【2020.4月】コロナショックの本番はこれからだ!資産運用の経過報告

【資産運用】

底値を見た2020年4月。

原油先物に至ってはまさかのマイナス。

さて、そんな今月2020.4月は、二番底を狙っていましたが、二の足踏んで追加投資できませんでした。

先月の報告内容は【2020.3月】コロナショックは金融庁の貴重な体験のプレゼントでは?資産運用の経過報告のとおり。

本記事を書いているのは5/2ですが、ダウ平均5/1終値では622ドル安。

1~3月期決算出るこの時期に下がるのは分かっていましたので、淡々と積み上げていくのと合わせて、引き続き二番底を狙っていきます。

さて、それでは2020.4月の投資の経過報告、いきまっしょい!

スポンサーリンク

【2020.4月】資産運用経過報告

1.総資産の状況

2020.4/30時点での資産はこんな感じ。

資産割合

2.投資資産

総資産から生活防衛資金等を差し引いて投資に回したい分です。

2020.4/30時点で、次の割合を投資に回しています。

投資資産(生活防衛資金差し引き後)

<ぬくぬくの資産投資割合>

No投資先2020.4月度割合【参考】
2020.3月度
【参考】
2020.2月度
増減
1 キャッシュ79.82%82.36%91.9%2.54%減
2米国ETF13.07%11.73%2.1%1.34%増
3投資信託6.80%5.64%2.5%1.16%増
40.31%0.27%0.04%増

着々とキャッシュを減らせています。

目標まであと30%減!

3.アセットアロケーション(米国ETF+投資信託ハイブリッド運用状況)

現在20%程度の米国ETFと投資信託のハイブリッド運用における

資産配分:アセットアロケーション

は次のとおりです。

【2020.4月度】アセットアロケーション

資産配分:アセットアロケーション(2020.4月度)

【2020.3月度】アセットアロケーション

資産配分:アセットアロケーション(2020.3月度)

米国ETFが50%を超えた!このまま75%まで持っていきたい。

<ぬくぬくのハイブリッド投資割合>

【2020.4月度】投資割合

投資先投資金額損益投資割合
新興国株式¥122,001-¥13,1576.34%
新興国債券¥27,000-¥2,1381.40%
先進国リート¥27,000-¥3,3411.40%
先進国株式¥249,040-¥12,91912.93%
先進国債券¥27,000-¥251.40%
全世界株式¥29,600-¥1,1301.54%
日経225¥15,000-¥8850.78%
日本リート¥15,000-¥2,9370.78%
日本債券¥16,000-¥580.83%
米国ETF債券¥202,920¥2,22010.54%
米国株式¥188,735-¥4,0419.80%
米国株式ETF¥1,006,318-¥101,47352.26%
総計¥1,925,614-¥139,884-6.77%

【2020.3月度】投資割合

投資先投資金額損益投資割合
新興国株式¥114,460-¥22,0987.29%
新興国債券¥20,000-¥2,7821.27%
先進国リート¥20,000-¥5,4121.27%
先進国株式¥227,704-¥40,12914.51%
先進国債券¥20,000¥3951.27%
全世界株式¥21,600-¥4,0901.38%
日経225¥12,000-¥1,9100.76%
日本リート¥12,000-¥3,0160.76%
日本債券¥12,000-¥1020.76%
米国ETF債券¥177,820¥2,36211.33%
米国株式¥171,062-¥26,97710.90%
米国株式ETF¥760,630-¥190,73548.47%
合計¥1,569,276-¥294,494-15.80%

お!?

トータルリターンマイナス139,884円

コロナウィルスが収まるのに数年、経済が回復するのに5年以上を想定してますので、10年このマイナスを抱えていくことを想定しています。

4.ポートフォリオ

米国ETF+投資信託ハイブリッドポートフォリオはこんな感じ。

米国ETF+投資信託ハイブリッド投資ポートフォリオ(2020.4月末時点)
No区分銘柄割合
1日経225たわらノーロード 日経2250.91%
2日本リートたわらノーロード 国内リート0.91%
3先進国リートたわらノーロード 先進国リート1.52%
4米国株式楽天・全米株式(VTI)1.52%
5日本債券eMAXIS Slim 国内債券0.91%
6先進国債券eMAXIS Slim 先進国債券1.52%
7新興国株式eMAXIS Slim 新興国株式0.91%
8全世界株式eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)1.69%
9新興国債券iFree 新興国債券1.52%
10米国株式eMAXIS Slim米国株式(S&P500)14.36%
11新興国株式eMAXIS Slim新興国株式10.08%
12先進国株式たわらノーロード先進国株式6.40%
13先進国株式ニッセイ外国株式14.75%
14米国ETF債券AGG15.73%
15米国株式ETFHDV9.73%
16米国株式ETFSPYD7.80%
17米国株式ETFVYM9.70%

銘柄に変更無し。

5.損益

引き続き真っ赤っか♪

損益(2020.4月度)

SPYDはやはり影響が大きい。コロナの影響で中小企業がばたばた倒産していくと配当にも影響が出てくるでしょう。

6.定期買付

基本的に私は日本の経済成長を全く期待していませんので自ずとこうなります。

定期買付設定(2020.4月度)

定期買付方法は手数料無料で投資を自動化するマイ金融システムの作り方をご参考に。

7.年金(企業型確定拠出年金)運用状況

バランスを先進国株式、先進国債券、日本債券に割り振るタイミングをうかがっています。

<ぬくぬくの企業型確定拠出年金のアセットアロケーション>

2020.4月 企業型確定拠出年金のアセットアロケーション

<損益>

2020.4月 コ企業型確定拠出年金の損益

<ぬくぬくの企業型確定拠出年金の投資先割合>

分類商品名取得金額評価損益割合
バランス三菱UFJPB安定型¥189,955-¥1,85423.65%
先進国株式三菱UFJ年金IDX先進国株式¥203,127-¥24,99225.29%
日本債券三菱UFJ内債インデックス¥97,568-¥13712.15%
先進国債券三菱UFJ年金IDX先進国債券¥79,266-¥4079.87%
新興国債券三菱UFJ新興国債インデックス¥67,885-¥9,3418.45%
新興国株式三菱UFJつみたて新興国株式¥67,885-¥12,7358.45%
先進国リートDC先進国REITインデックス¥49,432-¥11,3306.16%
日本リート三菱UFJJ-REITIDX¥47,969-¥11,9135.97%
合計¥803,087-¥72,709-9.05%

先月マイナス10万円だったので少し戻してますね。

もう少し口数多く買える期間が欲しかったなと。

2020.4月資産運用経過報告 まとめ

先月ぶっぱして痛い目にあったことで、二番底付近で指値を入れられるか、二の足を踏む展開がありました。

結局ドルコスト平均法が私にとって最適なのかもと思い始めています。

買ったタイミングで下がることが多いので、

この考えはアリかもしれない。(積み上げたいので売りは入れないけど)

また、米国ETFの定期買付時の口数調整が難しい。今は固定の口数を特定日に成行で定期買付しているけれど、他の手立てがないか検討中。

2020.5月資産運用方針

そろそろ各企業や統計でコロナショックの影響が数字として出てくるでしょう。

引き続き二番底を狙っていきます。

さいごに、投資にご興味おありであればとりあえずいつでも始められるように、投資システムを構築しておくと良いかもしれませんね。

資産運用
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
ぬくぬくをフォローする
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

  1. ユートピア より:

    こんにちは!
    ブログランキングから来ました。
    コロナショックで軒並みダウンしていますよね。
    投資は、確かに自分が売りたいときに買うのがいいのかもしれませんね。
    参考になりました。
    ありがとうございます

    • ぬくぬくぬくぬく より:

      >ユートピアさん

      こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      見事に軒並みダウンますが、個人的にはバイ&ホールドしていこうと思っています。

      でも買いを入れたときに下がり始めるのは何なのでしょうね(笑

      いずれにしても投資は老後2000万円問題をきっかけに始めたので初心者ですが、
      数年後どうなっているのか楽しみです。

      月次で経過報告していますので、またご覧いただけますと幸いです。

タイトルとURLをコピーしました