クレジットカード投資5種を徹底比較!メインの証券口座で活用しよう!

クレジットカード投資5種を徹底比較!メインの証券口座で活用しよう!
スポンサーリンク

 投資信託をクレジットカードで毎月の積立買付できるサービスが広まってきましたね。

  • 各社のクレカ積立投資の還元率を知りたい
  • 購入できる商品を知りたい
  • 今使っているメインカード+メイン証券口座で活用できるか知りたい

こんなお悩みにお答えします。

 クレジットカード投資は次の5つがあり、どのクレジットカード投資が一番お得か知りたい、という方が多いのではないでしょうか。

クレジットカード+証券会社のサービス
  • 三井住友カード×SBI証券
  • 楽天カード×楽天証券
  • マネックスカード×マネックス証券
  • エポスカード×tsumiki証券
  • セゾンカード×セゾンポケット

 この記事では、クレジットカード投資5つ、それぞれの組み合わせを比較していきます。

ぬくぬく
ぬくぬく

ぬくぬくは「三井住友カード(一般)+SBI証券」と「楽天カード+楽天証券」の組み合わせを利用します。

本記事でわかること
  • クレジットカード投資5社おススメランキング(比較表)
  • クレジットカード投資の還元ポイント比較
  • クレジットカード積立投資できる商品比較
  • 投資信託保有残高ポイントサービス比較
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする

 10分くらいで、あなたに合ったクレジットカード投資を見つけられますので、ご一読いただけますと幸いです。

スポンサーリンク
  1. クレジットカード投資おススメランキング5つの選定理由
  2. クレジットカード投資5社おススメランキング(比較表)
    1. 【第1位】「三井住友カード×SBI証券」のクレジットカード投資
    2. 【第2位】「楽天カード×楽天証券」のクレジットカード投資
    3. 【第3位】「マネックスカード×マネックス証券」のクレジットカード投資
    4. 【第4位】「エポスカード×tsumiki証券」のクレジットカード投資
    5. 【第5位】「セゾンカード×セゾンポケット」のクレジットカード投資
  3. クレジットカード投資の還元ポイント比較
    1. 「三井住友カード×SBI証券」は毎月最大250~300Vポイント還元!
    2. 「楽天カード×楽天証券」の毎月最大500楽天通常ポイントはいつまで続けられるかが鍵
    3. 「マネックスカード×マネックス証券」は 2021年冬に始まり、1%マネックスポイント還元を実現できるかが鍵
    4. 「エポスカード×tsumiki証券」は毎月250エポスポイント還元。修行は終わりましたか?
    5. 「セゾンカード×セゾンポケット」の毎月還元ポイントは売却時の信託財産留保額で無に帰す
  4. クレジットカード積立投資できる商品比較
    1. 「SBI証券・楽天証券・マネックス証券」は、人気の投資信託を買える!
    2. 「エポスカード×tsumiki証券」の投資信託は4本。信託報酬が高い…
    3. 「セゾンカード×セゾンポケット」の投資信託は2本。どちらも信託財産留保額で売却額の0.1%取られる…
  5. 投資信託保有残高ポイントサービス比較
    1. 「SBI証券・楽天証券・マネックス証券」には、投資信託保有残高ポイントサービスあり!
    2. 「tsumiki証券」「セゾンポケット」には投資信託保有残高ポイントサービスが無い…
  6. クレジットカード投資5種を徹底比較!まとめ

クレジットカード投資おススメランキング5つの選定理由

本記事のクレカ投資ランキング5つの選定理由
  • 選定理由①:長期投資向けで長く平穏に使い続けられる組み合わせか
  • 選定理由②:還元率
  • 選定理由③:還元ポイントの使い道
  • 選定理由④:商品ラインナップ
  • 選定理由⑤:投資信託保有残高のポイントサービス

 本記事のクレカ投資ランキングの選定理由は5つです。

 まずは、「長期投資向けで、長く平穏に使い続けられる組み合わせかどうか」です。サービス終了や改悪があっては安心して使い続けられませんからね。

 2つ目は「還元率」です。純粋に還元率が悪ければ、投資効率も向上しないため、利用しても意味がありません。

 3つ目は「還元ポイントの使い道」です。せっかく還元されたポイントも、有効活用できなければ意味がありません。

 4つ目は「商品ラインナップ」です。還元率が良くても、ぼったくり商品を買って損しては本末転倒です。

 5つ目は「投資信託保有残高のポイントサービスがあるか」です。積立投資(ドルコスト平均法)で資産を積み上げていった先に、投信保有残高に率を掛け算して貰えるポイントの方がうま味があります。

 それではクレジットカード投資5社の比較と、おススメランキングを見ていきましょう!

クレジットカード投資5社おススメランキング(比較表)

クレジットカード投資5種を徹底比較!メインの証券口座で活用しよう!
<クレジットカード投資5社おススメランキング(比較表)>

 クレジットカード投資5社を比較していくと上表のとおりです。

 それでは、ぬくぬくがおススメするクレジットカード投資のランキングを見ていきましょう!

【第1位】「三井住友カード×SBI証券」のクレジットカード投資

「三井住友カード×SBI証券」のクレジットカード投資

 クレジットカード投資で、最もおススメするのは三井住友カード×SBI証券の組み合わせです。

 三井住友カード×SBI証券をおススメする理由は次の6点です。

  • ネット証券No1の口座開設数の実績
  • 改悪の可能性が低い現実的な還元率
  • 還元される「Vポイント」はカード利用料に充当できる
  • 商品ラインナップは既存の投資信託で、今までと同じファンドを購入できる
  • 投資信託の保有残高ポイントサービス「投信マイレージ」がある
  • 長く使い続けられることを期待できる

 SBI証券は、三井住友カード(一般)と組み合わせる方法と、三井住友カードナンバーレスを組み合わせる方法があります。

①年会費無料期間に発行した人は三井住友カード(一般)でSBI証券積立購入しよう!

購入可能
上限金額
還元率還元
ポイント
最大還元
ポイント
ポイント

円換算
NISA
対応
対象
投資信託
買付日特徴
5万円0.6%V
ポイント
300pt/月
3600pt/年
1pt=1円2680本毎月1日三井住友カード(一般)
5万円利用で+50pt
「三井住友カード(一般)×SBI証券」のクレジットカード投資

 三井住友カード(一般)は、5万円/月を利用すると+50ポイント貰えるため、SBI証券でクレジットカード投資に5万円積立すると、0.6%還元になります。

 三井住友カード(一般)は、2020年2月~4月に「年会費永年無料」キャンペーンを実施していました。

 ぬくぬくのように、三井住友カード(一般)の年会費が永年無料の方は、一般カードでSBI証券のクレジットカード投資を行いましょう!

②これからSBI証券でクレジットカード投資するなら三井住友カード ナンバーレス!

購入可能
上限金額
還元率還元
ポイント
最大還元
ポイント
ポイント

円換算
NISA
対応
対象
投資信託
買付日
5万円0.5%V
ポイント
250pt/月
3000pt/年
1pt=1円2680本毎月1日
「三井住友カード(ナンバーレス)×SBI証券」のクレジットカード投資

 これから新規三井住友カードを作ってSBI証券でクレジットカード投資するなら、三井住友カード ナンバーレス一択です!

 理由は次の2点です。

  • 三井住友カードナンバーレスなら年会費無料
  • コンビニ愛用者必携(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・マクドナルドでVisaタッチ決済すると破格の5%還元!)

三井住友カード×SBI証券で2021.8月~2022.1月(積立6回分)の買付が1.5%還元キャンペーン!

キャンペーン情報詳細
期間2021年6月30日(水)~12月10日(金)
初回積立設定期限2021年7月10日(土)
対象者三井住友カード発行のVポイントが貯まるカードで投信積立設定
(一般カード、ナンバーレス、プラチナプリファードは対象)
Vポイント還元率投信積立額の1.5%
5万円積立した場合の還元750ポイント/月、合計最大4500ポイント
3.3万円積立した場合の還元499ポイント、合計最大2994ポイント
三井住友カード×SBI証券「スタートダッシュキャンペーン」概要

 三井住友カードでSBI証券の投資信託を積立買付すると、2021.8月~2022.1月(全6回)の積立買付に対して1.5%還元されるキャンペーン「スタートダッシュキャンペーン」が実施されます。

 初回の1.5%還元(8月2日買付分)に間に合わせるには、7月10日までSBI証券を開設して、三井住友カード ナンバーレスを作り、初回積立買付設定まで終わらせれば、合計最大4500Vポイントの還元を受けられます。

 まだSBI証券も三井住友カードナンバーレスもお持ちでない方は、いち早く作って準備しておきましょう!

年会費無料の三井住友カード(NL)公式キャンペーン中!
\ ぬくぬくも愛用するSBI証券公式はコチラ /

【第2位】「楽天カード×楽天証券」のクレジットカード投資

「楽天カード×楽天証券」のクレジットカード投資

 第二位は、楽天カード×楽天証券のクレジットカード投資です。

 なんで1位じゃないの!?

 という声が聞こえてきそうですが、まずは楽天カード×楽天証券のクレジットカード投資をおススメする理由は次の5点です。

  • 還元率は破格の1%!
  • ネット証券No2の口座開設数の実績(SBI証券を近く追い越す)
  • 還元される「楽天ポイント(通常ポイント)」はカード利用料に充当できる
  • 商品ラインナップは既存の投資信託で、今までと同じファンドを購入できる
  • 投資信託の保有残高ポイントサービス「投資信託資産形成ポイント」がある

 逆に、楽天カード×楽天証券のクレジットカード投資を2位にした理由は次の2点です。

  • 還元率の改悪の可能性が著しく高い
  • 長く使い続けられることを期待できない

 楽天サービスは改悪が続いています。一方で、SBI証券は信託報酬を引き下げたり、手数料を無料にしたりと、ネット証券業界をけん引する改善を続けています。

 「老後資産形成」を目的としている人にとって、証券会社移管などの手間が無く、安定的な運用を続けていける点は重要であることから、楽天カード×楽天証券は2位とさせていただきました。

 とはいえ、楽天カード×楽天証券の組み合わせは下表のとおり、随一の還元率と、還元されたポイントの使い道の多さを誇りますので、恩恵を享受しておきましょう!

購入可能
上限金額
還元率還元
ポイント
最大還元
ポイント
ポイント

円換算
NISA
対応
対象
投資信託数
買付日特徴
5万円1%楽天通常
ポイント
500pt/月
6000pt/年
1pt=1円2691本毎月1日積立投資で楽天市場
のSPUで+1%
「楽天カード×楽天証券」のクレジットカード投資
楽天カードの公式はコチラ!
楽天証券の公式はコチラ!

【第3位】「マネックスカード×マネックス証券」のクレジットカード投資

「マネックスカード×マネックス証券」のクレジットカード投資

 第三位は、2021年冬に始まる予定の「マネックスカード×マネックス証券」のクレジットカード投資です。

 米国株投資をメインにするならお馴染みのマネックスですね。

 マネックスカード×マネックス証券のクレジットカード投資をおススメする点・おススメしない点は、マネックスから公式発表があれば更新していきます。

 今のところ分かっている内容は下表のとおり。

購入可能
上限金額
還元率還元
ポイント
最大還元
ポイント
ポイント

円換算
NISA
対応
対象
投資信託数
買付日
5万円1%マネックスポイント500pt/月
6000pt/年
1pt=1円1172本
「マネックスカード×マネックス証券」のクレジットカード投資

 少なくとも、投資信託の保有残高ポイントサービス「投信保有ポイント」はありますが、eMaxisSlimなどの優秀なファンドは0.03%還元です。

マネックスカードの公式はコチラ!
マネックス証券の公式はコチラ!

【第4位】「エポスカード×tsumiki証券」のクレジットカード投資

「エポスカード×tsumiki証券」のクレジットカード投資

 第4位は「エポスカード×tsumiki証券」のクレジットカード投資です。

 エポスカードは、エポスポイントが貯まり、pontaポイントやdポイントに等価交換できるほか、マイルに変換、商品券と交換など、使い道が多々あり、愛用している人も多いでしょう。

 しかし、tsumiki証券の投資信託は商品ラインナップがたったの4つ。

 全世界投資でアセットアロケーションを組みたい人にはおススメしません。

購入可能
上限金額
還元率還元
ポイント
最大還元
ポイント
ポイント

円換算
NISA
対応
対象
投資信託数
買付日
5万円0.1~0.5%
(毎年0.1%UP)
エポスポイント250pt/月
3000pt/年
1pt=1円4本毎月10日前後
「エポスカード×tsumiki証券」のクレジットカード投資
エポスカードの公式はコチラ!
tsumiki証券の公式はコチラ!

【第5位】「セゾンカード×セゾンポケット」のクレジットカード投資

「セゾンカード×セゾンポケット」のクレジットカード投資

 第5位は「セゾンカード×セゾンポケット」のクレジットカード投資です。

 セゾンカードは、セゾン・パール・アメックスカードがQuickPayの支払いで3%還元が猛威を振るっていて、大人気です。

 しかし、セゾンポケットの投資信託は商品ラインナップがたったの2つ。

 tsumiki証券同様、全世界投資でアセットアロケーションを組みたい人にはおススメしません。

購入可能
上限金額
還元率還元
ポイント
最大還元
ポイント
ポイント

円換算
NISA
対応
対象
投資信託
買付日特徴
5万円0.1%永久不滅
ポイント
50pt/月
600pt/年
100pt=450円2本毎月8日積立6回で
1pt/5000円
「セゾンカード×セゾンポケット」のクレジットカード投資
セゾンカードの公式はコチラ!
セゾンポケットの公式はコチラ!

クレジットカード投資の還元ポイント比較

積立額三井住友カード
(一般)
×
SBI証券
三井住友カード
(NL)
×
SBI証券
楽天カード
×
楽天証券
マネックスカード
×
マネックス証券
エポスカード
×
tsumiki証券
セゾンカード
×
セゾンポケット
33333円
(積立NISA)
166166333333?1年目:33
2年目:66
3年目:99
4年目:133
5年目:166
33
(6か月毎に+6pt)
50000円
(一般NISA)
300250500500?1年目:50
2年目:100
3年目:150
4年目:200
5年目:250
50
(6か月毎に+10pt)
<クレジットカード投資で毎月還元されるポイントの比較一覧表>

 上表は、実際にクレジットカード投資したときに還元されるポイントを比較した表です。

 それぞれかんたんに解説していきますね。

「三井住友カード×SBI証券」は毎月最大250~300Vポイント還元!

 三井住友カード×SBI証券の投資信託クレジットカード積立買付を、積立NISAの場合は166ポイント、一般NISAの場合は250~300ポイントのVポイントが還元されます。

 還元されたポイントは、三井住友カード利用料から差し引いたり、VポイントアプリでVisaタッチ決済で消費できます。

「楽天カード×楽天証券」の毎月最大500楽天通常ポイントはいつまで続けられるかが鍵

 現時点では、やはり楽天カード×楽天証券の毎月500ポイントが圧巻です!

 しかし、「あまりにお得すぎる」「楽天サービスの改悪が続いている」という点を危惧せずにはいられませんよね。

 現在は、ぬくぬくも特定口座+楽天カード+楽天証券で、上限の5万円まで積立買付しています。

 いつまで1%還元が続くかは分かりませんが、可能な限り1%還元の恩恵は享受していきたいと考えています。

「マネックスカード×マネックス証券」は 2021年冬に始まり、1%マネックスポイント還元を実現できるかが鍵

 マネックスカード×マネックス証券は現時点で正式展開がありませんので、希望的観測です。

 2021年冬に正式展開があったらランキングも更新されることを祈りましょう!

「エポスカード×tsumiki証券」は毎月250エポスポイント還元。修行は終わりましたか?

 エポスカード×tsumiki証券のクレジットカード投資は、毎月250エポスポイントを取得できます。

エポスカードをゴールドカードにするには

  • カード保有期間1年以上
  • 年間50万円以上の決済

が条件の目安となっており、エポスカードでtsumiki証券の投資信託を5万円分を購入し、すぐ売却することで、エポスカードのゴールドカードインビテーションを取得できるようです。

この一見不毛に見える行為を「修行」と呼んでいます。

…あなたは修行を終えていますか?(ぬくぬくはやる気ありません)

「セゾンカード×セゾンポケット」の毎月還元ポイントは売却時の信託財産留保額で無に帰す

 セゾンカード×セゾンポケットのクレジットカード投資は、つみたてNISAなら毎月最大33ポイント、一般NISAなら毎月最大50ポイント貰えます。

 しかし、セゾンポケットで購入できるファンド「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」および「セゾン資産形成の達人ファンド」は、信託財産留保額(売却時の手数料)が0.1%ですので、還元されたポイントは売却時に消えます。

クレジットカード積立投資できる商品比較

各社で、クレジットカード積立投資できる商品を比較してみましょう!

「SBI証券・楽天証券・マネックス証券」は、人気の投資信託を買える!

SBI証券クレジットカード投資

 SBI証券・楽天証券・マネックス証券は、通常の投資信託を購入できます。

 流石!老舗のネット証券ですね!安心安定です。

「エポスカード×tsumiki証券」の投資信託は4本。信託報酬が高い…

tsumiki証券の商品信託報酬信託財産留保額購入時手数料
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.57%0.1%0
セゾン資産形成の達人ファンド1.35%0.1%0
コモンズ30ファンド1.078%00
ひふみプラス1.078%00
エポスカード×tsumiki証券で購入できる投資信託一覧

 「エポスカード×tsumiki証券」の投資信託は4本で、いずれも信託報酬が高いです。

 しかも、信託財産留保額という、投資信託を売却したときに、売却額の0.1%を手数料として取られます。

 強いて選ぶならひふみプラスなのでしょうが、日本株アクティブファンドが全世界インデックスに勝った例を知らないので、難しいところですね。

「セゾンカード×セゾンポケット」の投資信託は2本。どちらも信託財産留保額で売却額の0.1%取られる…

セゾンポケットの商品信託報酬信託財産留保額購入時手数料
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.57%0.1%0
セゾン資産形成の達人ファンド1.35%0.1%0
セゾンカード×セゾンポケットで購入できる投資信託一覧

 セゾンカード×セゾンポケットで購入できるファンドは2種類。

 「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」および「セゾン資産形成の達人ファンド」は、信託財産留保額(売却時の手数料)が0.1%ですので、還元されたポイントは売却時に消えます。

投資信託保有残高ポイントサービス比較

 投資信託を保有していると、評価額に応じてポイントがもらえる「投資信託保有残高ポイントサービス」というものがあります。

 クレジットカード投資対応の各社を比較してみましょう。

「SBI証券・楽天証券・マネックス証券」には、投資信託保有残高ポイントサービスあり!

SBI証券・楽天証券・マネックス証券の投資信託保有残高ポイントサービス比較

 SBI証券、楽天証券、マネックス証券には、投資信託保有残高ポイントサービスがあります。

 各社、eMaxisSlim全世界株式(オールカントリ―)を20年運用して貰える総ポイントは<毎月5万円または3.3万円を積立買付した場合に貰える総ポイント>のとおりです。

投資パターン三井住友カード
×
SBI証券
楽天カード
×
楽天証券
マネックスカード
×
マネックス証券
毎月5万円(一般NISA)を
2042年まで運用した場合の
総ポイント
629105850040810
毎月3.3万円(つみたてNISA)を
2042年まで運用した場合の
総ポイント
419003315027161
<毎月5万円または3.3万円を積立買付した場合に貰える総ポイント>

 毎月3.3万円(つみたてNISA)でクレジットカード投資で取得できる投資信託保有残高ポイントを比較すると、いずれもグラフのように右肩上がりで増えていき、終止SBI証券が上回っています。

SBI証券・楽天証券・マネックス証券の投資信託保有残高ポイントサービス比較
<<月3.3万円クレジットカード投資した場合の投資信託保有残高ポイントサービスで貰えるポイント推移>

 毎月5万円(一般NISA)でクレジットカード投資で取得できる投資信託保有残高ポイントを比較すると、いずれもグラフのように右肩上がりで増えていき、保有額が大きくなると楽天証券がSBI証券を追い抜いていきます。

SBI証券・楽天証券・マネックス証券の投資信託保有残高ポイントサービス比較
<月5万円クレジットカード投資した場合の投資信託保有残高ポイントサービスで貰えるポイント推移>

 20年間で貰えるポイントは高々数万円ではありますが、あくまで”資産形成のついで”に貰っておける人は貰っておきましょう!

「tsumiki証券」「セゾンポケット」には投資信託保有残高ポイントサービスが無い…

 「tsumiki証券」および「セゾンポケット」には、投資信託保有残高ポイントサービスはありません。

クレジットカード投資5種を徹底比較!まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 もしメインで利用している証券会社が、SBI証券なら三井住友カードで、楽天証券なら楽天カードで、マネックス証券ならマネックスカードで運用すると、少しだけお得感を味わえます。

 しかし、クレジットカード投資でお得になるのは良いですが、投資の本来の目的は「資産形成」であるはずです。

 クレジットカード投資で貰う還元ポイントは、投資のリターンに比べたら微々たるものですので、投資の本分を忘れず、「クレジットカード投資自体」が目的にならないようにしましょうね。

 三井住友経済圏で、クレジットカード投資をする人は三井住友カード ナンバーレスSBI証券を7/10までに開設+積立買付設定しましょう!←おススメ

年会費無料の三井住友カード(NL)公式キャンペーン中!

\ ぬくぬくも愛用するSBI証券公式はコチラ /

 楽天経済圏で、クレジットカード投資をする人は楽天カード楽天証券を開設しましょう!

楽天カードの公式はコチラ!
楽天証券の公式はコチラ!

 マネックスカード×マネックス証券でクレジットカード投資する人は、マネックスカードとマネックス証券を開設しましょう!

マネックスカードの公式はコチラ!
マネックス証券の公式はコチラ!

 エポスカードがメインカードの人は、tsumiki証券でクレジットカード投資がおススメです。エポスカードとtsumiki証券を開設しましょう!

エポスカードの公式はコチラ!
tsumiki証券の公式はコチラ!

 セゾンカードがメインカードの人は、セゾンポケットでクレジットカード投資しかありません。

セゾンカードの公式はコチラ!
セゾンポケットの公式はコチラ!
資産運用
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
スポンサーリンク
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました