終活は何をしたらいい?エンディングノート・遺言書・葬儀・墓じまいまとめ

終活

【死亡後の対応】10か月以内に行う手続き(相続税の申告)

死亡後10か月以内に行う相続税の申告・納税。そもそも相続税の申告が必要か否かはどう判断したらいいのか、相続税の控除額はいくらか、相続税を申告・納税しないとどうなってしまうのか、相続税の申告・納税の方法はどうすればいいのかをお伝えしています。
2021.09.05
終活

【死亡後の対応】4か月以内に行う手続き(準確定申告のみ!)

ご家族が亡くなった後に残された人が行う準確定申告。準確定申告の期限や準確定申告をしないとどうなるのか、申告必要可否、税理士への依頼料、還付金がいつ頃もらえるかについてお伝えしていきます。
2021.09.05
終活

死亡後3か月以内に行う「相続放棄」「限定承認」の手続きと必要書類

多額の負債があり「相続放棄」または「限定承認」を選択する場合、いずれも3か月以内に手続きする必要があります。ここでは、「相続放棄」と「限定承認」の手続きと必要書類についてお伝えしていきます。
2021.09.07
スポンサーリンク
終活

【死亡後の対応】四十九日法要、納骨の流れ

四十九日法要って何をやるの?その流れは?気難しく考える必要はありません。私は次のような流れにしました。たぶん、最も楽な方法をご案内いたします。
2021.09.05
終活

【死亡後の対応】四十九日、納骨までに行う手続きや準備すべきもの

ご家族が亡くなって、1週間以内、14日以内の手続きが終わったら、次は四十九日、納骨までに行う手続きや準備すべきものを進めていきます。四十九日法要、お寺への調整、墓石に法名・戒名彫るために石屋への調整、喪中はがきの送付などを行っていきます。
2021.09.05
終活

【死亡後の対応】14日以内に行う手続き(葬儀後の対応)

葬儀を終えると、諸々の手続きを進めていくことになります。手続き先は市区町村、年金事務所、公共料金など多岐にわたりますので、効率よく手続きを行うために、全体を把握したうえで動きましょう。
2021.09.05
終活

【死亡後の対応】7日以内に行う手続き(葬儀後の手続き)

葬儀を終えて一息つきたいところ。お勤めされている方は、そろそろ忌引き休暇のリミットも近づいてくる頃でしょう。そこで、次の2点をお伝えしていきます。「7日以内に行わなければならない手続き」「14日以内に行う手続き前倒しのススメ」
2021.09.05
終活

【死亡時の対応】お通夜・葬儀当日の流れ:3~7日目

葬儀社との打ち合わせを経て、お通夜・葬儀を迎えます。お通夜・葬儀当日を迎えたら、家族はどういった動きになるのか、お伝えしていきます。
2021.09.05
終活

【死亡時の対応】お通夜・葬儀までの流れ:2日目

激動の一日から一夜明けて、葬儀社との打ち合わせの中で、何を協議していくのか、その内容についてお伝えしていきます。また、告別式で、経を唱えて頂くお寺の住職への調整や、納骨まで行う場合は石屋への調整も必要になりますので、その段取りも併せてお伝えしていきます。
2021.09.05
終活

【死亡時の対応】葬儀までに行う手続きや準備すべきもの(死亡診断書と埋火葬許可証)

家族が亡くなって悲しい気持ちを抱えながらも、その家族を見送るための準備を進めていきます。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、と頭を巡らせることになります。しかし、家族が亡くなった後、葬儀までに行うべき手続きや準備すべきものは2つだけ!
2021.09.05
タイトルとURLをコピーしました