【死亡時の対応】お通夜・葬儀までの流れ:2日目

【葬儀】

激動の一日から一夜明けて、考えなければならないのはお通夜や葬儀についてです。

前日、葬儀社との打ち合わせ日程を調整されているかと思いますので、その打ち合わせへ向かいます。

葬儀社との打ち合わせの中で、何を協議していくのか、その内容についてお伝えしていきます。

また、告別式で、経を唱えて頂くお寺の住職への調整や、納骨まで行う場合は石屋への調整も必要になりますので、その段取りも併せてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

【死亡時の対応】お通夜・葬儀までの流れ:2日目

1.葬儀社の打合せで協議する内容

葬儀社で決める内容は次のとおりです。

(1)遺体の処置

遺体は腐食しやすく、腐食してしまうと感染症を引き起こす原因となります。

何かしらの処置をしなければなりませんが、方法は2つ。どちらかを選択します。

  • ドライアイスで保持する。
  • エンバーミング処置(体内に保持剤で満たす)※とある葬儀社のみの取り扱い

(2)日程調整

次のタイムスケジュール(日時)を決めます。

  • お通夜
  • 納棺
  • 告別式
  • 出棺
  • 火葬場での火葬
  • 収骨
  • 納骨務め
  • 初七日法要
  • 納骨(納骨まで行う場合)

(3)喪主

葬儀を執り行う家族の主体者を決めます。

(4)お通夜・葬儀の内容

お通夜・葬儀をどういった形態で行うのか決定していきます。

 (4)-1 葬儀形態の決定

葬儀形態の例としては次のとおり。

  • 火葬式のみ:火葬場での火葬のみ。お寺の住職によるご念仏とその際に家族がお見送り。
  • 一日葬:お通夜を行わない。これは菩提寺の宗派によって認めないケースもあるようです。
  • 家族葬:近親者のみでお見送り。
  • 一般葬:一般に公開して多くの方でお見送り。
家族葬が流行っていますが、一般葬と葬儀費用はあまり変わらないです。
 (4)-2 葬儀に必要なものの決定
  • 祭壇および祭壇花
  • 棺 および 棺へ入れてあの世に持っていってもらいたいもの
  • 骨壺
  • 供物(お花、盛りかご)
  • 遺影
  • 香典返し
 (4)-3 参列人数

どのくらいの方々がお通夜・告別式、火葬場に参列・参加されるかの大枠の人数を葬儀社へお伝えします。

この場で確定はできませんので、ひとまずは大枠で問題ありません。

確定人数は葬儀前日に葬儀社へ連絡すれば問題ありません。

2.お通夜・葬式の流れ・段取りの決定

続いて、葬儀社と段取りを決定していきます。

(1)お通夜を行う場合

  • お勤めいただく住職の入り時間
  • 喪主が住職へ挨拶へ伺う段取り
  • お布施の渡し方と金額
  • お通夜当日の喪主挨拶
  • 通夜ふるまい(お清め)

(2)納棺

概ね15分程度。

葬儀社の方で、家族立ち合い無しで実施いただくことも可能です。

(3)告別式

概ね1時間程度

  • お勤めいただく住職の入り時間
  • 喪主が住職へ挨拶へ伺う段取り
  • お布施の渡し方と金額
  • 告別式当日の喪主挨拶

(4)出棺

葬儀場から火葬場へ移動しますが、以下の内容を決めます。

  • 移動方法
  • 火葬場までご参列いただける人数
  • 出棺時に家族が持つもの(位牌、遺影、骨壺、花など)
出棺時に家族がもつものとして、骨壺は思いですので、男性が推奨されます。

(5)火葬

1~2時間程度。この間の段取りを来ます。

  • 火葬前のご念仏
  • 火葬場でのお清め(食事)の内容
  • 火葬後お骨の確認(誰が確認するか:喪主+1名の近親者になるでしょう)
  • 収骨(骨を骨壺へ入れる)
  • 納骨を行う場合、お寺へ移動しますので移動方法

(6)納骨

1時間程度。お寺での段取りを決めます。

  • 納骨務め
  • 初七日
  • 納骨
葬儀社の方から、お墓の位置を確認されますので、お寺へ入って、お墓までのルートを覚えておくと良いかもしれません。

(7)解散

ここまでの内容を決めていけば、終了日時も概ね把握できます。

遠方からおいでいただく親戚へ連絡する場合、この時間もお伝えしてあげると良いでしょう。

3.後飾り設置の日程調整

お通夜・葬儀後に、自宅へ後飾り(遺骨を納骨するまで自宅へ安置する祭壇)を設置し、

納骨するまでその祭壇で供養する形となります。

その祭壇の設置するタイミングを調整します。

私は葬儀・納骨後、葬儀社の方に自宅へ来ていただき、設置していただきました。

4.お寺への日程調整と事前打ち合わせ

(1)日程調整

  • お通夜・葬儀でお勤めいただくために、これまで決定してきた日程をお寺の住職へお伝えし、お勤めのお願いを打診
2~3パターンの日程構成を準備して、お寺の住職へ打診しましょう。
師も走る師走や年始ですと、多忙を極めるので、なるべく早めに打診しましょう。

(2)事前打ち合わせ

お寺でも事前打ち合わせが必要になります。

何のためかは、次のとおりです。

  • 法名を頂戴し、白木の位牌(仮位牌)を準備いただく
<お布施について>
私の場合、このとき、お布施はお渡ししていません。
<お寺で聞かれること>
人柄を聞かれます。介護施設等へ入所していた際、資料を作成していた場合、それを持っていくとより正しく人柄やこれまでの歩みをご理解いただけます。

介護施設へ入所する際、事前に作成した資料は下の記事をご確認ください。

5.石屋の調整(葬儀当日に納骨まで行う場合)

葬儀当日に、そのままお寺へ納骨する場合は、墓石を開けて、納骨して、墓石を閉じて、という作業を行っていただくため、石屋さんにお願いする形になります。

お寺が提携している石屋さんへお願いするか、葬儀社の方でお願いするか、どちらでも大丈夫です。

まとめ

亡くなって二日目で実施することは下記のとおり。

  • 1.葬儀社の打合せで協議する内容
  • 2.お通夜・葬式の流れ・段取りの決定
  • 3.後飾り設置の日程調整
  • 4.お寺への日程調整と事前打ち合わせ
  • 5.石屋の調整(葬儀当日に納骨まで行う場合)

これを実施すれば、お通夜・葬儀を迎えることができます。

あとは、亡くなった方をお見送りするための心の準備をしていきましょう。

お通夜、葬儀当日の流れは 【死亡時の対応】お通夜・葬儀当日の流れ:3~7日目 をご参考に。

ご家族が亡くなったときの手続きや流れは身内が死亡したときに家族が行う手続きや流れの12ステップにまとめています。

終活
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
ぬくぬくをフォローする
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました