【2020.3月】コロナショックは金融庁の貴重な体験のプレゼントでは?資産運用の経過報告

【資産運用】

コロナショックの影響で本格的に株価暴落した2020年3月。

連日連夜のサーキットブレーカー。

証券会社のサイトもスターライトブレイカーを浴びて何度も鯖落ちして

気づいたら約定してた!

って人も多いのではないでしょうか。

さて、そんな今月2020.3月は、先月の宣言していたとおり、少しぶっぱしてみました。

先月の報告内容は 【2020.2月】コロナショックで大打撃!資産運用の経過報告 のとおり。

3月の経過報告ですが、結論から言いますとご推察のとおり

落ちてきたナイフをガッツリ掴んで血だらけ!

です!

でもこれって、金融庁老後2000万円問題で投資に着手した人へ

「暴落ってのはこんなんだぜ!(ニヤニヤ)」

みたいな感じで貴重な体験をプレゼントしてくれたのではないでしょうか。(と思うことにした)

さて、それでは2020.3月の投資の経過報告、いきまっしょい!

スポンサーリンク

2020.3月のコロナショックによる資産運用への影響報告

1.総資産の状況

2020.3/31時点での資産はこんな感じ。

資産割合

2.投資資産

総資産から生活防衛資金等を差し引いて投資に回したい分です。

2020.3/31時点で、次の割合を投資に回しています。

投資資産(生活防衛資金差し引き後)

<ぬくぬくの資産投資割合>

No投資先2020.3月度割合参考
前月割合
増減
1 キャッシュ82.36%91.9%9.54%減
2米国ETF11.73%2.1%9.63%増
3投資信託5.64%2.5%3.14%増
40.27%±0

今回は集計方法を変えました。

自分の投資に回したいキャッシュを把握していませんでしたので

そこから集計し直していますので増減も大きいです。

ここから1年かけて、キャッシュを50%程度まで持っていきたいと考えてます。

3.アセットアロケーション(米国ETF+投資信託ハイブリッド運用状況)

現在16%程度の米国ETFと投資信託のハイブリッド運用における

資産配分:アセットアロケーション

は次のとおりです。

資産配分:アセットアロケーション(2020.3月度)

<ぬくぬくのハイブリッド投資割合>

投資先投資金額損益投資割合
新興国株式¥114,460-¥22,0987.29%
新興国債券¥20,000-¥2,7821.27%
先進国リート¥20,000-¥5,4121.27%
先進国株式¥227,704-¥40,12914.51%
先進国債券¥20,000¥3951.27%
全世界株式¥21,600-¥4,0901.38%
日経225¥12,000-¥1,9100.76%
日本リート¥12,000-¥3,0160.76%
日本債券¥12,000-¥1020.76%
米国ETF債券¥177,820¥2,36211.33%
米国株式¥171,062-¥26,97710.90%
米国株式ETF¥760,630-¥190,73548.47%
合計¥1,569,276-¥294,494-15.80%

ぎゃー!!!!!

トータルリターンマイナス294,494円

資産の動きを見ると3/3と3/10に指値入れてますね。

(どっちもサーキットブレーカーでSBI鯖落ちして買わされた…)

資産の動き(2020.3月度)

チャートと照らし合わせると、このあたり↓でぷっぱしたことになります。。。

SP500 2020年3月末直近3か月チャート

4.ポートフォリオ

米国ETF+投資信託ハイブリッドポートフォリオはこんな感じ。

米国ETF+投資信託ハイブリッド投資ポートフォリオ(2020.3月末時点)
No区分銘柄割合
1日経225たわらノーロード 日経2250.76%
2日本リートたわらノーロード 国内リート0.76%
3先進国リートたわらノーロード 先進国リート1.27%
4米国株式楽天・全米株式(VTI)1.27%
5日本債券eMAXIS Slim 国内債券0.76%
6先進国債券eMAXIS Slim 先進国債券1.27%
7新興国株式eMAXIS Slim 新興国株式0.76%
8全世界株式eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)1.38%
9新興国債券iFree 新興国債券1.27%
10米国株式eMAXIS Slim米国株式(S&P500)9.63%
11新興国株式eMAXIS Slim新興国株式6.53%
12先進国株式たわらノーロード先進国株式4.64%
13先進国株式ニッセイ外国株式9.87%
14米国ETF債券AGG11.33%
15米国株式ETFHDV18.75%
16米国株式ETFSPYD10.53%
17米国株式ETFVYM19.19%

銘柄に変更無し。

米国ETFだけで60%超えてしまった。

ストレス買いは辞めよう。

5.損益

まぁ見事に真っ赤っか♪

損益(2020.3月度)

MSCIトリオのニッセイ、Slim、たわらの先進国は、どれも同じ割合で積み立てしてます。

商品別のパフォーマンステスト。

ニッセイ外国Slim先進国は投資始めた当初に一括買付

たわら先進国は最初から積み立て買付したもの。

やはり、少しずつ積み立てた方が損失は小さい

6.定期買付

色んなものに手出しすぎ感。でも変える予定はないです。

基本的に私は日本の経済成長を全く期待していませんので自ずとこうなります。

定期買付設定(2020.3月度)

7.年金(企業型確定拠出年金)運用状況

こちらは完全にやらかしましたね。

まずはアセットアロケーション。先月この形に組み替えたおかげで…

<ぬくぬくの企業型確定拠出年金のアセットアロケーション>

2020.3月 コロナショック月の企業型確定拠出年金のアセットアロケーション

こんなに↓損拡大!!!

<損益>

2020.3月 コロナショック月の企業型確定拠出年金の損益

<ぬくぬくの企業型確定拠出年金の投資先割合>

分類商品名取得金額評価損益割合
バランス三菱UFJPB安定型¥185,545-¥5,56223.60%
先進国株式三菱UFJ年金IDX先進国株式¥200,922-¥45,18125.56%
日本債券三菱UFJ内債インデックス¥94,628-¥38512.04%
先進国債券三菱UFJ年金IDX先進国債券¥77,796¥1,1769.90%
新興国債券三菱UFJ新興国債インデックス¥66,415-¥9,9698.45%
新興国株式三菱UFJつみたて新興国株式¥66,415-¥16,0078.45%
先進国リートDC先進国REITインデックス¥46,499-¥11,9805.91%
日本リート三菱UFJJ-REITIDX¥47,962-¥15,1416.10%
合計¥786,182-¥103,049-13.11%

ぎゃー!!!!!

マイナス10万円!!

ま、まぁ30年後まで気長に待ちましょう。。。

2020.3月資産運用経過報告 まとめ

初めて経験する大暴落ですが、

キャッシュポジションでかすぎなのと

そもそも入れてる金額が小さいので

「こんなもんか」

というのが正直な感想。

ツイッターとか見てても、狼狽売りしてる人を見かけない

むしろ「バーゲンやバーゲン!!」って買うのを我慢している人のが多い印象。

でも、一括でボン!と入れると痛い目見るのは分かった!

2020.4月資産運用方針

引き続き、コロナショックの影響は続くでしょう。

米国は感染者も増え続けていますし、

暫くはこの上がったり下がったりが続くのでしょう。

だからこそ、定期買付額をアップしてます。

投資信託は楽天銀行側のクレジットカード買付限度額5万円まで増やしました。

米国ETFも今の価格に合わせて口数を増やしています。

キャッシュの割合を1年かけて減らしていく仕組みを組み込んだので、

数か月は口数を調整して運用していきます。

さいごに、投資にご興味おありであればとりあえずいつでも始められるように、投資システムを構築しておくと良いかもしれませんね。

資産運用
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ぬくぬく

家族の終活、介護、相続を1世代早く経験した30代サラリーマン。

【終活・介護・相続】
 ここ5年ほど、祖父の「終活」「介護」「相続」に取り組んできました。
 艱難辛苦した経験を書いています。

【投資・資産運用】
 2019年6月の老後2000万問題から、投資・資産運用を開始。
 家計の見直しで1年間で400万円貯めました!
 「米国ETF」と「全世界投資」でハイブリッド運用中!

ぬくぬくをフォローする
ぬくぬくをフォローする
超高齢化社会の生き抜き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました