)e-Taxの利用者登録を行うときに「券面事項入力補助用」パスワードを利用します。

①e-Tax利用者登録時に「券面事項入力補助用」パスワードを入力します。

【e-Tax/確定申告申告書等作成コーナー】「券面事項入力補助用」パスワード入力ダイアログ
「券面事項入力補助用」とありますね。

②マイナンバーカードを読み取ると自動的に「氏名/住所/生年月日/性別」が自動で転記されます。

【e-Tax/確定申告申告書等作成コーナー】「券面事項入力補助用(パスワード)」入力結果

(2)確定申告書等作成コーナーのマイナンバーカード方式で申請を進めていくと、
  「利用者証明用電子証明書」パスワードを利用します。

①マイナンバーカードを読み取りを選択します。

 

【確定申告申告書等作成コーナー】マイナンバーカードの読み取り開始画面

②「利用者証明用電子証明書」パスワードを入力してマイナンバーカードを読み取ると、確定申告書等作成コーナーへログインできます。

【確定申告申告書等作成コーナー】「利用者証明書用電子証明書」入力ダイアログ

(3)確定申告書等作成コーナーで申告書作成が終わったら、
   最後に「電子署名」を行います。

①マイナンバーカードを読み取りを選択します。

 

【確定申告申告書等作成コーナー】マイナンバーカードの読み取り開始画面(送信前)

②「署名用電子証明書」パスワードを入力してマイナンバーカードを読み取ると、確定申告書に電子署名されます。

【確定申告申告書等作成コーナー】「署名用電子証明書」入力ダイアログ

③.申請用総合ソフトでの電子申請

申請用総合ソフトでできるのは不動産登記です。

申請用総合ソフトでは「署名用電子証明書」を利用します。

添付書類に「電子署名されてる!」というのが一番わかりやすいのでその部分をピックアップしてご紹介いたします。

(1)「電子署名を付与」を選択します。

【申請用総合ソフト】署名付与

(2)「署名用電子証明書」パスワードを入力します。

【申請用総合ソフト】「署名用電子証明書」(電子証明書アクセスパスワード)入力ダイアログ

こうやってサービスごとに「電子証明書」だけしかなくて
「利用者証明用電子証明書」なのか「署名用電子証明書」なのかわからない場合があります。

パスワードも「アクセスパスワード」とか言われても
「いやいや、そんなパスワード設定した覚え無いよ」
ってなります。

目的は「電子署名」なので「署名用電子証明書」パスワードを入力します。

(3)そうすると申請書に[]とアイコンが付くので「あ、これ署名終わってる」とわかりやすいですよね。

大体こんな感じです。

このように目的と証明書がわかっていれば、パスワードで何を入力すればよいのかもかんたんに把握できます。

さて、これ以降はマイナンバーカードで電子申請するにあたっての参考情報を書いていきます。

マイナンバーカードと電子証明書に有効期限!?

マイナンバーカードと電子証明書には有効期限があります。

カード/証明書有効期限
マイナンバーカード20歳以上】発行日から10回目の誕生日まで
20歳未満】発行日から5回目の誕生日まで
利用者証明用電子証明書下記の一番早い日付
①発行日から5回目の誕生日
②マイナンバーカードの有効期限
署名用電子証明書下記の一番早い日付
①発行日から5回目の誕生日
②マイナンバーカードの有効期限
③利用者証明用電子証明書の有効期限

マイナンバーカードってどこで更新手続きするの?

有効期限3か月前から市区町村窓口で申請手続きを行います。

これだけ見ればいい!マイナンバーカードで電子申請するキホンの”き” まとめ

キャッシュレス決済が流行ったので、マイナンバーカードをスマホで読み取るっていう行為は抵抗なくイメージも付きやすいと思います。

問題は「いっぱいある証明書やらパスワード」です。

下の表を見てもらえれば、何を入力すれば良いのかわかると思います。

証明書パスワード桁数判別キーワード電子申請での目的・用途
署名用電子証明書英数6~16桁署名
16桁
請書などの添付ファイルに
「電子的な署名」を行う
利用者証明用電子証明書数字4桁利用者証明
ログイン
本人認証
各種サービスのログインや
本人承認
券面事項入力補助用数字4桁券面
入力補助
マイナンバーカード内に記録されている
①マイナンバー
②氏名
③住所
④生年月日
⑤性別
を自動転記する
住民基本台帳用数字4桁×基本的に利用しない。
住民基本台帳
(住所や氏名など、住民記録)
に関する手続きを行うときに必要。

マイナンバーカードは既に色々な公的サービスで利用できます。

また、引っ越しワンストップや、相続・死亡ワンストップサービスなどの
公的なオンライン申請ではマイナンバーカードでかんたんに申請できるように
なる予定です。

詳しくはマイナンバーカードのメリット【できること15選と今後の予定11選】にまとめています。

雑記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
ぬくぬくをフォローする
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました