【死亡後の対応】四十九日、納骨までに行う手続きや準備すべきもの

【葬儀】

相続手続きを進めていきながら、葬儀費用の支払いや、四十九日法要の準備を進めていく必要があります。

「49日もあるんだから大丈夫」

なんて余裕綽綽で過ごしていると、あっという間に四十九日を迎えることになります。

そこで、四十九日までに行うべきことをお伝えしていきます

スポンサーリンク

四十九日、納骨までに行う手続きや準備すべきもの

1.葬儀費用の支払い

そろそろ葬儀社からの葬儀費用の請求書が届くころです。

葬儀社に支払う葬儀費用の支払い方法は次のとおり。

葬儀社への支払い方法
  • 現金
  • 口座振替
  • クレジットカード

余すところなくポイントやキャッシュバックの恩恵を受けたい場合、クレジットカードでの支払いがおすすめです。

「限度額が50万円しかなくて、葬儀費用が1回で払えない」場合

クレジットカード会社へ連絡し
「葬儀費用支払いのため、一時的に限度額の引き上げをお願いします」
と電話連絡すれば、一時的に限度額を引き上げてもらえる可能性がありますので、ご連絡してみてはいかがでしょうか。

2.四十九日法要の準備・調整

大きく次の内容を決めていきます。

  • ①どういう形式で四十九日法要を行うのか
  • ②お寺への日程調整
  • ③当日準備するものの確認
  • ④墓石に法名・戒名を彫る
  • ⑤喪中はがきの送付

ではそれぞれ具体的に何を行っていくのかを見ていきましょう。

①どういう形式で四十九日法要を行うのか

当日タイムスケジュール概要を決めます

私の例ですと、次のとおりにしました。

1) 9:30 お寺へ集合
2) 10:00 お寺の本堂にて四十九日法要
3) 11:00 お墓参り(納骨がある人はここで納骨)
4) 12:00 近親者で食事(かしこまった場を準備せず、馴染みのそば屋で昼食)
5) 13:30 解散!

このような感じ。

トータル3~4時間程度の構成です。

葬儀社の方からの営業で、セレモニーホールでの法要をおすすめされるかもしれませんが必要ありません。

ただし、お寺の住職が毎回必ずお清め(食事会)に参加する場合は、利用した方が楽かもしれません。

②お寺への日程調整

上記①で決めたタイムスケジュールをもとに、お寺の住職の日程を確認します。

住職の都合もありますので、それに合わせてタイムスケジュールも前後させます。

これで日時が決定できます。

また、お寺への日程調整に合わせて、四十九日法要で必要なものを確認します。

③四十九日法要当時に必要なもの

お寺へ日程調整の電話をした際に合わせて必要なものを確認しましょう。

浄土真宗本願寺派の四十九日法要で必要なものは次のとおりでした。

四十九日法要当時に必要なもの
  • 1)白木の位牌
  • 2)本位牌
  • 3)お花
  • 4)供物

白木の位牌は仮位牌ですので、本位牌を準備します。

本位牌については、ピンキリありますが、3万円程度のものでも十分です。

お花は、お寺の近くの花屋に連絡して「今度、近くの〇〇寺で四十九日法要を行うのですが、法要用のお花を1束お願いしたい」とお伝えすれば、宗派に合わせてお花を準備してもらえます。

続けてお墓参りを行うので、お墓参り用のお花も合わせて準備してもらいましょう。

お花は概ね5000円程度

供物は季節の果物や本人が好きだったものを準備しましょう。

④墓石に法名・戒名を彫る

四十九日法要までに、墓石へ法名・戒名を彫るため、お近くまたは馴染みの石屋さんへ彫りの依頼を行います。

もし、お願いできそうな石屋さんがいない場合、葬儀社の方へ相談すると、提携している石屋さんを手配してくれます。

後日、石屋さんから電話連絡が入って、以下の内容確認が入ります。

石屋さんとの確認事項
  • 1)仮祭壇に配置している白木の位牌の確認(立ち合いによる法名・戒名の確認)
  • 2)掘り方の確認(誰の隣に、どういった内容を彫るのかの確認)
  • 3)彫る日程の確認
  • 4)お見積り

彫りの立ち合いは不要です。

決めた日時に実施してもらえるので、その内容を四十九日法要で確認できます。

⑤喪中はがきの送付

喪中はがきを買ってきて、手書きするのも良いですが、

私はネットで喪中はがきを作成して、投函までしてくれるポスコミを利用しました。

喪中はがきをネットで作成して投函までできるポスコミはこちらから。

四十九日、納骨までに行う手続きや準備すべきもののまとめ

次の内容を実施していきましょう。

  • ①どういう形式で四十九日法要を行うかを決める
  • ②お寺への日程調整を行う
  • ③当日準備するものの確認し、準備する
  • ④石屋へ調整して、墓石に法名・戒名を彫る
  • ⑤喪中はがきを送付する

四十九日法要当日の流れは 【死亡時の対応】四十九日法要、納骨の流れ をご確認ください。

ご家族が亡くなったときの手続きや流れは身内が死亡したときに家族が行う手続きや流れの12ステップにまとめています。

終活
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
ぬくぬくをフォローする
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました