墓じまいの費用対効果は?損益分岐点は50~100年後です。

墓じまいの費用対効果は?損益分岐点は50~100年後です。
スポンサーリンク

終活で後世に負担をかけないために「墓じまいしたい」と考える人が増えています。

最近よく聞くけど、墓じまいって何?

墓じまいしたいけどどうしたらいいの?

こんなお悩みにお答えします。

墓じまいをお考えの方は

  • お墓が遠くて疎遠で、管理ができない
  • 管理コストや運用コストに疑問に思っている
  • 別にお墓はいらない
  • 自分も入ろうと思わない

という方が多いのではないでしょうか。

この記事では墓じまいするためには何をするのか、そもそも墓じまいすべきなのかのお悩みを解決します。

ぬくぬく
ぬくぬく

ぬくぬくも墓じまいを検討しましたよー

本記事でわかること
  • 墓じまいとは?
  • 墓じまいの流れ費用
  • 墓じまいすべきか否か!?
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする

3分ほどで墓じまいの方法や費用、本当に墓じまいすべきかを決める材料を集めていますので、ご一読いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

墓じまいとは?

墓じまいとは「遺骨を既存のお墓から新しい場所に移し、お墓を片付けて更地にし、墓地の管理者に返還すること」です。

墓じまいにかかる費用はいくら?

墓じまいにかかる費用

墓じまいにかかる費用は次のとおりです。

墓じまいに必要な費用相場
  • 一般墓の墓じまい  :280万円~550万円
  • 永代供養墓に墓じまい:85万円~140万円

内訳はつぎのとおりです。

墓じまいにかかる費用一覧表
⇧クリックすると画像を拡大できます⇧

主に次の2種類の費用がかかります。

  • 離檀にかかる(今の菩提寺を離れる)費用
  • 改葬にかかる(遺骨の引っ越し)費用

①離檀にかかる(今の菩提寺を離れる)費用

墓じまいするには離檀する必要があります。

詳しくは離檀は本当に必要か?離檀したら葬儀や法事の読経などはどうしたら?でご確認ください。

費用項目何をする?費用相場備考
お墓・墓石の撤去費用お墓を更地にします1㎡あたり10万円程度
遺骨の取り出し遺骨を墓石から取り出します4万円/1柱前後石材店へ依頼
お寺へのお布施お墓の閉眼供養
(お墓から魂抜き)
1~5万円程度
離檀料お墓をお寺に管理してもらっていた
とき離檀する
数万から数十万あくまで慣習。
法的根拠は無し
改葬許可申請書役所または墓地管理者から
改葬許可申請書に押印いただく
遺骨数(柱分)
分必要
・埋葬証明書
 または
・納骨証明書
の発行手数料
お墓の管理者(お寺の場合お寺)
から
埋葬証明書(納骨証明書)を貰う
400~1500円/1通埋葬証明書

②改葬にかかる(遺骨の引っ越し)費用

費用項目何をする?費用相場備考
改葬後の
お墓の準備
改葬後(引っ越し先)のお墓
を準備する
一般墓:200~300万円
永代供養墓:10~50万円/柱
埋骨費用お墓に埋葬する3万円程度永代供養墓は
埋骨費用はない
(永代供養料に含む)
お寺へのお布施お墓の開眼供養
(お墓から魂入れ)
1~5万円程度
維持管理費お寺や霊園などの
管理者に手入れをしてもらう
1~3万円程度永代供養墓に
維持管理費はない

墓じまいを費用対効果を期待するなら、ポイントは「維持管理費」です。

一般墓は、お墓の準備で数百万かかり、維持管理費がかかります。

永代供養墓は、遺骨の数に応じて費用が増えますが、維持管理費がかかりません。

たとえば、現在、一般墓で、毎年菩提寺へ3万円を支払っていて、遺骨が1柱納骨されているなら、約20年で元が取れます。

墓じまいの流れ6ステップ

墓じまいの流れ6ステップ
  • 遺骨の新しい納骨先を決定し「受入証明書」を取得する
  • 現在の霊園や寺院へ連絡(離檀)
  • 市区町村役場で「改葬許可証」を取得
  • 現在のお墓に「改葬許可証」を提示して法要・遺骨の取り出しを行う
  • お墓を更地に戻す
  • 新しい墓地へ「納骨」「開眼供養」を行います

次の6ステップで墓じまいできます。

墓じまいステップ①:遺骨の新しい納骨先を決定し「受入証明書」を取得する

新しいお墓を決めて「受入証明書」を取得します。

永代供養墓を契約する場合は次の費用がかかります。

項目費用
永代供養墓の刻字3万円
永代供養料(単独墓)30~100万(相場は40万円)/柱
永代供養料(集合墓)10万~30万(相場は20万円)/柱
永代供養料(合祀墓)3万~10万/柱

他にも「納骨堂」「樹木葬」「散骨」「手元供養」などがあります。

詳しくはお墓は不要!?永代供養を選択して後悔する「期限」と「改葬不可」をご覧ください。

墓じまいステップ②:現在の霊園や寺院へ連絡(離檀)

現在の霊園や寺院へ墓じまいの理由をお伝えし

「埋葬証明書」を受領します。

墓じまいステップ③:市区町村役場で「改葬許可証」を取得

市区町村役場で「改葬許可申請書」を取得して

  • 改葬許可申請書
  • 埋葬証明書
  • 受入証明書

を合わせて市区町村へ提出し「改葬許可証」を取得します。

墓じまいステップ④:現在のお墓に「改葬許可証」を提示して法要・遺骨の取り出しを行う

ここでようやく遺骨を取り出しできます。

合わせて「閉眼供養」を行って、遺骨の取り出しを行います。

なお、浄土真宗では閉眼供養は無く「遷仏法要(遷座法要)」となりまう。
「故人は亡くなったときに極楽浄土へ還られる」という教えで、お墓に宿るという考えがないためです。

墓じまいステップ⑤:お墓を更地に戻す

お墓は更地にしてお返しする必要があります。

石材店へ依頼しておきます。

墓じまいステップ⑥:新しい墓地へ「納骨」「開眼供養」を行います

新しい墓地の管理者へ「改葬許可証」提示して、開眼供養・納骨を行います。

ぬくぬく
ぬくぬく

思った以上に手間がかかりますねー。

墓じまいするかしないかの損益分岐点

もう一度、墓じまいにかかる費用の一覧を見てみましょう。

内訳はつぎのとおりです。

墓じまいにかかる費用一覧表
⇧クリックすると画像を拡大できます⇧

ポイントは維持管理費用で、これが永代供養墓の初期費用をいつ回収できるかです。

では、

  • 一般墓で毎年1万円・3万円の維持管理費を支払った場合
  • 永代供養墓で初期費用140万円を回収できるのがいつか

をグラフで見てみましょう。

墓じまいするかしないかの損益分岐点

墓じまいして費用対効果が現れるのは、損益分岐点である「2070年~2160年」であることが分かります。

ぬくぬく
ぬくぬく

ぬくぬくはこれを見て墓じまいしないことにしました。

墓じまいの費用対効果は?損益分岐点は50~100年後です。 まとめ

墓じまいには100万円以上の費用がかかります。

もし墓じまいを「費用の観点のみ」でお考えの場合は、今一度お考え直しください。

俗に言う

墓じまいの理由
  • 「後世の負担を軽減する」
  • 「生活基盤が変わっている(遠方)」

ということであれば、

墓じまいの効果
  • 費用的な面では、50~100年後に必ずそのご希望に寄与する
  • 管理(時間)的な面では、精神的に楽になります

ので、墓じまいすることをおススメします。

\ 安値で墓じまいをしたいなら /
まずは無料で墓じまい手順を貰おう!

\ 安値で墓じまいをしたいなら /
まずは墓じまい手順の資料請求から!

\ 永代供養墓を探すなら /
ぬくぬくはこれで近所の永代供養墓を見つけました!

終活
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
スポンサーリンク
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました