無償版G Suiteが2022年5月に廃止!?gmailなどGoogleアカウントへの影響は?

スポンサーリンク

2022年1月20日に、Googleが無償版G Suiteの終了を予告 5月1日までに有償Google Workspaceにアップグレードをというニュースが出ました。

普段、GmailやスプレッドシートなどのGoogleのサービスを利用している人は、無償版G Suiteの対象では?と危機感を覚えた方も多いのではないでしょうか。

Googleアカウント(~@gmail.com)を個人で利用しているけど影響あるの?

こんなギモンにお答えします。

本記事をご覧の方は

  • メールはgmailを利用している
  • 表計算ソフトはスプレッドシートを利用している
  • クラウドストレージはGoogleDriveを利用している
  • その他、Googleサービスを利用している

という方が多いのではないでしょうか。

本記事では、2022年5月1日から廃止になる無償版G Suiteの影響について解説します。

ぬくぬく
ぬくぬく

ぬくぬくも、gmail、スプレッドシート、Googleカレンダー、アナリティクス、Keep、ドライブなど、利用しているGoogleサービスに影響があるんじゃないかと焦りました。

本記事でわかること
  • 2022年5月1日から廃止になる無償版G Suiteの影響
  • Googleアカウント(~@gmail.com)」への影響
  • 無償版G Suiteを使っているかの確認方法
  • 「Googleアカウント」と「無償版G Suite」の違い
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする

30秒くらいで、2022年5月1日から廃止になる無償版G Suiteの影響がわかりますので、ご一読いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

結論!「Googleアカウント(~@gmail.com)」への影響は無し!

結論から言いますと、個人で利用しているGoogleアカウント(~@gmail.com)は、2022年5月1日の無償版G Suite廃止の影響ありません

○○@gmail.com (無料版Gmail)は、無償版G Suite ではないので影響をうけません。

Googleアカウントヘルプ「従来の無償版G Suiteのサービス終了の影響について」より

無償版G Suiteを使っているかの確認方法

2022年5月1日から廃止になる無償版G Suiteを使っているかは、かんたんに確認できます。

そもそも無償版G Suiteとは

無償版G Suiteは、独自ドメイン(~@●●.co.jpなど)で、GmailなどのGoogleサービスを利用するプロダクトです。

Googleアカウント(~@gmail.com)では利用できません。

無償版G Suite利用条件
  • 独自ドメインを取得
  • 取得した独自ドメインでG Suiteの無償版(旧Google Apps)を契約

従って、2022年5月に廃止される無償版G Suiteは上記のように、独自ドメインを取得して、無償版G Suiteを契約した方にのみ影響があります。

無償版G Suiteを利用しているか確認する方法

無償版G Suiteを利用しているか確認する方法は、https://admin.google.comにアクセスして「~@[独自ドメイン]」でログインします。

無償版G Suiteを利用しているか確認する方法
無償版G Suiteを利用していない場合の画面

「admin.google.com は Google Workspace アカウントでのみ使用できます。通常の Gmail アカウントでは admin.google.com にログインできません。」という画面が表示された場合、G Suite・Google Workspaceを利用していない、ということになります。

「Googleアカウント」と「無償版G Suite」の違い

Googleアカウント
(~@gmail.com)
無償版G Suite
(~@[独自ドメイン])
Google Workspace
Starter
(~@[独自ドメイン])
2022年5月廃止の影響無し廃止無し
アカウント~@gmail.com~@[独自ドメイン]~@[独自ドメイン]
月額料金
(1ユーザーあたり)
無料無料748円(税込)
利用可能人数110300
Gmail
Googleカレンダー
連絡先
GoogleChrome
Googleフォト
ドライブ15GB15GB30GB
ドキュメント
スプレッドシート
スライド
Keep
Jamboard
ハングアウト
GoogleMeet
フォーム
サイト
Googleアナリティクス
GoogleSearchConsole
GoogleAdSense
データポータル
「Googleアカウント」と「無償版G Suite」の違いと2022年5月廃止の影響一覧

もし無償版 G Suiteを使っていたら?

従来の無償版 G Suite サブスクリプションを引き続き利用することはできますか?
いいえ。従来のすべての無償版 G Suite サブスクリプションは、Google Workspace サブスクリプションにアップグレードする必要があります。お客様のニーズに合った Google Workspace エディションにアップグレードすることをおすすめします。2022 年 5 月 1 日までにアップグレードしなかった場合は、おすすめのサブスクリプションに自動でアップグレードされます。

GoogleWorkspaceヘルプ「従来の無償版 G Suite からのアップグレード」より

もし、無償版G Suiteを利用していた場合、自動でアップグレードされます。

ただし、2022年7月1日までに、GoogleWorkspaceの支払い情報を設定しないと、一時停止の状態になります。

個人利用の「Googleアカウント(~@gmail.com)」は影響無しで、一安心。

個人で利用しているGoogleアカウント(~@gmail.com)は、2022年5月1日の無償版G Suite廃止の影響がないことが分かって一安心しました。

Googleフォトの容量無制限利用の規約が変わったりなど、良いサービスは代わりがちで、今回も杞憂してしまったのですが、引き続きgmailなどは利用できそうです。

他にも技術的な記事を書いていますので、よろしければご覧ください。

クレジットカードやキャッシュレス、マイナンバー等のまとめ
日々の情報で役立つ「マイナンバー」や「クレジットカード」、「キャッシュレス決済」から「区画整理」まで、様々なお得情報をまとめています。

雑記
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
スポンサーリンク
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました