iDeCoの金融機関(運営管理機関)を変更すべき人3選とデメリット7つ

iDeCoの金融機関(運営管理機関)を変更すべき人3選とデメリット7つ
スポンサーリンク

 現在加入しているiDeCoの金融機関(運営管理機関)の商品や手数料に納得いかなくて、変更にお悩みではありませんか?

  • 金融機関(運営管理機関)の変更のデメリットって何?
  • 移換の方法は?
  • 金融機関変更期間は、退職所得控除に影響しないの?

こんなお悩みにお答えします。

iDeCoの金融機関(運営管理機関)の変更って、難しそうですよね。

この記事ではiDeCoの運営管理機関の変更(運営管理機関の変更)と移換について解説します。

ぬくぬく
ぬくぬく

ぬくぬくもつい最近、iDeCoの商品があまりよろしくないことに気づきました。。。

本記事でわかること
  • iDeCoの金融機関変更のデメリット7点
  • iDeCoの金融機関を変更すべき人3選
  • iDeCoの金融機関変更の流れ4ステップ
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする

 5分くらいで、iDeCoの金融機関変更のデメリットや、移換方法を理解できますので、ご一読いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

iDeCoの金融機関変更のデメリット7点

iDeCoの金融機関変更のデメリット7点
  • iDeCoの金融機関変更完了まで1.5~3か月かかる
  • 暴落が怖いならiDeCoの金融機関変更申込前に定期預金に変更が必要
  • 紙での申し込みになる(ネットだけで完結できない)
  • 手数料がかかる
  • 移管前の金融機関(運営管理機関)で全資産売却して現金化→移管先商品の買いなおし
  • 簿価ではなく、時価での移管になる
  • 積立情報(運用利回りなど)がリセットされる

 iDeCoの金融機関を変更するデメリットは7点あります。

 iDeCoの金融機関変更のデメリットを理解したうえで、切り替えましょう!

デメリット①:iDeCoの金融機関変更完了まで1.5~3か月かかる

 iDeCoの金融機関変更には、1.5~3か月の期間がかかります。

 iDeCoの金融機関変更に時間がかかることで、気になるのが「退職所得控除の計算に影響するか?」という点ですよね。

金融機関変更時の2~3か月間は、iDeCo受け取り時の退職所得控除計算の月に含まれる?含まれない?

 iDeCoの運用結果、一時金で受け取るか、年金として受け取るかを検討した時、多くは一時金として受け取って、退職所得控除の適用を受けるのがお得です。

 退職所得控除の計算根拠として「掛金拠出年数」が多ければ多いほど控除額が大きくなります。

勤続年数退職所得控除額
20年以下40万円 × iDeCo掛金拠出年数
(80万円に満たない場合には、80万円)
20年超800万円 + 70万円 × (iDeCo掛金拠出年数 – 20年)
(出典)国税庁:3 退職所得控除額の計算方法より

 iDeCoは、12月分~翌年11月分(1~12月の納付月)までの期間で掛金を拠出していれば、1年と換算されますので、iDeCoの金融機関変更による影響はありません。

 iDeCoの移換と同時に金融機関(運用機関)を変更することも多いと思いますが、考え方は同じで、退職所得控除に対する影響はありません。

デメリット②:暴落が怖いならiDeCoの金融機関変更申込前に定期預金に変更が必要

 iDeCoの金融機関変更にかかる期間が1.5~3か月になるため、変更期間中に暴落する可能性もありえます。

 iDeCoの金融機関変更を決めたら、事前に所持している商品を、徐々に定期預金へ変えておきましょう

 具体的には、1週間毎や1か月毎に、一定の割合で定期預金へスイッチングしていくことで、ドルコスト平均法で買付ではなく、売却していくイメージです。

デメリット③:紙での申し込みになる(ネットだけで完結できない)

 iDeCoの金融機関変更は、ネットだけで完結できず、紙による申し込みになります。

 iDeCoの金融機関変更の申請書はiDeCo⇔企業型確定拠出年金(企業型DC)の移管5パターンを解説!で解説していますのでご覧ください。

デメリット④:手数料がかかる

 SBI証券でも楽天証券でも、運営管理機関変更手数料4400円がかかります

デメリット⑤:移換前の金融機関(運営管理機関)で全資産売却して現金化→移管先商品の買いなおし

 iDeCoを金融機関を変更する場合、移換元の金融機関(運営管理機関)で売却・現金化された後に、移管先の金融機関(運営管理機関)の定期預金や金融機関の采配で商品が購入されます。

 移換先に同じ投資商品があっても、改めて買いなおしが必要になります。

デメリット⑥:簿価ではなく、時価での移換になる

 iDeCoの金融機関変更では、いったん売却され、移管先商品の買いなおしなので、簿価ではなく、時価での移換になります。

 なお、iDeCo移換に伴う売却益は非課税です。

デメリット⑦:積立情報(運用利回りなど)がリセットされる

 iDeCoの金融機関を変更すると、これまでの積立額と積立額に対する損益や運用利回りの情報がリセットされるので、1からiDeCoを始めることになります。

 損益+〇〇円とか、利回り+〇%とかの情報が0になるだけで、移換元で売却して取得した積立金がリセットされるわけではありません。

iDeCoの金融機関を変更すべき人3選

iDeCoの金融機関を変更すべき人3選
  • 口座管理手数料が無料じゃない
  • 商品の品揃えが悪く、信託報酬が高すぎる
  • 加入していた運営管理機関が倒産した人・倒産しそうな人

iDeCoの金融機関を変更すべき人は次の3パターンに該当する人です。

金融機関変更すべき人①:運営管理機関の口座管理手数料が無料じゃない

 SBI証券や楽天証券の口座管理手数料(運営管理機関分)は0円です。

 一方、例えば、ゆうちょ銀行などは259円/月、山口銀行は363円/月かかります。

 もし、現在iDeCoを運用している金融機関の口座管理手数料が0円じゃ無い場合は、金融機関を変更すべきです。

金融機関変更すべき人②:商品の品揃えが悪く、信託報酬が高すぎる

 現在iDeCoを運用している金融機関で購入できる商品の品ぞろえが悪くて、信託報酬が0.5%を超えるような商品しかない場合は、1日でも早く金融機関を変更しましょう。

 それ、ぼったくりもイイトコっスよ。

 信託報酬の影響は、毎日引かれる『信託報酬』を計算シミュレーション!買い替え目安も解説!で詳しく解説していますので是非ご覧ください。

金融機関変更すべき人③:加入していた運営管理機関が倒産した人・倒産しそうな人

 iDeCoの運営管理機関が倒産しても、「証券会社等の分別管理」のルールに基づき、我々の資産は守られます。

 しかし、倒産した・倒産しそうな運営管理機関は、往々にして人気が無い・取扱商品が酷いことが多いですので、金融機関を変更しましょう。

iDeCoの金融機関変更の流れ4ステップ

iDeCoの金融機関変更の流れ4ステップ
  • 資料請求
  • 自宅に届いた申込書類を提出
  • ID・パスワード受領
  • 運用開始

 実際にiDeCoの金融機関を変更(移換)する方法について、SBI証券・楽天証券を想定して解説していきます。

金融機関変更ステップ①:資料請求

 iDeCoの金融機関を変更(移換)するには、移換先の金融機関でiDeCo加入の資料請求を行います。

\ おススメiDeCoのSBI証券公式はコチラ /

金融機関変更ステップ②:自宅に届いた申込書類を提出

 自宅に申込書類が届きますので、必要事項を記入して、同封されてくる返信用封筒に入れて返送します。

 iDeCoの金融機関変更の申請書はiDeCo⇔企業型確定拠出年金(企業型DC)の移管5パターンを解説!で解説していますのでご覧ください。

金融機関変更ステップ③:ID・パスワード受領

 変更後の金融機関(運営管理機関)からのID・パスワードが届きます。

 届く時期は申込書類が変更後の金融機関に届いたタイミングによって異なります。

申込書類到着時期ID・パスワード到着時期
毎月1~5日到着分翌月の中旬
毎月6~月末到着分翌々月の中旬
iDeCo金融機関変更でID・パスワードが届くタイミング

金融機関変更ステップ④:運用開始

 ID・パスワードが届いた時点で、金融機関変更後のiDeCo掛金の配分を設定できるようになります。

 運用開始時期は、申込書類が変更後の金融機関に届いたタイミングによって異なります。

タイミング時期
移換資産の入金タイミング申請書類到着から1.5~3か月程度
既に掛金の拠出がある場合の
運用開始時期
毎月1~5日到着分:翌月26日引落分から
毎月6~月末到着分:翌々月26日引落分から
初回掛金引落時期毎月1~5日到着分:翌月26日引落分から
毎月6~月末到着分:翌々月26日引落分から(2か月分掛金引落)
iDeCo金融機関変更に伴う運用開始・掛金取り扱いタイミング

\ ぬくぬくも愛用するSBI証券のiDeCo公式 /
【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

iDeCoの金融機関(運営管理機関)を変更すべき人3選とデメリット7つ まとめ

 いかがでしたでしょうか?

 それでは、iDeCoの金融機関(運営管理機関)の変更について簡単にまとめます。

 iDeCoの金融機関(運営管理機関)変更に伴うデメリットは次の7点です。

iDeCoの金融機関変更のデメリット7点
  • iDeCoの金融機関変更完了まで1.5~3か月かかる
  • 暴落が怖いならiDeCoの金融機関変更申込前に定期預金に変更が必要
  • 紙での申し込みになる(ネットだけで完結できない)
  • 手数料がかかる
  • 移管前の金融機関(運営管理機関)で全資産売却して現金化→移管先商品の買いなおし
  • 簿価ではなく、時価での移管になる
  • 積立情報(運用利回りなど)がリセットされる

 iDeCoの金融機関(運営管理機関)変更のデメリットを受けたとしても変更すべきなのは次の3パターンに該当する人です。

iDeCoの金融機関を変更すべき人3選
  • 口座管理手数料が無料じゃない
  • 商品の品揃えが悪く、信託報酬が高すぎる
  • 加入していた運営管理機関が倒産した人・倒産しそうな人

 iDeCoの金融機関変更は次の4ステップで、完了まで1.5か月3か月の期間が必要です。

iDeCoの金融機関変更の流れ4ステップ
  • 資料請求
  • 自宅に届いた申込書類を提出
  • ID・パスワード受領
  • 運用開始

 以上、参考になれば幸いです。

 iDeCo加入にあたって、SBI証券か楽天証券でお悩みなら「iDeCo」とは?始めるならSBI証券と楽天証券、どっちがいい?が参考になります。

 iDeCo⇔企業型確定拠出年金(企業型DC)の移換を知りたい方は「iDeCo⇔企業型確定拠出年金(企業型DC)の移管5パターンを解説!」が参考になります。

 「資産運用」「投資」について深く知りたい方30代でも遅くない!「資産運用」「投資」の始め方15ステップ!にまとめていますので是非ご一読ください!

あわせて読みたい
  1. 手取り収入を4分割すると投資を始められる家計の収支バランスが分かる!マネーセンスカレッジのQGSのススメ
  2. 1年で400万増えた!家計簿アプリの定番「マネーフォワードME」で資産管理【スプレッドシート付】
  3. おひとり様なのに生命保険・医療保険に加入とか、ずいぶん裕福ですね。
  4. マネーリテラシーが無くて1000万円損してた!後悔したこと6つ
  5. 格安SIMは2択!速度なら「UQモバイル」家族割なら「Yモバイル」
  6. UQモバイルを徹底解説!スマホ代節約+通信速度の両立でおススメ!
  7. 楽天銀行×楽天カード×楽天証券はぐうたら怠け者の味方だった!
  8. 『三井住友カードナンバーレス』を解説!年会費無料でコンビニ愛用者必携!
  9. VISAタッチなどのコンタクトレス決済とGooglePayの有効活用まとめ
  10. KyashCard/Lite(旧Kyashリアルカード)/Virtualを徹底比較!
  11. ネット銀行を徹底比較!オススメは住信SBIネット銀行と楽天銀行だ!
  12. SBI証券×住信SBIネット銀行を口座開設するメリットとデメリット
  13. その名のとおり!今の生活を守る「生活防衛資金」はいくらあればいい?
  14. 【初心者向け】ネット証券会社を徹底比較!失敗しない証券会社の選び方
  15. 手数料無料で投資を自動化するマイ金融システムの作り方
  16. つみたてNISA⇔一般NISAの勘定(区分)変更で注意すべき13点
  17. SBI証券で「つみたてNISA」から「一般NISA」に区分変更してみた!
  18. 「iDeCo」とは?始めるならSBI証券と楽天証券、どっちがいい?
  19. 私が日本株でなく米国株(ETF)へ投資を始めた6つの決め手
  20. 投資信託は「何日」「何曜日」に売買するのが高パフォーマンスになる?
  21. ほったらかしはダメ!「リバランス」で投資効率を最大化する方法
  22. 資産運用の出口戦略「4%ルール」で老後資金を取り崩せる証券会社は?

資産運用
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
スポンサーリンク
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました