松井証券の「米国株」取り扱い開始は2022年2月予定!

松井証券の米国株
スポンサーリンク

知る人ぞ知る!自動リバランスが秀逸な老舗証券!

松井証券

自動リバランスが優秀

NISA/iDeCo OK

手数料も安い

取り扱い銘柄数も多い

 2021年11月現在、松井証券では、米国株を取り扱っていません。

松井証券はいつから米国株の取り扱いを開始するの?

という方に向けて、本記事では、松井証券の米国株の取り扱い時期や、今から準備できることを解説します。

ぬくぬく
ぬくぬく

実際に松井証券で米国株の取り扱いが始まったら、どういったサービスになるか詳しく記事にしていきますね

本記事でわかること
  • 松井証券の「米国株の取り扱い時期」
  • 2022年2月までに準備できること
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする

 1分くらいで、松井証券の米国株の取り扱い時期や、今から準備できることが分かりますので、ご一読いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

松井証券の「米国株」取り扱い開始は2022年2月予定!

松井証券 2021年7月27日付 決算報告資料より

 松井証券は2021年7月27日付けの決算報告資料で、「2022年2月(予定)で米国株式サービスを開始する」旨を発表しました。

米国株式サービス提供に関するお知らせ

 松井証券(以下「当社」)は、2022年2月(予定)より、米国株式サービスの提供を開始しますので、お知らせいたします。

 当社は、「お客様の豊かな人生をサポートする」という企業理念のもと、個人投資家にとって価値のある金融商品・サービスを提供するとともに、お客様のライフスタイルに合わせた資産形成をサポートしています。

 直近では、老後資金2,000万円問題やコロナ禍などを背景に資産形成への関心が高まる中、25歳以下の株式取引手数料の無料化をはじめ、投資信託における取扱銘柄の追加や、新スマホアプリの提供開始など、お客様がライフプランに合わせて柔軟に資産形成をおこなえるよう、商品・サービスの拡充に努めております。

 世界一の経済大国である米国の株式には、グローバルに事業を展開する企業や、成長性の高い企業の銘柄が多く含まれており、高配当銘柄も多数あります。また、お客様から取り扱いのご要望を数多くいただいてきたことから、この度、サービスの提供開始を決定いたしました。取扱銘柄や手数料などのサービス詳細、および提供開始日が決定しましたら、当社WEBサイトにてお知らせいたします。

 松井証券は、今後も個人投資家にとって価値のある金融商品・サービスの提供に取り組み、お客様の豊かな人生をサポートしてまいります。

(引用)松井証券プレスリリース「米国株式サービス提供に関するお知らせ」より

どんなサービスになるのか気になりますね。

松井証券から詳細が発表されたら、本記事で詳しく解説していきます。

外国株取引口座を開設しておこう!

お客様サイトにログイン>口座管理タブ>各種口座開設状況

 外国株式を取引するには「外国証券取引兼累積投資口座」の開設が必要です。

 開設手続きは、現在でも、松井証券の外国株式口座を開設できます。

 お客様サイトにログイン>口座管理タブ>各種口座開設状況をクリックします。

松井証券の外国株取引口座開設

「外国証券取引兼累積投資口座」欄の「開設する」リンクをクリックして申し込みます。

 書類の郵送等は不要です。

 すでに開設済の場合、「開設済」と表示されていますので、手続きは不要です。

 開設手続き完了後、開設手続きを有効にするため、再度、ログインしなおしましょう!

知る人ぞ知る!自動リバランスが秀逸な老舗証券!

松井証券

自動リバランスが優秀

NISA/iDeCo OK

手数料も安い

取り扱い銘柄数も多い

口座開設無料自動リバランスサービス
NISA投信毎月現金還元サービス
iDeCo入金方法4種類
投資信託取り扱い1541本出金方法2種類
米国株2022年2月~定期自動売却×
\ ぬくぬくも開設した公式サイトはコチラ!! /

 投資や資産運用に関する記事は「誰でもできる!家計の見直しや資産運用の始め方から出口戦略のまとめ」にまとめていますので、是非ご覧ください。

誰でもできる!家計の見直しや資産運用の始め方から出口戦略のまとめ
年間400万円を増やしているぬくぬくが、誰でもかんたんにできる「家計の見直し方法」「資産運用方法」「節約方法」をまとめています。あなたもこれを見て老後2000万問題に備えていきましょう!

資産運用
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
スポンサーリンク
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました