【雑記】ただキャッシュレス決済すればいいってもんじゃない。

楽天ポイント

キャッシュレス。

昨年から突如浸透し始めて、猫も杓子もキャッシュレス。

かく言う私もキャッシュレス決済をメインにへ切り替えたわけですが、クレカ決済、NFC(おサイフケータイ)決済、QR決済、色々なチャネルで決済できるようになって便利になりました。

そこで思うこと。

「そのキャッシュレス決済、意味ありますか?」

スポンサーリンク

キャッシュレス決済のメリットとデメリット

キャッシュレス決済のメリットとデメリット、と書きましたがよくあるメリットデメリットをここでは除きます。

私が半年キャッシュレス決済を使ってみて思ったメリットデメリットです。

まずはキャッシュレス決済のメリットを見ていきましょう。

キャッシュレス決済のメリット

  1. 頑なに1つのチャネルで決済するとポイントを1か所にまとめられる
  2. マネーフォワードと連携できて収支管理しやすい

1.頑なに1つのチャネルで決済するとポイント1か所にまとめられる

色々なクレジットカードやらQR決済、NFC決済を試してみましたが結局、楽天カード+楽天payで良いんじゃないかと思っています。

去年7月から楽天カードメインで、GooglePayやらQuickPayやらSuicaやら全部これに紐づけて貯まったポイントがこれ。

年間の楽天ポイント確認

paypayは20%還元があって、YJカード紐づけたので除外。

このポイントは全て楽天証券の投資信託に使っています。

以前は学生時代に作った低還元、年会費ありのカードを使ってました。

5年ほど使って8000ポイント程度でした。

楽天カードに変えて、このポイントを見たときは愕然としましたね。

2.マネーフォワードと連携できて収支管理しやすい

もうマネーフォワードで連携できないサービスは利用したくないです。

資産運用するのに、月々の収支把握のために家計簿つける時間を使うことが嫌。

クレジットカードも下のように把握できます。

(先月はずっと仕事テッペン終わりだったのですっごい少ない)

マネーフォワードでクレジットカードの支出を確認

キャッシュレス決済のデメリット

さて本題。

私が思うデメリットは次のとおり。

  1. キャンペーンの移り変わりが激しい
  2. いらんものまで買う
  3. 結局節約にならない
  4. 決済時間短縮?それはあたった店員による。

1.キャンペーンの移り変わりが激しい

あれやこれやでキャッシュレス決済のチャネルも増えて、

どこどこの店ならこの支払方法でお得です!とか

これこれの決済方法なら〇%キャッシュバック!とか

もうね、面倒くさい。

その情報収集の時間は、別の情報収集の時間に使ったら?と思ってしまいます。

2.いらないものまで買う

キャンペーン期間中に何か買わなきゃ!と思っていらないもの、買ってませんか?

ポチる前に、買い物カゴに入れる前に、いちいち

「これ、本当に今いるか?」

を自問自答する時間も嫌。

生活必需品とか食料品とかならいずれ使うので良いですが、家電とか、今すぐ無くても困らないものも、何となくで買ったりしちゃいますよね。

3.結局節約にならない

いらないものを買ってたら10ポイント、200ポイント稼いだところで、節約にはなりませんよね。

しかも色々なチャネルで集めた中途半端なポイント、使い道に困りませんか?

大概、1年程度で失効するポイント、いつどうやって使います?

私も中途半端に使ったpaypayで貯まったポイントをどう使うのか悩んでます。

結局ポイント使うために浪費することになってしまう人も多いのではないでしょうか。

4.決済時間短縮?それはあたった店員による。

都心は大丈夫でしょう。

田舎におけるQR決済なんかは、経験も乏しい導入当初は、本当にまごまごしている店員さんが多くて、逆に時間がかかります。

私の近くのスーパーは、つい最近paypayが導入されましたが、目の前でマニュアル開いて案内されましたよ。

結局paypayのキャッシュバックが終わったのでクレカ決済に戻しました。

キャッシュレス動向

一世を風靡したpaypay+YJカードの20%還元も、YJカードとの連携によるTポイント還元率改悪、kyashのkyashポイント創設によるキャッシュバックが2%から1%へ減った改悪など、

あからさまに集客を終えたら回収モードへ突入しました。

楽天カード+楽天ポイントはいつもどおり平常運転で高還元。

今現在においては、結局楽天カードまたは楽天payが長く使うには楽で高還元な決済チャネルとして有効だなと感じている次第です。

楽天カード

雑記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
ぬくぬくをフォローする
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました