【TIPS】ふるさと納税した結果が反映されているか確認する方法

ふるさと納税した結果が反映されているか確認する方法
スポンサーリンク

ふるさと納税したら、納税した金額-2,000円分が、翌年の所得税や住民税から差し引かれるのはご存知でしょう。

ふるさと納税した結果が反映されているか確認する方法は?

こんなギモンにお答えします。

本記事をご覧の方は

  • 前年にふるさと納税した
  • 住民税の決定通知書が届いた
  • ふるさと納税した結果が反映されているか確認したい

という方が多いのではないでしょうか。

本記事では、ふるさと納税した結果が反映されているかを確認する2つの方法をご紹介します。

ぬくぬく
ぬくぬく

ぬくぬくが毎年確認している方法をご紹介しますよー

本記事でわかること
  • 「確定申告書」と「住民税決定通知書」で確認する方法
  • 「ふるさと納税額」と「所得税率」で計算する方法
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする

住民税決定通知書や確定申告書の内容を入力して、パパっと確認してみてください。

スポンサーリンク

「ふるさと納税額」と「所得税率」で計算する方法

ふるさと納税が反映されているかを「ふるさと納税額」と「所得税率」で確認する方法は、次の方法で確認できます。

  • 所得税から控除された金額=(ふるさと納税額-2,000円)×所得税率×1.021 を算出
  • 住民税からの控除額を確認する
  • 所得税からの控除+住民税からの控除=ふるさと納税額(自己負担2,000円分除く)となっているか確認する
実際に計算してみよう
ふるさと納税額(円)
  ×
所得税率(%)
  ×
 1.021(復興特別所得税)
  +
住民税税額控除額(市民税)
  +
住民税税額控除額(県民税)
  - 2,000円
  ≒
ふるさと納税額・・・0

※所得税率は以下の表から確認。

課税される所得金額税率
1,000円 から 1,949,000円まで5%
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%
40,000,000円 以上45%
国税庁「No.2260 所得税の税率」より

「確定申告書」と「住民税決定通知書」で確認する方法

ふるさと納税が反映されているかを「確定申告書」と「住民税決定通知書」で確認する方法は、次の5ステップで確認できます。

  • 課税所得を確認する
  • 国税庁で所得税率を確認する
  • 所得税からの控除額を確認する
  • 住民税からの控除額を確認する
  • 所得税からの控除+住民税からの控除=ふるさと納税額(自己負担2,000円分除く)となっているか確認する

ステップ①:課税所得を確認する

確定申告書の第二表
確定申告書の第二表

課税所得=(A)所得金額等合計ー(C)所得から差し引かれる金額合計

ふるさと納税反映確認ステップ①では、確定申告書の

  • (A)・・・所得金額等合計(⑫)
  • (C)・・・所得から差し引かれる金額合計(㉙)

の金額を確認して、課税所得を確認します。

実際に計算してみよう
(A)・・・所得金額等合計(円)
(C)・・・所得から差し引かれる金額合計(円)
課税所得(A-C)・・・0

ステップ②:国税庁で所得税率を確認する

課税される所得金額税率
1,000円 から 1,949,000円まで5%
1,950,000円 から 3,299,000円まで10%
3,300,000円 から 6,949,000円まで20%
6,950,000円 から 8,999,000円まで23%
9,000,000円 から 17,999,000円まで33%
18,000,000円 から 39,999,000円まで40%
40,000,000円 以上45%
国税庁「No.2260 所得税の税率」より

ふるさと納税反映確認ステップ②では、ステップ①で確認した課税所得をもとに、国税庁HPで所得税率を確認します。

例えば、課税所得500万円の場合、所得税率は20%になります。

ステップ③:所得税からの控除額を確認する

所得税からの控除額=(B)寄付金控除額×所得税率

ふるさと納税反映確認ステップ③では、ふるさと納税したうち、所得税から控除された金額を確認します。

確定申告書の「寄付金控除額」に、ステップ②で確認した所得税率を掛ければ、ふるさと納税したうち、所得税から控除された金額を確認できます。

実際に計算してみよう
(B)・・・寄付金控除額(円) × 所得税率(%)
=①所得税からの控除額(円)・・・0

ステップ④:住民税からの控除額を確認する

住民税決定通知書

住民税決定通知書
住民税決定通知書

住民税決定通知書(給与)

住民税決定通知書
住民税決定通知書(給与)

住民からの控除額=(D)寄附金税額控除額等(市民税)+(E)寄附金税額控除額等(県民税

ふるさと納税反映確認ステップ④では、ふるさと納税したうち、住民税から控除された金額を確認します。

毎年6月に受け取る「住民税決定通知書」に記載されている

  • (D)寄附金税額控除額等(市民税)
  • (E)寄附金税額控除額等(県民税)

を足した額が、住民税からの控除額になります。

実際に計算してみよう
(D)・・・寄附金税額控除額等(市民税)
(E)・・・寄附金税額控除額等(県民税)
= ②住民税からの控除額・・・0

ステップ⑤:所得税からの控除+住民税からの控除=ふるさと納税額(自己負担2,000円分除く)となっているか確認する

ふるさと納税反映確認ステップ④では、

  • ステップ③で確認した所得税からの控除
  • ステップ④で確認した住民税からの控除

を合計して

ふるさと納税額(自己負担2,000円分除く)となっているか確認します。

実際に計算してみよう
①・・・所得税からの控除額(円)
②・・・住民税からの控除額(円)
= ふるさと納税額(自己負担2000円分除く)・・・0

まだ未確認の方は、是非確認してみよう!

本記事で、ふるさと納税が反映されているか確認すると、「住民税の前払い」と言われるゆえんを実感できるのではないでしょうか。

もし、まだ未確認の方は、是非確認してみましょう!

おススメのふるさと納税コスパランキング一覧

\ 楽天ふるさと納税はコチラから! /

ふるさと納税の返礼品でお迷いなら以下のリストからお選びいただくのも良いかと存じます。

<楽天ふるさと納税ランキング記事一覧>

以上、ご参考になれば幸いです。

資産運用
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
スポンサーリンク
超高齢化社会の生き抜き方
タイトルとURLをコピーしました