主要暗号資産を積立できる「SBIVCトレード」を画像30枚以上で解説!

主要暗号資産を積立できる「SBIVCトレード」を画像30枚以上で解説!
スポンサーリンク

SBIVCトレードには

  • 旧VCTRADE
  • 旧TAOTAO

の2つがあり、それぞれのサービスで、それぞれの口座を作る必要がありました。

しかしが、2022年6月30日をもって、2つのサービスが統合し

  • 新VCTRADE

へになりました。

手数料が安い「旧VCTRADE」と、積み立てサービスなどがある「旧TAOTAO」のイイとこ取りで「新VCTRADE」のサービスが始まることになります。

  • SBIVCトレードってどんな感じ?
  • メリット・デメリットは?

こんなお悩みにお答えします。

本記事をご覧の方は

  • 暗号資産の積立投資に興味がある
  • 手数料はどのくらい?
  • SBI証券のクレカ積立でXRP交換券貰ったけど、使い方は?

という方が多いのではないでしょうか。

本記事では「SBIVCトレード(新VCTRADE)」を前提に紹介いたします。

ぬくぬく
ぬくぬく

ぬくぬくも、SBIVCトレードの口座を開設して、ビットコイン(BTC)を毎週積立投資してますよー

本記事でわかること
  • SBIVCトレードのメリット7つ
  • SBIVCトレードのデメリット4つ
  • SBIVCトレードの「シンプルモード」と「トレーダーモード」の違い
  • SBIVCトレードの使い方
  • SBIVCトレードの手数料
  • SBIVCトレードと他の取引所の比較
  • SBIVCトレードをおススメする人5選
  • SBIVCトレードをおススメしない人1選
  • 三井住友カード+SBI証券の共同キャンペーンXRP交換券を使ってみた
  • SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ7ステップ
  • SBIVCトレード旧→新VCTRADEへ現金移管の流れ
  • SBIVCトレード口座の解約方法
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする

5分くらいで、SBIVCトレードについて分かりますので、ご一読いただけますと幸いです。

スポンサーリンク
目次
  1. SBIVCトレードのメリット7つ
    1. メリット①:手数料などのコストが無料
    2. メリット②:少額から取引できる
    3. メリット③:毎日・毎週・毎月で積立できる
    4. メリット④:日本円を即時入金できる
    5. メリット⑤:電話のカスタマーサポートもある
    6. メリット⑥:金融庁・財務局へ登録されており信頼性が高い
    7. メリット⑦:SBIグループの今後の展開も期待できる
  2. SBIVCトレードのデメリット4つ
    1. デメリット①:取り扱い通貨数が少ない
    2. デメリット②:マネーフォワードなど資産管理アプリとの連携ができない
    3. デメリット③:毎週水曜日の12:00~13:00は週次メンテナンスで取引不可
    4. デメリット④:暗号資産取り扱い最小単位に気を付けて!
  3. SBIVCトレードの「シンプルモード」と「トレーダーモード」の違い
    1. SBIVCトレードの「シンプルモード」
    2. SBIVCトレードの「トレーダーモード」
  4. SBIVCトレードの使い方
    1. SBIVCトレードの入金方法
    2. SBIVCトレードの買い方
    3. SBIVCトレードの売り方
    4. SBIVCトレードの出金方法
  5. SBIVCトレードの手数料
    1. 口座管理料
    2. 入出金手数料
    3. 入出庫手数料
    4. 積立サービス
    5. 取引手数料
  6. SBIVCトレードと他の取引所の比較
    1. 取扱通貨数比較
    2. 手数料比較
  7. SBIVCトレードをおススメする人5選
    1. おススメする人①:仮想通貨取り引き初心者の人
    2. おススメする人②:入出金手数料や取引手数料が安い取引所を探している人
    3. おススメする人③:毎週積立したい人
    4. おススメする人④:SBI証券+三井住友カードのクレカ積立している人
    5. おススメする人⑤:SBIホールディングス株を保有している人
  8. SBIVCトレードをおススメしない人1選
    1. おススメしない人①:色々な暗号資産に分散して投資したい人
  9. 三井住友カード+SBI証券の共同キャンペーンXRP交換券を使ってみた
    1. XRP交換券利用ステップ①:メールが届く
    2. XRP交換券利用ステップ②:XRP交換券コード特設サイトへログイン
    3. XRP交換券利用ステップ③:XRP交換券コード等を入力して登録
    4. XRP交換券利用ステップ④:申し込み完了メールが届く
    5. XRP交換券利用ステップ⑤:翌月1日基準価格で翌月中旬に貰える
  10. SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ7ステップ
  11. SBIVCトレード旧→新VCTRADEへ現金移管の流れ
  12. SBIVCトレード口座の解約方法
    1. 口座解約ステップ①:資産を0にする
    2. 口座解約ステップ②:フォームによるお問い合わせから解約申請
    3. 口座解約ステップ③:口座解約を選択して送信
  13. 暗号資産に興味があるなら「SBIVCトレード」で始めてみては?

SBIVCトレードのメリット7つ

SBIVCトレードのメリット7つを解説していきましょう。

SBIVCトレードのメリット7つ
  • 手数料などのコストが無料
  • 少額から取引できる
  • 毎日・毎週・毎月で積立できる
  • 日本円を即時入金できる
  • 電話のカスタマーサポートもある
  • 金融庁・財務局へ登録されており信頼性が高い
  • SBIグループの今後の展開も期待できる

メリット①:手数料などのコストが無料

SBIVCトレードのメリット1つ目は、手数料などのコストが無料であることです。

詳しくは「手数料」をご覧ください。

メリット②:少額から取引できる

SBIVCトレードのメリット2つ目は、小額から取引できることです。

具体的には、ビットコイン(BTC)であれば、0.0001BTC(500円前後)から1円単位で取引可能です。

メリット③:毎日・毎週・毎月で積立できる

SBIVCトレードのメリット3つ目は、暗号資産の積み立てを

  • 毎日(10:00)
  • 毎週(火曜日限定)
  • 毎月(28日の10:00)

で設定可能です。

他の暗号資産交換業者では、「毎日」「毎月」はできても、「毎週」積み立てがありません。

メリット④:日本円を即時入金できる

SBIVCトレードのメリット4つ目は、日本円を即時入金(クイック入金)できることです。

クイック入金で、土・日・祝日を含め、24時間リアルタイムに即時入金が可能なため、「今すぐ始めたい!」という人も、すぐに始められます。

クイック入金対応の金融機関を一部抜粋すると、次のとおりです。

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • ゆうちょ銀行
  • PayPay銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行

参考リンクSBIVCトレード「クイック入金」対応金融機関

メリット⑤:電話のカスタマーサポートもある

SBIVCトレードのメリット5つ目は、電話サポートがあることです。

問い合わせ先は「050‐3116‐2865(平日:10時~17時)」です。

参考リンク電話で問い合わせをすることはできますか。

メリット⑥:金融庁・財務局へ登録されており信頼性が高い

SBIVCトレードのメリット6つ目は、金融庁・財務局へ「暗号資産交換業」として登録されており信頼性が高いことです。

平成29年4月1日から、国内で暗号資産と法定通貨との交換サービスを行うには、金融庁および財務局へ、暗号資産交換業の登録が必要になりました。

SBI VCトレード株式会社も、「関東財務局長 第00011号」として暗号資産交換業者に登録されています。

暗号資産交換業者として登録されていると、

  • 3か月に一回、金融庁に対して事業状況の報告が課せられる
  • 不審な点があれば、立入検査が行われる

という対応となり、実際に業務停止となった事例もあります。

SBI VCトレードであれば、暗号資産交換業者に登録されており、SBIホールディングス傘下というネームバリュー的にも信頼性が高いので、安心でしょう。

参考リンク金融庁「暗号資産交換業者登録一覧

メリット⑦:SBIグループの今後の展開も期待できる

SBIVCトレードのメリット7つ目は、SBIグループの今後の展開に期待できることです。

SBIVCトレード自体も「旧VCTRADE」と「旧TAOTAO」の別々のサービスを統合させて「新VCTRADE」としてイイとこ取りする対応や、SBI証券の現実的で長期目線でのサービス改善、住信SBIネット銀行のネット銀行としてのサービスの良さなど、グループ全体で、長期的に利用できるサービスを次々に展開しているため、ユーザー視点で今後の展開を期待できるでしょう。

\ SBIVCトレードの口座開設はこちらから!/

参考リンクハピタスで貯めたポイントをVポイントにしてSBI証券で使おう!

SBIVCトレードのデメリット4つ

一方、SBIVCトレードにもデメリットが4つあります。

SBIVCトレードのデメリット4つ
  • 取り扱い通貨数が少ない
  • マネーフォワードなど資産管理アプリとの連携ができない
  • 毎週水曜日の12:00~13:00は週次メンテナンスで取引不可
  • 暗号資産取り扱い最小単位に気を付けて!

デメリット①:取り扱い通貨数が少ない

SBIVCトレードのデメリット1つ目は、取り扱い通貨数が少ないことです。

ただし、

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(エックスアールピー)

など、良く聞く暗号資産は取り扱っていますので、「とりあえず暗号資産への投資を始めてみたい!」という人にとっては、特に問題ないでしょう。

デメリット②:マネーフォワードなど資産管理アプリとの連携ができない

SBIVCトレードのデメリット2つ目は、マネーフォワードなどの資産管理アプリに対応していないことです。

とはいえ、今は対応していませんが、いずれ対応されるでしょう。

デメリット③:毎週水曜日の12:00~13:00は週次メンテナンスで取引不可

SBIVCトレードのデメリット3つ目は、毎週水曜の昼休みは取引不可であることです。

取引時間は24 時間 365 日可能です。しかし

  • 毎週水曜日の12:00~13:00は週次メンテナンス
  • 不定期の臨時メンテナンス

はメンテナンスで取引できません。

平日の昼間なので、あまり気にする必要はないでしょう。

デメリット④:暗号資産取り扱い最小単位に気を付けて!

SBIVCトレードのデメリット4つ目は、暗号資産取り扱い最小単位に注意が必要なことです。

例えば、BTC(ビットコイン)なら、最小「0.0001BTC」ですが2022年4月13日時点の価格は「512円」であるため、積み立て金額が最小の「500円」になっていると、約定しません。

取扱単位最小発注/回最大発注/回2022.4/13価格最小単位を
購入できる金額
BTC
(ビットコイン)
0.00010.0001205116000¥512
ETH
(イーサリアム)
0.00010.0001200391850¥39
XRP
(リップル)
111,000,00091.922¥92
LTC
(ライトコイン)
0.00010.000150013471.5¥1
BCH
(ビットコイン
 キャッシュ)
0.00010.000120039155.5¥4
DOT
(ポルカドット)
0.0010.0015,0002309¥2
LINK
(チェーンリンク)
0.0010.0015,0001810¥2
SBIVCトレードの取り扱い銘柄と最小購入単位

したがって、積立で暗号資産を購入しようとするときは、多少余裕をもった積み立て金額を設定しましょう。

\ SBIVCトレードの口座開設はこちらから!/

参考リンクハピタスで貯めたポイントをVポイントにしてSBI証券で使おう!

SBIVCトレードの「シンプルモード」と「トレーダーモード」の違い

SBIVCトレード(新VCTRADE)には「シンプルモード」と「トレーダーモード」があります。

SBIVCトレードの「シンプルモード」

SBIVCトレードの「シンプルモード」
SBIVCトレードの「シンプルモード」のトップ画面

SBIVCトレードの「シンプルモード」では、左側にメニューがあり、右側に各暗号資産の現在の価格、保有資産残高をひと目で確認できるようになっています。

積み立てで投資していこう!という方は、「シンプルモード」だけで事足ります。

SBIVCトレードの「トレーダーモード」

SBIVCトレードの「トレーダーモード」
SBIVCトレードの「トレーダーモード」のトップ画面

SBIVCトレードの「トレーダーモード」では、まさにトレーダーが利用しそうな画面になっており、細かな設定や情報をタブごとに確認できるようになっています。

正直、トレードしない人にとっては不要です。

したがって、本記事では「シンプルモード」で解説していきます。

\ SBIVCトレードの口座開設はこちらから!/

参考リンクハピタスで貯めたポイントをVポイントにしてSBI証券で使おう!

SBIVCトレードの使い方

SBIVCトレード(新VCTRADE)の使い方をかんたんに画面付きで解説していきます。

SBIVCトレードの入金方法

SBIVCトレードの入金方法
SBIVCトレードの入金は「入出金」から可能

SBIVCトレードへ入金する方法は

  • 「入出金」メニューボタンをクリック
  • 振込元の金融機関を選択
  • 入金する金額を入力
  • 「金融機関サイトへ」ボタンをクリック

します。

SBIVCトレードの入金方法
入金確認画面が表示されます。

入金確認画面が表示されたら「金融機関サイトへ」ボタンをクリックして、金融機関のサイトへログインするだけ。

住信SBIネット銀行や楽天銀行をご利用なら、入金した金額が、SBIVCトレード口座へリアルタイムに反映されます。

SBIVCトレードの買い方

SBIVCトレードでは、暗号資産を、次の2つの方法で買付できます。

  • スポット買付
  • 積立買付

SBIVCトレードの実際の画面を見てみましょう!

スポット買付方法

SBIVCトレードの買い方
SBIVCトレードのトップ画面の「買う」メニューから暗号資産が買える

SBIVCトレードで暗号資産を買うには「買う」メニューから、購入したい暗号資産を選択して、画面右側の「買う」ボタンをクリックします。

SBIVCトレードの買い方
例えばBTC(ビットコイン)を購入する直前の確認画面

購入確認画面が表示されるので「確定する」をクリックします。

これだけで暗号資産を購入できます。

積立買付方法

SBIVCトレードで積み立て購入する方法
SBIVCトレードのトップ画面の「積立する」メニューから暗号資産を積立購入できる

SBIVCトレードで暗号資産を積立購入するには「積立する」メニューから、積立したい暗号資産を選択して「積立する」をクリックします。

積立設定の詳細は以下の表のとおりです。

項目内容
対象の暗号資産銘柄・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・XRP(エックスアールピー)
・LTC(ライトコイン)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・DOT(ポルカドット)
・LINK(チェーンリンク)
積立頻度・DAY(日次)
・WEEK(週次)
・MOUNTH(月次)
※各銘柄ごとに、各頻度の積立を1件ずつお申し込み可能です。
積立注文時間・DAY(日次) 毎日10時~
・WEEK(週次) 毎週火曜10時~
・MOUNTH(月次) 毎月28日10時~
※10時から順次注文処理が行われます。
積立金額500円以上200万円以下
※お申し込み時に円貨(1円単位)にてご指定ください。
積立期間・無期限
・DAY(日次):30日以上365日以下
・WEEK(週次):4週間以上52週間以下
・MOUNTH(月次):1か月以上12カ月以下
積立サービスとは?より
SBIVCトレードで積み立て購入する方法
例えばBTC(ビットコイン)を積立購入する直前の確認画面

積立購入確認画面が表示されるので「申し込む」をクリックします。

これだけで暗号資産を積立購入できます。

参考リンク積立サービスとは?

SBIVCトレードの売り方

SBIVCトレードの売り方
SBIVCトレードのトップ画面の「売る」メニューから暗号資産を売却できる

SBIVCトレードで暗号資産を売却するには「売る」メニューから、売却したい暗号資産を選択して「売る」をクリックします。

SBIVCトレードの売り方
例えばBTC(ビットコイン)を売却する直前の確認画面

売却確認画面が表示されるので「確定する」をクリックします。

これだけで暗号資産を売却できます。

SBIVCトレードの出金方法

SBIVCトレードの出金先設定方法
SBIVCトレードのトップ画面の「設定」メニュー-「プロフィール編集」から出金先金融機関を設定できる

SBIVCトレードで日本円を出金するには、まず出金先金融機関の設定が必要です。

「設定」メニューから、「プロフィール編集」をクリックして、再度ログイン認証します。

SBIVCトレードの出金先設定方法
お客様情報の中で「出金先口座」を登録できます

「出金先口座」が表示されますので、「登録」または「変更する」をクリックして、出金先口座を登録しましょう。

SBIVCトレードの出金方法
SBIVCトレードのトップ画面の「入出金」メニューから、日本円を出金できる

出金先口座の登録が終わったら、「入出金」メニューから、出金する金額を入力して「出金する」をクリックします。

SBIVCトレードの出金方法
SBIVCトレードの出金確認画面

出金確認画面が表示されるので「申し込む」をクリックします。

これだけで日本円を出金できます。

\ SBIVCトレードの口座開設はこちらから!/

参考リンクハピタスで貯めたポイントをVポイントにしてSBI証券で使おう!

SBIVCトレードの手数料

SBIVCトレードの手数料には、

  • 口座管理料
  • 入出金手数料
  • 入出庫手数料
  • 積立サービス利用料
  • 取引手数料

などの手数料がありますが、いずれも無料で利用できます。

口座管理料

項目現物取引
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
取引手数料無料
入出金手数料無料
入出庫手数料無料
SBIVCトレードの「口座管理料」

入出金手数料

項目手数料
法定通貨(JPY)入金無料
法定通貨(JPY)出金無料
SBIVCトレードの「入出金手数料」

なお、旧VCTRADEですと、住信SBIネット銀行での入出金だけが無料でしたが、新VCTRADEになって、どの金融機関からの入出金も無料となりました。

入出庫手数料

項目手数料
暗号資産入庫(預入)無料
暗号資産出庫(送付)無料
SBIVCトレードの「入出庫手数料」

積立サービス

暗号資産の積立にかかる手数料も無料です。

参考リンク【積立サービス】手数料はかかりますか

取引手数料

暗号資産の取り引きにかかる手数料も無料です。

参考リンクSBIVCトレード-手数料

\ SBIVCトレードの口座開設はこちらから!/

参考リンクハピタスで貯めたポイントをVポイントにしてSBI証券で使おう!

SBIVCトレードと他の取引所の比較

SBIVCトレードと他の取引所の比較すると、次の表のとおりです。

取引所SBI VCトレードCoincheckbitFlyerDMMBitcoinGMOコイン
取り扱い通貨数718141120
取引手数料無料無料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
取引所:-
販売所:無料
取引所:
Maker -0.01%,
Taker 0.05%
最低取引金額0.0001 BTC500円相当0.00000001 BTC0.0001 BTC0.00001 BTC
レバレッジ取引2倍×2倍2倍2倍
入金手数料
(日本円)
無料0~1018円住信SBIネット銀行
0円

住信SBIネット銀行以外
330円
無料無料
出金手数料
(日本円)
無料407円三井住友銀行
3万円未満:220円
3万円以上:440円

三井住友銀行以外
3万円未満:550円
3万円以上:770円
無料無料
入庫手数料
(暗号資産)
無料無料無料
出庫手数料
(暗号資産)
無料0.0005BTC0.0004BTC無料無料
マネーフォワード連携××
SBIVCトレードと他の取引所の比較一覧表

SBIVCトレードと、他の取引所との違いを簡単に解説していきましょう。

取扱通貨数比較

暗号資産SBI VCトレードCoincheckbitFlyerDMM
Bitcoin
GMO
コイン
BTC(ビットコイン)
ETH(イーサリアム)
ETC(イーサリアムクラシック)
BCH(ビットコインキャッシュ)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
XEM(ネム)
XLM(ステラルーメン)
BAT(ベーシックアテンショントークン)
OMG(オーエムジー)
XTZ(テゾス)
QTUM(クアンタム)
IOST(アイオーエスティー)
ENJ(エンジンコイン)
DOT(ポルカドット)
ATOM(コスモス)
PLT(パレットトークン)
XYM(シンボル)
MONA(モナコイン)
LSK(リスク)
FCT(ファクトム)
ADA(カルダノ)
MKR(メイカ―)
DAI(ダイ)
LINK(チェーンリンク)
718141120
取扱通貨数比較一覧表

SBIVCトレードでは、主要7つの暗号資産しか取引できません。

手数料比較

取引所SBI VCトレードCoincheckbitFlyerDMMBitcoinGMOコイン
取引手数料無料無料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
取引所:-
販売所:無料
取引所:
Maker -0.01%,
Taker 0.05%
入金手数料
(日本円)
無料0~1018円住信SBIネット銀行
0円

住信SBIネット銀行以外
330円
無料無料
出金手数料
(日本円)
無料407円三井住友銀行
3万円未満:220円
3万円以上:440円

三井住友銀行以外
3万円未満:550円
3万円以上:770円
無料無料
入庫手数料
(暗号資産)
無料無料無料
出庫手数料
(暗号資産)
無料0.0005BTC0.0004BTC無料無料
手数料比較一覧

SBIVCトレードの手数料無料が映えますね。

\ SBIVCトレードの口座開設はこちらから!/

参考リンクハピタスで貯めたポイントをVポイントにしてSBI証券で使おう!

SBIVCトレードをおススメする人5選

SBIVCトレードをおススメするのは、次の5パターンに該当する人です。

おススメする人①:仮想通貨取り引き初心者の人

仮想通貨(暗号資産)取引初心者の方は、BTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)などのメジャーなものから勉強していきたい、とお考えでしょう。

SBIVCトレードなら、低コストで、SBI証券同様、積立買付できるので、取っつきやすいので、仮想通貨初心者で経験値を積み上げていくのにおススメします。

おススメする人②:入出金手数料や取引手数料が安い取引所を探している人

SBIVCトレードでは、口座管理手数料が無料だけでなく、入出金や、他の取引所からの入出庫も無料です。

コストを減らして暗号資産取り引きをしたい人におススメ!

おススメする人③:毎週積立したい人

SBIVCトレードでは、他の取引所にはない「毎週積立」があります。

私も毎週BTC(ビットコイン)を積立していますが、ちょうど良いなと思った点は

  • BTC(ビットコイン)の最低取引単位0.0001BTCが500円超え
  • 毎日700円積立設定にしていると、21000円/月でリスクが高すぎるため、投信の方が良い
  • でも暗号資産積立して、値動きを体験したい
  • 毎週700円積立設定なら、2800円/月程度なので、ほったらかしにちょうど良い

という点です。

あなたも、今の自分にちょうど良い積立投資を見つけてみましょう。

おススメする人④:SBI証券+三井住友カードのクレカ積立している人

SBI証券+三井住友カードのクレカ積立

SBI証券+三井住友カードのクレジットカード積立投資を徹底解説!」でも解説していますが、最大30,000円相当の「XRP交換券」プレゼント!キャンペーンを実施しており、XRP交換券をXRP(暗号資産)に交換するためにSBIVCトレードの口座が必要になります。

ぬくぬくは、恐らく今後も類似したキャンペーンを実施していくだろうと予測しています。

口座開設には手間もかからず、スマホだけで開設できるので、もしSBI証券+三井住友カードでクレカ積立している人で、SBIVCトレード(新VCTRADE)の口座を開設していなければ、早めに開設しておきましょう!

おススメする人⑤:SBIホールディングス株を保有している人

SBIホールディングスの株を保有していると「株主優待」で、暗号資産XRPを2,000円相当受け取れるクーポンコード券を貰えます。

こちらも暗号資産XRPを受け取るにはSBIVCトレードの口座が必要なので、SBIホールディングスの株を今後保有する予定がある人、既に保有している人は開設しておきましょう。

\ SBIVCトレードの口座開設はこちらから!/

参考リンクハピタスで貯めたポイントをVポイントにしてSBI証券で使おう!

SBIVCトレードをおススメしない人1選

一方、SBIVCトレードをおススメしない人は、唯一、次のような人です。

おススメしない人①:色々な暗号資産に分散して投資したい人

SBIVCトレードでは、7種類の暗号資産しか取り扱っていません。

したがって、今すぐ色々な暗号資産に手を出したい人には向きません。

今後、取り扱う暗号資産も増えていくかもしれませんが、暗号資産自体にも、分散投資する時代がやってくるでしょう。

SBIVCトレードとしては、分散投資に値する暗号資産のみ取り扱っていくのかもしれませんね。

三井住友カード+SBI証券の共同キャンペーンXRP交換券を使ってみた

SBI証券+三井住友カードのクレカ積立
SBI証券+三井住友カードのクレカ積立キャンペーン

SBI VCトレードでは「SBI証券+三井住友カードのクレカ積立」で暗号資産XRPを配布するキャンペーンを実施しています。

実際に貰ったXRP交換券を、SBIVCトレードで使う流れを解説していきます。

XRP交換券利用ステップ①:メールが届く

三井住友カード+SBI証券の共同キャンペーンXRP交換券を使ってみた

ステップ①:メールが届く

2022年3月~6月の毎月月末あたりに、XRP交換券プレゼントメールが三井住友カードから届きます。

XRP交換券コード「XRP~」というコードは、XRP交換に必要なので、控えておきましょう。

「XRP交換券ご利用申込ページはこちら」から特設サイトへ移動します。

XRP交換券利用ステップ②:XRP交換券コード特設サイトへログイン

三井住友カード+SBI証券の共同キャンペーンXRP交換券を使ってみた

ステップ②:XRP交換券コード特設サイトへログイン

XRP交換券コード特設サイトへログインします。

アカウントはSBIVCトレードのメールアドレスとパスワードです。

XRP交換券利用ステップ③:XRP交換券コード等を入力して登録

三井住友カード+SBI証券の共同キャンペーンXRP交換券を使ってみた

ステップ③:XRP交換券コード等を入力して登録

  • メールに記載された「XRP交換券コード」
  • 氏名(漢字・カナ)
  • 生年月日

などを入力して「確認画面へ」ボタンをクリック。

三井住友カード+SBI証券の共同キャンペーンXRP交換券を使ってみた

確認画面が表示されるので「登録する」ボタンをクリック。

三井住友カード+SBI証券の共同キャンペーンXRP交換券を使ってみた

受付完了のダイアログが表示されますので「OK」をクリック。

三井住友カード+SBI証券の共同キャンペーンXRP交換券を使ってみた

SBIVCトレードのログイン画面に戻りますので、ログインします。

XRP交換券利用ステップ④:申し込み完了メールが届く

三井住友カード+SBI証券の共同キャンペーンXRP交換券を使ってみた

ステップ④:申し込み完了メールが届く

SBIVCトレードに登録してあるメール宛に、「XRP交換券コード」ご利用申し込み完了のお知らせというメールが届きます。

XRP交換券利用ステップ⑤:翌月1日基準価格で翌月中旬に貰える

XRP交換した結果が、SBIVCトレードに反映されるタイミングは次の表のとおりです。

翌月1日基準価格で翌月中旬に貰える、と考えておきましょう。

XRP交換券の利用申し込み期間レート換算日時XRP付与日程
第1回2022年4月1日(金)~4月30日(土)2022年5月1日(日)
6時59分59秒時点
2022年5月中旬
第2回2022年5月1日(日)~5月31日(火)2022年6月1日(水)
6時59分59秒時点
2022年6月中旬
第3回2022年6月1日(水)~6月30日(木)2022年7月1日(金)
6時59分59秒時点
2022年7月中旬
第4回2022年7月1日(金)~7月31日(日)2022年8月1日(月)
6時59分59秒時点
2022年8月中旬
SBI証券+三井住友カード「XRP交換券」キャンペーン日程
\ SBIVCトレードの口座開設はこちらから!/

参考リンクハピタスで貯めたポイントをVポイントにしてSBI証券で使おう!

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ7ステップ

SBIVCトレード(旧→新VCTRADE)かんたん口座開設の流れは次のとおりでした。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

ステップ①:旧VCTRADEから「かんたん申し込み」

旧VCTRADEへログインし「新「SBIVCトレード」かんたん申し込み」のバナーをクリックします。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

「申し込む」をクリックして先に進みます。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

ステップ②:認証番号を控える

「かんたん申し込みを受け付けました」メッセージが表示される画面に「認証番号」が表示されますので、控えます(後で使います)

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

ステップ③:メールが届く

すぐに「SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん申し込みのお手続きについて」メールが届きます。

メールに記載されているURLにアクセスします。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

ステップ④:認証番号を入力

かんたん申し込み完了後に表示された「認証番号」を入力して先に進みます。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

ステップ⑤:新VCTRADEのパスワードを設定

SBIVCトレード(新VCTRADE)で利用するパスワードを登録します。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

ステップ⑥:電話番号(SMS又は電話)認証

電話番号を入力して

  • SMS認証
  • 電話認証

のいずれかを選択して認証登録します。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

ステップ⑦:基本情報入力して登録

  • 国籍
  • 職業
  • サービス情報の案内メール(希望する・希望しない)

を入力して「次へ」をクリック。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

続けて「出金先口座情報」を入力して「登録」します。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

受付完了メッセージが表示されます。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

ステップ⑧:利用開始メールが届く

すぐに利用開始メールが届きます。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

利用開始メールが届けば、すぐにログイン可能です。

SBIVCトレード(新VCTRADE)かんたん口座開設の流れ

初回は、各種規約に承認が必要です。

\ SBIVCトレードの口座開設はこちらから!/

参考リンクハピタスで貯めたポイントをVポイントにしてSBI証券で使おう!

SBIVCトレード旧→新VCTRADEへ現金移管の流れ

SBIVCトレード(旧VCTRADE)の日本円を、SBIVCTRADE(新VCTRADE)へ、移管する機能が追加されています。

実際にやってみましたが、次の方法で、簡単に移管できるようになっています。

SBIVCトレード旧→新VCTRADEへ現金移管の流れ

ステップ①:SBIVCトレード(旧VCTRADE)の出金

以下のとおり操作します。

  • SBIVCトレード(旧VCTRADE)にログイン
  • 「出金」タブ
  • 「日本円移管」を選択
  • 「お客様の新VCTRADE口座」を選択
  • 出金する金額を入力
  • 「出金申請をする」ボタンをクリック

SBIVCトレード旧→新VCTRADEへ現金移管の流れ

ステップ②:取引パスワード入力

SBIVCトレード(旧VCTRADE)の取引パスワードを入力して「出金申請を完了する」をクリック。

SBIVCトレード旧→新VCTRADEへ現金移管の流れ

出金依頼を受け付けました、が表示されれば申請は完了です。

翌営業日以降に、SBIVCトレード(新VCTRADE)口座に着金します。

SBIVCトレード口座の解約方法

SBIVCトレード口座の解約方法は次の3ステップで可能です。

口座解約ステップ①:資産を0にする

暗号資産や日本円の残高がある場合、解約手続きが行えませんので、残高をゼロにします。

口座解約ステップ②:フォームによるお問い合わせから解約申請

SBIVCトレード口座の解約方法

フォームによるお問い合わせから、「リクエストを送信」をクリック。

口座解約ステップ③:口座解約を選択して送信

SBIVCトレード口座の解約方法

リクエスト概要に「口座解約」を選択し、「解約理由」に理由を入力して「送信」します。

これで口座解約できます。

参考リンク口座解約(退会)の手続きについて

暗号資産に興味があるなら「SBIVCトレード」で始めてみては?

SBIVCトレードがどんな口座かご理解いただけましたでしょうか?

画像付きなので、何となくのイメージは掴めたかと思います。

統合後の「新VCTRADE」の「シンプルモード」であれば、直感的なUIになっていて、使いやすいように改善されていると思います。

手数料も他の取引所と違って概ね無料で利用できますので、

  • 暗号資産のとっかかりを探している
  • SBI証券で投資していて、SBIグループの今後に期待している

なんて人は、とりあえず開設してみてはいかがでしょうか?

ただし、「資産運用・資産形成」としての観点では「NISA」や「iDeCo」の方が圧倒的に先です。

暗号資産の売却益は雑所得になり、税制優遇が全くありません。

また、値動きの上下が不規則で、現在ではあまり一貫性が無く、リスクが高すぎますので、資産運用・資産形成的な観点では向いていません。

ぬくぬくは、「趣味の範囲」で「投資金額は”消費”したもの」として、既に自分のお金でない感覚です。

あなたも、暗号資産に興味があれば、SBIVCトレードでスモールスタートしてみてはいかがでしょうか?

\ SBIVCトレードの口座開設はこちらから!/

参考リンクハピタスで貯めたポイントをVポイントにしてSBI証券で使おう!

SBI証券+三井住友カードのクレカ積立を詳しく知りたい方は「SBI証券+三井住友カードのクレジットカード積立投資を徹底解説!」をご覧ください。

同じSBIグループの「SBI証券」を詳しく知りたい方は「『SBI証券』で投資信託・米国ETF投資の完全ガイド!画像65枚で解説!」をご覧ください。

同じSBIグループの「住信SBIネット銀行」を詳しく知りたい方は「5分で分かる!機能性抜群の「住信SBIネット銀行」をおススメする人5選」をご覧ください。

資産運用については「誰でもできる!家計の見直しや資産運用の始め方から出口戦略のまとめ」にまとめていますので、是非ご覧ください。

誰でもできる!家計の見直しや資産運用の始め方から出口戦略のまとめ
年間400万円を増やしているぬくぬくが、誰でもかんたんにできる「家計の見直し方法」「資産運用方法」「節約方法」をまとめています。あなたもこれを見て老後2000万問題に備えていきましょう!

以上、ご参考になれば幸いです。

資産運用
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
スポンサーリンク
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました