PR

終焉したIE復活の儀!無効化されたIEを起動する5つの方法

終焉したIE復活の儀!無効化されたIEを起動する5つの方法
記事内に広告が含まれています。もしお役にたったらリンクからお申込みいただけたら幸いです。
スポンサーリンク

2022年6月15日をもってサポートが終了した「InternetExplorer(以下、「IE」)」。

2023年2月14日には、IEを起動しようとすると、リダイレクトされて、Microsoft Edgeへ勝手に切り替るようになりました。

サポートが終了した Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションは、Microsoft Edgeの更新プログラムによって、2023 年 2 月 14 日にWindows 10 の特定のバージョンにおいて完全に無効になりました。

Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了 – 発表に関連する FAQ のアップデート
ぬくぬく
ぬくぬく

ぬくぬくも、業務でIEじゃないと動かないミドルウェアがあり、困ったので解決方法を試してみたので参考にしてみてくださいね!

それでは早速、IE起動方法5つをご紹介いたします。

スポンサーリンク

対応方法①:EdgeのIEモードを利用する

IE起動方法の1つ目は、「EdgeのIEモードを利用する」方法です。

<対応可能期間>
 EdgeのIEモードは「2029年1月まで(1年前までに廃止通知)」のサポートとなりますので、それまでにはEdge対応しましょう!

IEモードの利用は、最も現実的な対応、かつ、継続性のある対応でしょう。

具体的な手順は以下のとおり。

EdgeのIEモードを利用の設定方法6ステップ
  • Step.1
    MicrosoftEdgeを起動して[…]>[設定]を選択
    EdgeのIEモードを利用の設定方法6ステップ
    MicrosoftEdgeを起動して[…]>[設定]を選択

    まずは、MicrosoftEdgeを起動して、[…]>[設定]をクリックします。

  • Step.2
    既定のブラウザーから「InternetExplorerモードでサイトの再読み込みを許可」を「許可」する

    EdgeのIEモードを利用の設定方法6ステップ
    既定のブラウザー>InternetExplorerモード(IEモード)でサイトの再読み込みを許可 から「許可」を選択

    「設定」画面が開くので、[既定のブラウザー]>[Internet Explorerモード(IEモード)でサイトの再読み込みを許可]で「許可」を選択します。

  • Step.3
    ブラウザを再起動

    EdgeのIEモードを利用の設定方法6ステップ
    「再起動」ボタンをクリック

    「この設定の変更を有効にするには、ブラウザーを再起動してください」メッセージが表示されるので「再起動」ボタンをクリックします。

    ※パソコンの再起動ではなく、ブラウザがいったん閉じられ、再度Edgeが開きます。

  • Step.4
    Edgeに「Internet Explorerモードのリロードタブ」が追加される

    EdgeのIEモードを利用の設定方法6ステップ
    Edgeに「Internet Explorerモードのリロードタブ」が追加されるのでクリックします

    Edgeのアドレスバー右側に「Internet Explorerモードのリロードタブ」が追加されるので、アイコンをクリックします。

  • Step.5
    確認メッセージ表示

    EdgeのIEモードを利用の設定方法6ステップ
    「このページはInternetExplorerモードで開かれています」ダイアログが表示される

    「このページはInternetExplorerモードで開かれています」ダイアログが表示されますので「完了」ボタンをクリック。

    該当サイトを見る際、今後もIEモードで表示したい場合は「次回、このページをInternet Explorerモードで開く」をOnにしておきます(後から追加・削除も可能)

  • Step.6
    IEモードでEdgeが開く

    EdgeのIEモードを利用の設定方法6ステップ
    IEモードでEdgeを開く

    IEモードでEdgeを開くと、画面上部に「Internet explorerモードになっています。」とメッセージが表示されます。

    なお、Edgeで開きなおしたい場合は、アドレスバー右側のアイコンまたはMicrosoftEdgeで開くボタンを押せばOK。

スポンサーリンク

対応方法②:VBSやPowerShellからIEを開く

IE起動方法の2つ目は、「VBSやPowerShellからIEを開く」方法です。

<対応可能期間>
 COMは「2022年6月15日以降も引き続き利用可能」とのことですが、いつ終了するかわかりません

終了時期が見えず、インストールするOSのバージョンによっては、Internet Explorerの本体である「iexplore.exe」がセットされない可能性がある、などの点を勘案すべき対応ですが紹介します。(2023年2月23日時点では問題なし)

具体的な対応手順は以下のとおり。

VBSやPowerShellからIEを開く方法2ステップ
  • Step.1
    「VBS」又は「PowerShell」を作成する

    VBSやPowerShellからIEを開く方法2ステップ
    作成したVBSやPowerShell

    サンプルコードは以下のとおり。

    <VBS(.vbsファイル)の場合>

    '変数定義明確化
    Option Explicit
    
    'オブジェクト「objIE」生成
    Dim objIE
    
    'オブジェクト「objIE」にIE設定
    set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
    
    'IE表示
    objIE.Visible=true
    
    '初期表示URL指定
    objIE.Navigate "https://www.google.co.jp/"
    
    'オブジェクト解放
    Set objIE = Nothing

    <PowerShell(.ps1ファイル)の場合>

    $objIE = new-object -com InternetExplorer.Application
    $objIE.visible=$true
    $objIE.navigate("https://www.google.co.jp/")

  • Step.2
    作成した「VBS」又は「PowerShell」を実行する

    VBSやPowerShellからIEを開く方法2ステップ
    VBSやPowerShellからIEが起動します

    作成した「VBS」や「PowerShell」を実行すれば、IEが起動します。

対応方法③:アドオン無しでIEを開く

IE起動方法の3つ目は、「アドオン無しでIEを開く」方法です。

<対応可能期間>
 いつまで有効かは不明。

具体的な手順は以下のとおり。

アドオン無しでIEを開く方法2ステップ
  • Step.1
    ファイルを指定して実行[Win+R]

    アドオン無しでIEを開く方法2ステップ
    ファイルを指定して実行は「windowsキー」+「Rキー」で開きます。

    ファイルを指定して実行(Win+Rキー)で

    iexplore.exe -extoff

    を入力してenterキーを押します。

  • Step.2
    IE(アドオン無し)が起動

    アドオン無しでIEを開く方法2ステップ
    アドオン無しのIEでは「アドオンなしでInternetExplorerを実行中です。」が初期表示

    これだけで、アドオン無しのIEが起動します。

    アドレスバーにURLを入力すれば、Web参照や検索も可能です。

【ご参考】
IEを開いたとき、Edgeに切り替わるのは、IEのアドオンに「IEToEdge BHO」のアドオンが有効になっているからのようです。(削除や変更は不可)

IEのアドオンに「IEToEdge BHO」
IEのアドオンに「IEToEdge BHO」の画面

本手順では、このアドオンを無効にしてIEを起動させることで、Edgeへリダイレクトさせずに済むようです。

対応方法④:【非推奨】IE→Edgeリダイレクトを無効にする(レジストリ変更)

IE起動方法の4つ目は、「レジストリを変更」する方法です。

※なお、PC上級者向けです。本手順実施にて起きた一切の事象は自己責任”にてお願いします。

<対応可能期間>
 2023年6月13日まで
 (2023年6月のWindowsセキュリティ更新プログラムで削除)

スタートメニューやタスクバー上のIE11アイコンなどのIE11の視覚的な参照情報は、2023年6月13日に予定しているWindowsセキュリティ更新プログラム(「B」リリース)により削除

Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了 – 発表に関連する FAQ のアップデート

なお、レジストリの変更は、Windowsアップデートなどで変更した設定が、初期化される可能性がありますので、推奨しません。

かんたんに説明すると、以下のレジストリを変更します。(これだけでわからない人は触らない方が吉)

レジストリ名
HKCU\SOFTWARE\Microsoft\Edge\IEToEdge¥RedirectionMode2→0へ変更
HKCU\SOFTWARE\AppDataLow\Software\Microsoft\Edge\IEToEdge¥DisableUpsellEdge0→1へ変更
IE→Edgeリダイレクトを無効にする際に設定変更するレジストリ値

具体的な手順は以下のとおり。

IE→Edgeリダイレクトを無効にする設定方法5ステップ
  • Step.1
    レジストリエディタから「IEToEdge」へアクセス
    IE→Edgeリダイレクトを無効にする設定方法5ステップ
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Edge\IEToEdge¥RedirectionMode

    バイナリのアドレスは以下のとおりです。

    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Edge\IEToEdge

  • Step.2
    「RedirectionMode」を「2→0」へ変更する

    IE→Edgeリダイレクトを無効にする設定方法5ステップ
    RedirectionMode
    バイナリ名RedirectionMode
    変更前初期値2
    変更後0
    RedirectionModeの変更前後の値

    なお、RedirectionModeだけ変更してもEdgeへリダイレクトされてしまうので、続けて別のレジストリ値も変更します。

  • Step.3
    レジストリエディタから「DisableUpsellEdge」へアクセス

    IE→Edgeリダイレクトを無効にする設定方法5ステップ
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\AppDataLow\Software\Microsoft\Edge\IEToEdge¥DisableUpsellEdge

    バイナリのアドレスは以下のとおりです。

    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\AppDataLow\Software\Microsoft\Edge\IEToEdge

  • Step.4
    「DisableUpsellEdge」の値を「0→1」へ変更する

    IE→Edgeリダイレクトを無効にする設定方法5ステップ
    DisableUpsellEdge
    バイナリ名DisableUpsellEdge
    変更前初期値0
    変更後1
    DisableUpsellEdgeの変更前後の値
  • Step.5
    IEを起動する
    IE→Edgeリダイレクトを無効にする設定方法5ステップ
    Windowsメニューから「ie」と入力すればIEアプリが表示されます

    Windowsメニューから「ie」と入力すると「Internet Explorer」のアプリが表示されるのでクリックします。

    IE→Edgeリダイレクトを無効にする設定方法5ステップ

    IEが起動します。

対応方法⑤:【非推奨】インターネットオプションの「アドオン管理」からIEを開く

IE起動方法の5つ目は、「アドオン管理」画面から、まだデフォルトでIE起動するリンクをキックして、IEを起動する方法です。

IEを起動する対応としては、恐らく短命で、継続性の無い対応であるため、非推奨です。

<対応可能期間>
 恐らく2023年5月23日まで?

オプションの非セキュリティ プレビュー「C」リリース2023 年 5 月 23 日に予定されている特定の Windows 10 バージョンでは、IE11 のビジュアル リファレンスも削除されます。

Internet Explorer 11 desktop app retirement FAQ

具体的な手順は以下のとおり。

インターネットオプションの「アドオン管理」からIEを開く4ステップ
  • Step.1
    インターネットオプションを開きます

    インターネットオプションの「アドオン管理」からIEを開く4ステップ

    インターネットオプションは、ファイルを指定して実行(Win+R)で

    INETCPL.CPL

    を入力してenterを押します。

  • Step.2
    [プログラム]タブ>[アドオンの管理]ボタンをクリック

    インターネットオプションの「アドオン管理」からIEを開く4ステップ

    「インターネットのプロパティ」が表示されたら、「プログラム」タブから「アドオンの管理」ボタンをクリックします。

  • Step.3
    [ツールバーと拡張機能の詳細]リンクをクリック

    インターネットオプションの「アドオン管理」からIEを開く4ステップ

    「アドオンの管理」画面が表示されるので、画面左下の[ツールバーと拡張機能の詳細]リンクをクリックします。

  • Step.4
    IEが起動
    インターネットオプションの「アドオン管理」からIEを開く4ステップ

    IEが起動します。

参考リンク

本記事を作成するにあたって、参考にした記事は以下のとおりです。

以上、ご参考になれば幸いです。

雑記
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
シェアする
スポンサーリンク
超高齢化社会の生き抜き方
タイトルとURLをコピーしました