キャッシュレス還元終焉後の「マイナポイント」で確実に還元を受ける方法

マイナポイント

キャッシュレス決済戦国時代の波に乗る形で、消費税増税の緩和とマイナンバーカード普及を目論んで総務省が旗を振り始めたマイナポイント事業。

キャッシュレス・ポイント還元事業消費者向けリーフレット
キャッシュレス・ポイント還元事業 消費者向けリーフレットより

このロゴマークでお馴染みのキャッシュレス還元ですが、これとは別にもうひとつ、マイナポイントなるものも動いているのはご存じのことでしょう。

  • 「今現在絶賛進行中のキャッシュレス還元事業とマイナポイントの関係がぶっちゃけよくわからない。」
  • 「とりまキャッシュレス決済しとけば還元受けられるんでしょ?」

私もこの程度の理解でしたが、マイナポイントについては手続きが必要です。

ここでは、キャッシュレス還元事業とマイナポイント事業について次の内容をお伝えしていきます。

  • キャッシュレス還元事業とマイナポイント事業の対象期間
  • キャッシュレス還元事業とは?
  • キャッシュレス還元事業をお得に活用するには?
  • マイナポイント事業とは?
  • マイナポイント事業をお得に活用するには?
スポンサーリンク

キャッシュレス還元とマイナポイント、いつから何をすればお得になるの!?

まずはキャッシュレス還元とマイナポイントの対象期間を把握しておきましょう。

キャッシュレス還元事業とマイナポイント事業の対象期間

No事業名期間主幹省庁
1キャッシュレス・消費者還元事業2019.10/1~2020.6/30経済産業省
2マイナポイント事業2020.9月~2021.3月末(予定)総務省

現在展開されているキャッシュレス還元事業の正式名称は「キャッシュレス・消費者還元事業」に基づく還元です。

今後展開される予定のマイナポイントは「マイナポイント事業」に基づくポイント還元です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.キャッシュレス・消費者還元事業とは?

キャッシュレス・消費者還元事業の目的

2019.10月消費税10%引き上げに伴う影響を最小限にする?消費悪化の予防策?

政府の思惑や利権がどうであれ、消費者としては乗らない手はない国策と考えます。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象期間

2019.10/1 ~ 2020.6/30

キャッシュレス・消費者還元事業の対象決済方法と対象店舗

クレジットカードおよびデビットカードについては、キャッシュレス・消費者還元事業の対象となるクレジットカード/デビットカードを探す(※Jデビットを除く)で確認できます。

電子マネーおよびQRコード決済については、キャッシュレス・消費者還元事業の対象となる電子マネー/QRコード決済/その他サービスを探すで確認できます。

対象店舗については、キャッシュレス・消費者還元事業の対象の店舗検索で確認できます。

概ね、メインどころは網羅されています。むしろ、対応してないものを探すほうが大変。

キャッシュレス・消費者還元事業をお得に活用するには?

お察しのとおり、キャッシュレス・消費者還元事業は、キャッシュレス決済すれば、決済方法や決済事業者に応じて何等かの還元があります。

次の点に注意してキャッシュレス決済すれば、キャッシュレス・消費者還元事業の還元の恩恵を受けられます

  • ①店舗によって還元率が異なる。
  • ②還元方法が決済事業者(例えば、楽天カードなら楽天)によって異なる。
  • ③決済方法によって上限が異なる。

それぞれ見ていきましょう。

①店舗によって異なる還元率
No店舗種類還元率
1中小規模店舗5%還元
2フランチャイズチェーン
ガソリンスタンド
2%還元
3ECサイト
(Amazon、Yahooショッピング、楽天市場等)
商品による

②還元方法が決済事業者によって異なる
No還元方法パターン決済事業者の例
1キャッシュレス決済したその場で還元額を差し引くOrigami Payやコンビニ等の
中小企業でキャッシュレス決済
2銀行引き落とし時に還元額を差し引くd系
3後日まとめて還元額分のポイントがプラスされる楽天系
③決済方法によって上限が異なる
No決済例還元方法上限
1楽天カード還元額は楽天スーパーポイントの
通常ポイントで還元
月15000ポイントまで
2Suica還元額はJREポイントで還元20000円チャージ分まで
3PayPay還元額はpaypayボーナスで還元月25000ポイントまで
4楽天ペイ還元額は楽天スーパーポイントの
通常ポイントで還元
25000ポイント/決済

マイナポイント事業とは?

さぁここからが本番です。

まずはマイナポイント事業の概要です。

マイナポイントとは?
マイナポイント事業>事業概要:https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/ より

なんか面倒くさそう。目的は次のとおりみたいですが読み飛ばしてください。

マイナポイント事業の目的
マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的として2020年度に実施する事業です。

マイナポイント事業>事業概要:https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/about/ より

マイナポイントとは?

マイナポイントは、キャッシュレス決済事業者を通じて付与されるポイントのこと。

電子マネーQRコード決済アプリなどに、最大2万円チャージすると、
5000ポイント(プレミアム率25%)※1ポイント1円
マイナポイント(プレミアム分というらしい)を取得できます。

還元率は25%!

注意点は次のとおり。

  • マイナポイントを貰うための決済サービスは1つしか選択できない
  • マイナポイントの申込が必要
  • マイナポイント申込に「マイナンバーカード」が必要
  • キャッシュレス決済対象は「電子マネー」「QRコード決済」へのチャージ

マイナポイント事業をお得に活用するには?

これまで書いてきたとおり、マイナポイントを貰うためには手続きが必要ですが、マイナポイントを利用できる状態になっていません。

マイナポイント事業のスケジュール

No時期手続き開始時期事前準備
1既に可能マイキーID設定マイナンバーカード取得
22020.7月~マイナポイント申込受付開始マイキーID設定
32020.9月~2021.3月末5000ポイント上限に前払いまたは
物品等の購入によりマイナポイントを付与
マイナポイント申込
(キャッシュレス決済を1つ選択)
42020.9月~買い物等にマイナポイントを
利用可能

マイキーIDってなんぞ!?

マイナポイントを貰ったり利用したりするために事前に取得しておくIDです。

次の方法で取得できます。

【既に可能】マイキーID設定方法

マイキーID設定方法はマイナポイント事業の「マイキーIDの登録方法」に記載されていますが、簡単なステップは次のとおり。

スマホでマイキーIDを設定する方法
  • Step.1
    「マイナポイントアプリ」を取得

    iPhoneはこちらからダウンロード

    Androidはこちらからダウンロード

    Google Play で手に入れよう

  • Step.2
    Androidの場合「JPKI利用者ソフト」も必要になります。
    Androidはここからダウンロード

    Google Play で手に入れよう

  • Step.3
    「マイナポイントアプリ」起動
  • Step.4
    マイキーID発行
  • Step.5
    マイナンバーカード暗証番号入力
  • Step.6
    マイナンバーカード読み取り
  • Step.7
    マイキーID表示
  • Step.8
    発行

PCでマイキーIDを設定する方法

これでマイキーIDが取得できます。

【2020.7月~】マイナポイント申込ページで、マイナポイント利用申し込み

現時点で分かっている内容は次の方法でマイナポイント申込できます。

  1. 決済サービスを1つ選択
  2. 決済サービスICカード番号
  3. マイナンバーカード読み取り
  4. 4桁暗証番号入力

選択した1つの決済サービスは、後から変更できませんのでご注意ください!

※総務省マイナポイント事業「よくある質問: 対象者が決済サービスとマイキーIDを関連付けた後、決済サービスを変更することは可能ですか。」より

決済サービスによってマイナポイント申込はアプリからでもできる!?

マイナポイント公式ホームページによると、2020.5/31時点で決定している決済サービスの中には、アプリからでも申込できるサービスもあります。

楽天ペイがそのひとつです。

楽天ペイ(アプリ決済)

申込方法
楽天ペイアプリ上でお申込みいただけます。
①ホーム画面左上のメニューボタンを押してください。
②「マイナポイント申込/情報」メニューを選択してください。
③画面上に表示される「マイナポイント申込」ボタンを押していただき、お手続きを行ってください。

(マイナポイント公式ホームページ「楽天ペイ(アプリ決済)」より)

なお、他の決済サービスもいくつか確認してみましたが、ほとんどがマイナポイントアプリ(現在未公開の新規アプリ)でマイナポイントを登録するようになっていました。

【2020.9月~2021.3月末】マイナポイント利用期間

利用期間は2020.9月~2021.3月末の「7か月間」!!
しかありません!

キャッシュレス決済事業者の皆さん、頑張ってー!!

対象のキャッシュレス決済方法

マイナポイント事業の公式ホームページ上で検索できるようになっています。

キャッシュレス決済サービス検索

2020.5/15に総務省から「キャッシュレス決済サービスの登録状況を更新しました。」として更新されました。5/15時点では次の96個の決済方法が予定されています。

マイナポイント対象キャッシュレス決済(2020.5/15総務省更新)

2020.6/15時点で決定しているマイナポイント対象サービス一覧

2020.6/15時点でマイナポイント対象の決済サービスと登録方法一覧は次のとおりです。

登録方法について
  • スマホ:スマートフォンから「決済アプリ」または「マイナポイントアプリ(未公開)」で登録します。
  • PC:パソコンから「マイキープラットフォーム」から登録します。
  • コンビニ:コンビニにある「マルチコピー機」から登録します。
  • ATM:「セブン銀行のATM」から登録します。
  • 手続きスポット市区町村窓口・民間事業者が提供する手続スポットで登録します。
  • ICカード:店頭でICカード等を購入する際に、決済サービス事業者が申込みを支援してくれます。
マイナポイント対象決済サービスと登録方法一覧20200615

無事、クレジットカードに「楽天カード」が追加されましたね。

いずれにしても、色々なキャッシュレス決済の決済上限額にはご注意ください。

私はマイナポイント対象の決済方法を「楽天カード」にします!

私はマイナポイント対象の決済方法を「楽天カード」にします。

「楽天カード」にすれば確実にマイナポイント25%還元(最大5000円)の恩恵を確実に受けることができます。

理由は次のとおり。

  • 楽天証券で毎月楽天カードで購入している投資信託買付もマイナポイント対象となる
  • あれこれ考える必要無く、マイナポイント最大の「20000円キャッシュレス決済で5000ポイント」の恩恵を受けられる
  • 無駄に買い物をする必要が無い

楽天カードのマイナポイントの条件は次のとおりです。

「楽天カード」のマイナポイント配布条件

条件詳細
期限2020.9/1~2021.3/31中
金額条件累計で2万円以上を利用する
配布ポイント額5000ポイント
配布ポイント種類楽天ポイント(通常ポイント)
配布タイミング達成月翌々月の25日

楽天証券の楽天カードで毎月投資信託買付分はマイナポイント対象になるか!?

結論=なります!

楽天へ問い合わせしたところ、次のとおり回答が来ました。

楽天証券の楽天カードで投資信託買付分も還元対象となっている旨の回答がありました。

毎月、楽天証券で投資信託をMAX5万円まで買付していて、楽天ポイント全てを投資信託の買付に充てているかたは、3か月後自動でマイナポイント分の5000楽天ポイントが当てられます。

私のメインクレジットカードである「楽天カード」は⇩から作成できます。

最後に…

マイナンバーカードの利用ケースは増えていますし、いずれワンストップサービスも拡充されて、手続きの一切をマイナンバーカードで済ませる時代が来るでしょう(希望)

国民の監視だ!口座も盗み見られる!と騒いでいる方もいますが、個人的には
「いや、むしろ全員の口座見ろ!増税して、こんな面倒な政策を立てて利権で自分の肥やしにするくらいなら、脱税してるやつらから重加算税課して税金引っ張ってこい!」
と思うわけですよ。

というわけで、税金上げるな!福祉に回せ!と思う方ほどマイナンバーカードを取得して、取得率上げることをおすすめします。

マイナンバーカードを取得したい人は マイナンバーカードの申請方法や紛失時対応方法、とりあえずマイナンバーを確認する方法について の記事もご覧ください。

マイナンバーカードではすでに色々できるようになっていますし、今後できるようになることも増えていきます。詳しくはマイナンバーカードで利用できる/今後できるようになること まとめをご覧ください。

マイナンバーカードでできるようになることのひとつに電子申請があります。特別定額給付金の申請が記憶に新しいと思いますが、電子申請を難しく考える必要はありません。基本さえ掴んでしまえばマイナンバーカードを使ったサービスはどれも同じです。

詳しくはこれだけ見ればいい!マイナンバーカードで電子申請するキホンの”き”をご覧ください。

雑記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
ぬくぬくをフォローする
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました